デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2015年10月25日

関西旅行

副業を3日間休んで、関西旅行に行ってきました。楽しかった。

■京都

グランシャリオ様に商談で訪問。旅行と言いつつ、実際は出張みたいなものも兼ねておりました。

■梅田

お好み焼き&焼きそばを食べた。東京のものよりふわふわで美味しかった。

■山電に乗った

姫路に行くので、山陽電車に乗って阪神梅田から直通特急で向かいました。遠かった・・・。

hime1.jpg

姫路では、実はあまり知らなかった播州の秋祭りを見ました。平日なのに凄い盛況ぶりで、各町内ごとに神輿や山車が出ていて派手でした。私があまり祭りに行かないのもあれですが、住んでいた埼玉や東京ではこんな祭りは見たことないです。

hime2.jpg

ハトヤでかまぼこづくり

地元民から、ヤマサより値段は高めだがおいしいとの評判のハトヤに行って、工場見学&かまぼこづくりをしました。
昨年、ハトヤとヤマサでかまぼこの食べ比べをして、ここのきくらげのかまぼこ(白天)と紅しょうがのかまぼこ(べに白天)がおいしくて、行ってみたかったので来ました。

hime3.jpg

hime4.jpg

一番美味しかったのは、ハトミンという、パン粉で揚げたかまぼこです。これの揚げたてが凄まじくサクサクふわふわで美味しかった。待っている間も、揚げたてのハトミンを狙ってお客さんがたくさん来てました。

工場見学は電話かネットの問い合わせ欄から申込できます。結構気軽に申し込みできました。また、本社工場は姫路城と姫路駅の間から少し歩けるレベルのところにあるので、姫路城に行ったついでに行くのもアリです。

■姫路城

昨年は天守閣に入れなかったので、今年は無事に入れました。平日金曜日の昼間だというのに天守閣は長蛇の列でした。土日だったらもっと凄いんでしょうね。階段はとても急で、昔ながらになっていることがよく分かりました。これは確かに国宝級ですね。

hime5.jpg
posted by yaasan at 07:10 | Comment(0) | 日記

2015年10月22日

グランシャリオ様でキット販売予定

本日、京都の25mの巨大レイアウト店のグランシャリオ様と打ち合わせを行いまして、弊社のDCC関連キット(スマイルデコーダ、ミント缶など)を店頭にて販売して頂けることになりました。

http://grandchariotcafe.com/

将来的には半田付けサービスやメンテ、改造などのサービスも行えるように準備を進めていこうという話になっております。販売開始となりましたら、また当ページにてご案内致します。

関西方面にお住まいで、Desktop Stationの機器にご興味がありましたら、ぜひともご訪問いただければ幸いです。
posted by yaasan at 13:07 | Comment(0) | 鉄道模型

2015年10月21日

BackEMF(BEMF)対応のモータデコーダスケッチ

3日連続休暇の1日めは、社内にずっといたので、BEMFのソフトを作成していました。一応、以下が最新版です。BEMFのテスト用なので、あまり実用的ではないので要注意です。まだこれからチューニング予定です。

DSDCCDecoder_BEMF_20151021.ZIP

BEMF&PI制御を実装しておりまして、BEMFで検出した速度に追従するようにPWMの電圧を増減制御します。今のところ、BEMFの検出結果と速度指令の換算係数を固定値にしているので、変更できるように修正を後日行います。

BEMFの応答特性が激しいモータを使うと、ガクガクの制御になってしまうので要注意です。いくつかモータを試しましたが、どうも、速度を早くすればするほど、取得できる変動が大きい傾向にあります。低速〜中速域に限定してPI制御とするほうが良さそうです。中速〜高速域は、指令をそのまま与えるほうが動きとしてはスムーズになるように感じます。

BEMF回路を追加したスマイルデコーダですが、以下のとおり、R3,R4,R5が追加されてます。R5のシルク印刷を忘れてしまっているので、お気をつけ下さい(1608サイズのパッドは抵抗のみなので、大丈夫だとは思いますが)

