デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2015年09月08日

スマイルデコーダの方向性

2〜3月ごろからデコーダを開発して、Nゲージにも入る薄くて小型なスマイルデコーダが完成し、現在のところエコシステムが回りだして、いろいろなところでチャレンジが進んできたように思います。購入されたほとんどの方は、最初はハンダ付けに苦労されていましたが、果敢に挑んで最終的には完成させてます。

1セント硬貨との比較(ESUのLokPilot Microを参考):
Comparison_1CentAndSmileDecoder.jpg

スマイルデコーダは数回生産したら終わりだろうと思ってましたが、意外や意外にどんどん伸びていて今のところ、一番数が出ているのがデコーダ基板です。コマンドステーション類が出ないのが寂しいところですが、まあ、DSmeisterで爆発的に伸びてもらえれば幸いと思ってます。

スマイルデコーダのエコシステムをさらに回らせて、最終的にはメーカーがデコーダを販売するのではなく、ユーザーコミュニティがデコーダを生産して技術を保有することがゴールです。もはや日本の鉄道模型メーカーにデコーダを任せることは期待できないこともあり(とあるメーカーの方が意味深な発言をされたようですが・・・)、ユーザーコミュニティが手足を動かして実現するしか残されていないと感じてます。

今のところはArduino UNOベースですが、ArduinoM0環境がもうちょっとマシな状況(部品価格や開発環境の整備などの面)になれば、そちらに移行することになると思います。そうすると、デコーダの機能が格段に向上します。3.3V化によりSDカードやROMといったサウンドの制約も一気に薄れてきます。

私は最初のキックオフ部分をひたすら提供し続ける役に徹するのが、DCCの普及促進につながるかなと思ってます。DSmeisterやコマンドステーション売上が下がってデコーダ価格を上げざるを得なくなってご不便をお掛けしてますが、経費に余裕が出たら、手間がかからない大口向けのみですがデコーダ基板価格を下げて、デコーダの普及を後押ししていきます。

私以外にもデコーダを作っている人はたくさんいるようですが、プラットフォームがPICベースだったりして、うまく連携が取れていないのが辛いところです。うまく連携して、ユーザーコミュニティによるDCC・デコーダの普及を促進したいです。

まあ、そのためにもサウンドデコーダ(大容量)が求められるのでしょうが・・・。ちょっとATMEGA328Pでは(電圧&性能的に)辛いですね。
posted by yaasan at 06:38 | Comment(0) | 鉄道模型

ミント缶コントローラのファームウェアを更新

ミント缶コントローラのファームウェアのライブラリにバグが有り、うまくコンパイルが出来ない症状がありましたので修正いたしました。手元のものを間違えて上げていたようです。

DSCoreLibは、Arduino IDEのlibrariesフォルダにコピーしてお使いいただける形になってます。DSmeisterも、このライブラリをベースにコア部分を構築していきます。

ミント缶コントローラですが、メルクリンデジタル(MM2)対応も可能になってますので、もしメルクリン用に欲しい方は、注文時にご相談ください。DCCかMM2か、ファームウェアの書き換えで対応可能です。当方としては、わかりやすい操作性かつエントリー機種ということもありプロトコルの切り替えできるようには、あえてしません。勝手に改造してもらう分には自由ではありますが。

posted by yaasan at 06:01 | Comment(0) | 鉄道模型