2017年10月24日

新たな道への挑戦 その2

とりあえず、Oスケールの模型が届きました。箱がデカいです。高さは365mmと、なかなかの高さです。
当社はジオン公国の一員ですので、ザクを選定しました。

ZAKU1.jpg

中身はこの通りです。かなり組み立てが楽しそうです。

ZAKU2.jpg

本当は緑の量産型にすべきですが、シャア専用の指揮官用ザクの方が安かったので、まずは超久しぶりのガンプラ組み上げなので、練習と言う事で。これができたら、緑の量産型も弊社に導入します。

あと、電子工作的に面白くできそうなのが、モノアイ用のLEDを設置できる点です。電力供給は考えないといけないですが、非接触給電、DCC等検討していきます。

まあ、ロボットなので動かしたくなるのがロマンですが、モータを中に仕込むのは大変なので、外部に置いて、釣り糸で制御するか、クレーンゲームのシステムで制御ような仕組みもできるかな?と思っています。

まあ、まずは素組みして、墨入れしてみようと思います。

----------------------------

最近は、家族が大変な状況なのに、鉄道模型で嫌になることが頻繁にあって、ちょっとほかの模型で楽しみを増やそうかなと思ってます。まあ、ガンプラの内容ばかりになったら、鉄道模型のウェイトはだいぶ下がったと思っていただければと思います。

ジークジオン!とか叫びだしてたら、完全にガンプラの道に入ったと思っていただければ幸いです。
posted by yaasan at 08:22 | Comment(0) | 工作

2017年10月22日

新たな道への挑戦 その1

DCCをもっと広めるにはどうすればいいか、よく考えましたが鉄道模型の枠組みでは難しい気がしてきています。
そこで、模型のカテゴリという大きなくくりで考えてみることにしました。

DCCは別に鉄道模型専用の規格でも何でもなく、モータを中心とした機器を制御するための通信と電源の規格です。つまり、動くものであれば、何でも応用が利くのです。

鉄道模型市場は、停滞と言うかこれからどんどん縮小が見込まれています。自分は確かに鉄道は好きですが、車だってそれなりに好きです。実は鉄道も、普通の人よりは少し詳しいだけで、細かい車両の番号とかそんなことはぶっちゃけ分かりません。クモハとかモハとかクハの区別も実はよくわかってません(あんまり興味が無く覚えない)。

ということで、いったん、鉄道模型を離れて違う模型にチャレンジしてみるべきだなと考えました。

そこで、ある模型に着目しました。小学生の時にトミックスのNゲージで遊びながら、たしか1度は手を出した記憶がある模型です。この模型から学ぶことは非常にたくさんあるのではと思います。なんと、日本の鉄道模型の8倍の市場規模を持つとんでもないデカさです。

その模型は、1/144のNスケールが主流のようですが、私はデカいものが好きなので、1/48のOスケールをさっそく手配しました。

後日、模型の組み上げをレビューしていきたいと思ってます。ハードルは非常に高いと思いますが、最終的には、あれこれとDCC化も考えていこうと思ってます。

やあさん、いっきまーす!
posted by yaasan at 21:17 | Comment(1) | 工作

2017年10月21日

laisdccのデコーダが届いたのでレビュー

市販品としては最安に属する12USDの車載モータデコーダ860021が中国から届きました。

AliexpressのLaisdcc公式販売ページ (NEM652版)

※10/21現在、売り切れになってます。チェコの人が200個も買い占めたようです・・・買いすぎでしょ。欧州を中心にみんなコンスタントに買っているので、結構人気のあるデコーダなのだと思います。

10/21 19時追記: このメーカーのデコーダには致命的な問題あり。使用を推奨しません。

laisdcc_decoder1.jpg

laisdcc_decoder2.jpg

■マニュアルなど

LaidDCCのサイト置いてあります。全部英語ですが、そんな難しいことは書いてないです。

■基板写真

当然、私の手元に来たという事は、熱収縮チューブを剥かれるのは当然であります。サイズは、幅12mm、実装時の厚み3mm、基板自体の厚みは0.8mmでした。基板の長さは18mmです(ケーブル含まず)Nゲージには辛そうですね。

laisdcc_decoder3.jpg

laisdcc_decoder4.jpg

■比較

ワンコインと比較すると、幅は2mm大きく(12vs10mm)、厚みでは3mm小さい(3vs5mm)です。PICマイコン以外は低背の表面実装部品を使っているのが、厚みで有利な理由になっているようです。

laisdcc_decoder5.jpg

laisdcc_decoder6.jpg

■部品

・CPU マイクロチップ PIC16F690-I/SS
・MOS-FET? Z420P-7509

■雑感

・Keep Aliveの配線には特にトマラン回路内蔵なし。普通のコンデンサを直で付けると、突入電流大きいですが、トマランコンデンサをつけてはいけません!!!理由は後述。