SmileDecR4_solderedA.jpg

SmileDecR4_solderedB.jpg

アートワーク:
DSdecR4_artwork_B.png

DSdecR4_artwork_A.png

もうちょっと作りこんだら、車両に載せて、BEMFの動きを確かめる予定です。めちゃくちゃ重たいPIKOの車両で試したいと思います。
posted by yaasan at 17:42 | Comment(0) | 鉄道模型

社員旅行 in 関西

平日に副業を3日間休むことになりました。連続休暇制度が義務なのでそれを利用して、社員旅行兼出張に行ってきます。

まずは京都で、お客様にお会いして、Desktop Stationの新製品構想のご紹介や、店頭での販売の打ち合わせを予定してます。

その後、梅田でたこ焼きとお好み焼きを食べた後、姫路に滞在します。姫路に着く前までにイントネーションの練習をきちんとしたいと思います。根っからの東側の人間なので、「ひめ"じ"」と言えるようにがんばります。去年、姫路のおでん屋さんでお店のおばちゃんと客にイントネーションでイジられたので・・・。

姫路では、かまぼこ工場の見学&体験と、大量のかまぼこ購入を行います。また、姫路城を見学予定です。入社5年目の社員が、ちょうど七五三なので、知り合いのフォトスタジオで記念写真を撮影して帰ってくるという予定です。その辺のチェーン系のフォトスタジオよりは、ちょっと遠くても知り合いでプロのカメラマンに頼むが一番いいかなと思っております。

帰りは新大阪駅の構内の551の肉まん(チルドを)3箱ほど買って帰るという予定です。

鉄道模型は最初だけで、後は完全に慰安旅行&食べ歩きツアーとなっております。

東海地方は頻繁に副業の都合で出張するので、東海道新幹線に乗っても旅行気分は皆無ですが、関西はめったに行かないので楽しみです。

よって社員旅行中は、メールは問題無いですが発送が止まりますので予めご了承ください。
posted by yaasan at 05:46 | Comment(0) | 日記

2015年10月20日

DCCやMarklin Motorolaのパワー回路設計

DCC等の回路を作るときに、一番大変なのはパワー回路かと思います。ちょうど電機屋なので、この辺はアルバイトでよくやっているので分かっておりますので、ご参考までに紹介したいと思います。今まで説明したことが無かったと思いますし。

・素子の種類の選定

情報か電気電子工学を大学で受けた方なら分かるはずですが、パワー回路で重要となるのが電流をON/OFFするパワー半導体です。DCCの信号や電力はこれで生成するためです。

ざっくり言うと、バイポーラ系(PNP,NPNトランジスタ)と、MOS-FET系(Pch, Nch)、後はIGBTなんていうのもありますが、IGBTはとんでもない電流を流せるのですが一般的に遅くてDCC用途には厳しいので割愛します。マニアックな人なら知っていると思いますがサイリスタなんていうのもありますが、論外なほどON/OFFが遅いので割愛します。

基本的にMOS-FETをベースにした部品を選定して下さい。バイポーラ系は内部の抵抗成分がでかくて発熱するので、あんまり電流を流せません。流す場合は巨大なヒートシンクが必要です。

・パッケージの選び方

鉄道模型用途ならば、モータードライバ(フルブリッジドライバ)ICか、ディスクリートICの組み合わせの2種類から選択することになります。前者だと、BD6231やTB6643KQ等は当方で実績があります。安全機能も入っており、安全性が自動的に確保されます。ただし、ややこしいことをしようとするといろいろとハマります。後者だと、Nch MOS-FETだけで組む方法(ゲートドライバICや回路が必要)と、Nch とPchのMOS-FETを上アーム・下アームに分けて置いてマイコンやバッファICから直接動かす方法があります。前者はDSmainR5で採用しています。大電流を流しやすい回路を設計できますが、部品点数が増えてコストは上がりやすいです。後者はDigitraxxのコマンドステーションで採用しているみたいです(分解写真より推定)。こちらは直接マイコンで駆動できるのでコストが下げられますが、大電流を流す回路を作るのがそれほど簡単ではないです。素子も結構限られます(PchのMOS-FETは種類が少ないため)。

細かな回路等は以下のサイトに詳しく書いてあります。
http://srd.s43.xrea.com/circuit_learning/motordrive.shtml
posted by yaasan at 08:54 | Comment(0) | 工作