デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStationShopからどうぞ。

2020年01月25日

Tomix HO キハ261の動力車の室内灯をAUXに割り当てる

先頭車はワンコインで室内灯ON/OFFをできるようにしましたが、LokSound5 microを搭載した動力車は、後回しになっておりました。

TOMIXの純正室内灯ですと、配線の引き出し位置が悩ましいところがありましたので、爆安な中華テープLEDを使って室内灯にすることにしました。室内灯を入れるスペースには、適当な良い感じの幅の基板があったので、切ってはめ込みました。

kiha261_light_1.jpg

テープLEDには、+12Vという表記のパッドがありました。このパッドは、デコーダのCOM+に繋げます。
もう片方はGNDではなく、AUX1の端子に繋げます。これで、AUX1がONのときはGNDにしてくれるので、回路的にはばっちりとなります。OFFのときは、AUX1端子は無限大の抵抗となるので、電流が流れず、テープLEDは光りません。

基板上にテープLEDを貼り付けました。

kiha261_light_2.jpg

本来はきちんと隠すべきですが、手抜き工事のため客室内にデコーダがおります。なんとか天井横に押しのけて、配置させました。斜め下から無点灯時。

kiha261_light_3.jpg

斜め下から光らせたとき。

kiha261_light_4.jpg

真横から見ると、ほぼ見えないようにしました。

kiha261_light_5.jpg

これでようやく、キハ261のDCCサウンド&室内灯工事が完了ですが、何か足りない感じがするので、今後も強化して参ります。
posted by yaasan at 19:21 | Comment(0) | 鉄道模型

D99 HACXのwikiページをオープン

D99 HACXのwikiページをオープンしました。

D99_32.jpg

また、既にキットの頒布も開始しています。基板には、表面実装部品を実装済みで、さらにATMEGA328PにはArduino UNOとしてブートローダも書き込んであります。USB-UARTケーブルを使って、Arduino IDEからスケッチを書き込んで下さい。

本キットは、初回生産のみで、再生産しません。D99 HACXは、現在在庫分のみの頒布です。価格も、上級者を前提としていますので、一切のサポートをしない代わりに原価割れ価格としております。後から欲しかったと言われても一切対応しませんので、必要な方は今のうちにご購入下さい。

D99 HACXの開発を中止するに伴い、本格的にDSmainR6の開発を開始しました。あまりR5.1から大きな回路・部品変更をせずに、SDカードスロットを入れてDSair2相当にして対応したいと思っております。
posted by yaasan at 09:02 | Comment(0) | 鉄道模型

オープンサウンドデータ キハ261 rev.4

キハ261で遊んでいたところ、いくつも気になるところに気づいてしまったので、対策を行いました。
アップデートしないと先日言いましたが、2つも気になるところが追加されましたので、修正しました。

■変更点

細かい修正となります。

・停止からの走り出しが遅いのを修正(-4秒短縮)
・加速中に減速するとおかしな動きとなるので、加速中に減速すると強制的にアイドルに戻るようにシーケンスを見直し
・加速音の音量バランスがおかしいバグを修正
・F2にAUX1(室内灯)が割付いていたバグを修正。F1にAUX1を割付直した。

■加速中の減速対策

サウンドのシーケンス上、一度加速すると数秒〜7秒程度、加速音がグオーンと鳴ります。しかし、この間に減速をしても、サウンド自体はすぐには反映されません。ただし速度は減速を始めます。

つまり減速中なのに、加速音と排気ブレーキの音が同時に聞こえる意味不明な状況になります。

そこで、加速中に減速したら(acc<0)、すぐにアイドルに戻すシーケンスにしました(Immediatelyで遷移)。

kiha261_acc4.png
posted by yaasan at 08:51 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年01月24日

オープンサウンドデータ キハ261の走り出しが遅い件

オープンサウンドデータ キハ261において、停止からの走り出しが遅い件ですが、rev.1〜3のシーケンスの設定にバグがあったので、以下の通り修正をお願いします。当面、アップデート予定はありませんが、今後のアップデートの際には以下の修正項目はこちらで反映させます。

LokProgrammerでキハ261サウンドデータを開きます。Soundタブで、スロット1をダブルクリックして開きます。

kiha261_acc1.png

矢印のブロック(停止から加速するサウンドのシーケンス部分)をダブルクリックして開きます。

kiha261_acc2.png

真ん中のブロックをクリックして選択した後、左側の設定画面のスクロールバーを下の方に移動すると、drivelockというチェックボックスにチェックが入っているはずです。このチェックを外します。

kiha261_acc3.png

これで保存すれば作業は完了です。

停止から加速するガラガラ音を鳴らしているときに、停止状態でロックするように設定されていました。このブロックは約4秒のサウンドを鳴らすので、4秒間、ガラガラいっているのに走り出さないという症状になってました。

キハ261は加速が良いとのことなので、このチェックボックスを外せば、軽やかに発進していきます。
もともとこのサウンドデータは、DMH17Hをベースに作ったので、ガラガラいっても走り出さない昔のディーゼルエンジン音のようになってしまってました。

posted by yaasan at 06:26 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年01月22日

ワンコイン for TOMIX HO 試作版をキハ261に入れた その2

ワンコインで有名なDCCメーカー Nucky製のワンコイン for TOMIX HO 試作版をキハ261に入れたの続編です。

今回は、F1を室内灯に割り付けて動くように、MOS-FETを実装しました。

前回の基板を取り出して、FETのICを取付けるのと、SJ1のジャンパを切り替えます。

onecoinTmx_24.jpg

ライトユニットは同じですが、コネクタをロープロファイルのものにしました。

onecoinTmx_20.jpg

前回は、キロ261形1100番台(函館方)に、ワンコイン for Tomix HOを入れたのですが、今回は、キハ261形1200番台(札幌方)に入れます。実はこちら、キロ261とは基板を逆に入れないといけません。床下からの銅板の飛び出している部分が逆なためです。ワンコイン for Tomix HOは、ちゃんとこれも考慮されているので、配線の引き出し箇所を逆にすれば問題ありません。

onecoinTmx_21.jpg

onecoinTmx_22.jpg

天井をあけて、床下からの銅板ときちんと接触させます!

onecoinTmx_23.jpg

CV設定は以下の通りです。CV設定はワンコインデコーダ4のCV説明ページを見てもらうと良いですが、未使用時はダミーで適当な値をセットするというところがポイントです(赤字で書かれてます)。

CV30=2
CV33=1 (16にするとちゃんと動かないので注意
CV34=0
CV35=1
CV36=0

これで、ライト設定は完了です。ハンダ付けや、ファームウェア書込みが正しく行えていれば動くはず!
posted by yaasan at 21:47 | Comment(0) | 鉄道模型