・DSblueboxでCV読み出しOK
・DSblueboxでFWD,REV回転OK

普通に動く、普通の車載用モータデコーダです。デジトラックスのDN136と同じ使い勝手かなと思います。耐久性チェックはしていませんが、基板を見る限り変なところはなさそうです。※Kanjiさんから指摘で、トラブル発生!このデコーダはコンデンサ装着時は特に使い方要注意です。

Z, N用のデコーダ860010も開発中のようです。

■トマランコンデンサを装着でトラブル(19時追記)

どうも、起動時のイニシャル対策のハード回路がショボいというか何もしていないようで、トマランコンデンサなどのゆっくり立ち上がる回路にしてしまうと、イニシャル状態が不定の時間が長くなり、あちらこちらに大電流が流れて暴走するようです。

証拠データも取りました。テストパターンは、DSmainR5.1の線路電源ON/OFFを繰り返すだけと言う超単純なものです。速度は一切いじってません。

最初の電源投入時:
LaisDCC_StartCurrent.png

いったん線路電源をOFFにしてすぐにON:
LaisDCC_ReStartCurrent.png

初期投入時はごく普通ですが、線路電源再投入時には最大電流7.8Aと、あり得ない電流が流れてます。私がいつも使う2AクラスのACアダプタは、こんな大電流は耐え切れないので、あっという間に出力OFFになってしまいます。

トマランコンデンサ自体ではこんなに電流が流れることは無いので、あくまでも想像ですが、デコーダ内部の電圧は多少残る状況のはずなので、マイコンが中途半端に動き続けるモードがあって、出力のMOS-FETのフルブリッジ回路の動作が不定になって、ショートするモードになってると思われます。

と言う事で、LaisDCCのDCCデコーダにコンデンサは装着してはいけません。コンデンサ未装着時は特に問題ないことは測定でも確認済みです。普通すぎるので波形は省略します。

12USDと安いですが、ご利用はEM13のようにコンデンサレスで動かしましょう。車両のフライホイールや、レール清掃、全車集電などの根本の対策でカバーがよろしいかと思います。
posted by yaasan at 11:24 | Comment(4) | 鉄道模型

DSシールドの回路案

DCC/MMシールドは在庫があと6個です。後継品として、DSシールドを企画中です。コンセプトは以下の通りです。

DSshield_AW_R1.png

■コンセプト

・キットで2000円、ソフトやスケッチは全て無償提供。高いと思う人は自分で作って頂く。
・基板のみ 300円、完成品販売なし
・DCC専用。モーターシールドとして使う事も出来る。
・MM専用のGatewayスケッチを作れば、MMもサポートできる。メルクリンデジタルのエンジンであるArdurailをベースに作ればOK。
・CV読み出し機能はサポートしない
・S88-Nを標準搭載
・電流max 3A、連続2A設計
posted by yaasan at 09:31 | Comment(2) | 鉄道模型

2017年10月20日

DCC/MMシールド 完成品の販売終了

DCC/MMシールドの完成品の販売を終了します。

DCC/MMシールドを選択する方については、自分ではんだ付けできない人は置いていくという意思表明です。ライオンは、子供を谷から突き落とすと言いますが、その気持ちであります。

「それは困る!!」と言う方は、DSmainをぜひともよろしくお願いします。

-------------------------------

DCC/MMシールドについてはメルクリン(Marklin Motorola 1/2)対応を廃止し、価格をもっと劇的に下げてRailstarsのDCCエンジンに変更して対応を考えてます。

DCCのみにすることで、マイコンを減らせるので回路を単純化できます。その代わりにUNO側のソフトはより複雑化するので、より上級者向けになりますが、DCC/MMシールドはこの形になるのが順当かなと思います。

名称も、ちょっと変えると思います。DSシールドかな。
posted by yaasan at 18:51 | Comment(0) | 鉄道模型