デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2015年10月19日

Arduino 101 (Genuino 101)

Arduino 101 (Genuino 101)という、新しいボードが公開されてます。発売は来年のようです。価格は30USDということなので、Arduino UNOとそれほど変わらない価格と思われます。

ATMEGA328Pと比べるとずっと強力になって、FLASH 196KB, RAM 24KBと、組み込みのアプリを作るのであれば問題ないサイズかと思います。

気になるのは、Galileoボード等であった、リアルタイム性が確保されているかどうかです。x86ベースで、キャッシュメモリと動作周波数で力で処理を行うアプリケーションプロセッサの性格が強いと、マイクロ秒オーダーの処理の性能保証ができないので、ATMEGAの代わりに使うには難しいところです。ミリ秒オーダーだったら、問題ないレベルでしょう。

なんだかんだで、やはりコストや使い勝手の良さがもっとも重要で、101ボードよりは、ペリフェラル強化&低コストなATMEGA328PBに今のところ注目しているところです。あんまりArduino IDEでのサポートの情報がないので、待っているところです。
posted by yaasan at 21:23 | Comment(0) | 工作

2015年10月18日

ArduinoベースのDCC・メルクリンのソリューション

Desktop StationはArduinoをベースとしたデジタル鉄道模型のソリューションとして展開しております。私以外にも、数多くの方がチャレンジしておりますので、現時点の調査を踏まえてご紹介したいと思います。

・DCC++

ここ数ヶ月で急激に登場してきたソリューションです。
ハードは既存のもの(モーターシールド)を使って、Processing(Javaベースの開発環境。Arduino IDEはこれをベースにしている。)の自動制御ツール&UI画面を開発されてます。Youtubeに多くの紹介ビデオが上がっています。実際のソフトは、まだ公開されていないようですが・・・。

ホームページはまだ無いようですが、関係者がTrainBoardという掲示板で紹介されてます。

・Railway Maker

Arduinoベースに、専用のハードを起こしています。
これもYoutubeが主で、ホームページは見当たりません、

Ardurail

旧名称はMaerklinoということで、メルクリンの旧フォーマットであるMM1,MM2をメインとしたArduino用ライブラリになってます。ハードは、自作の必要があります。DCCも一部対応してます。
Examplesに、P50xなどの汎用のインターフェースに対応するスケッチがあり、Rocrailなどからの制御が可能です。ただし、ゲートウェイとしての動作しかできないようです。いろいろいじろうとすると、ハードルは少々高いように感じます。

Railstars

実は昨年末に閉鎖となってしまったもので、コマンドステーションのソフトやデコーダの開発などで非常に多くの技術を開発されているように見えました。GitHubに開発成果のソフトなどが公開されていて、GPLで自由に使えるように鳴っています。

--------------

Desktop Stationより良いソリューション(安くて、バリエーションが十分で、程よく機能があり、多くの人に利益となるもの)が出てくれば、私はサクッと引退する覚悟で望んでますが、今のところ、世界を見渡しても皆無というのが個人的な思いです。ユーザーのニーズと異なって多くの人には手が出ないプレミアム路線で行くか、はたまた、ごく一部の研究・試作で終わってしまっているものが多いというのが実情だと思います。

まずは電気工作が得意な鉄道模型ユーザー向けにオープンな形で提供し、フルにカスタマイズしてもらうことを主として、徐々に既存製品に負けないレベルを構築したうえで、数多くの人に新しい代替案として提案する形を描いてます。

今はデコーダとコマンドステーションのみですが、次は多くの人の協力を頂いて、S88をベースとした在線検出機器、信号機器システムも提案したいと思います。在線検出の課題は非常に多いので、少しずつ解決するような提案をしていきたいです。CameraS88のような、新しい提案(似たようなことは他の人もやってますが・・・)ができたらと思います。
posted by yaasan at 18:43 | Comment(0) | 鉄道模型

2015年10月17日

ATMEL ATMEGA328PB-AU

アトメルから、ATMEGA328Pの新型であるATMEGA328PB-AUというのが夏にリリースされていることを今更知りました。なんという情報網の悪さでしょうか・・・。

価格はMouserで1個281円で、100個買うと186円と、100円近く下がります。これは非常に大きなメリットです。秋月電子で売ってくれたら、余裕で200円は切るでしょう。

肝心のスマイルデコーダへの対応ですが、3ピンと6ピンが、328PではGNDとVCCに割付いていましたが、PE0、PE1という新しいピンで使用するようなので、入力ピンのままにして出力には絶対にしないようにすれば問題ないかと思います。出力にした瞬間ショートしてぶっ壊れることでしょう・・・。

ChangePoint_ATMEGA328PB.png

Arduino IDEの対応ですが、軽く調べた限りでは情報は見当たらず・・・。ペリフェラルが増えているので、Arduino IDEでも対応ボードを増やして欲しいところですが。しかも安くなってますし。


影響の出るこの2ピンについては、スマイルデコーダでは未使用とするためにオープン処理をしたいと思います。
posted by yaasan at 15:59 | Comment(0) | 工作

Wifi Option開発を休止

Wifi Optionですが、ESP-WROOM-02の例外発生、強制WDTリセットなど、謎の症状が頻発しており、まともに開発できる状況ではないので開発をいったん休止します。

サンプルを突っ込んでいるだけなのに数分経つと起きるので、たぶん、ファームの出来がよろしくないと思われます。ネットでいくつか載っていた対応策である、電源の強化も対策済みで、いくつか大容量のLDOやDC/DCコンバータに変えて動かしましたが結果は変わらずでした。

ということで、このままグダグダやっていても時間の浪費にしかならないので、しばらくは様子見することにします。
posted by yaasan at 13:49 | Comment(0) | 鉄道模型

Smile Decoder R4

スマイルデコーダの新型(BEMF対応回路追加)の動作確認(BEMF機能はまだ未チェック)をしました。

Comparison20151017.jpg

幅を縮めたはずなのですが、ノギスで測っても0.1mmしか差がないので、どうもVカットの誤差のほうが大きいようです・・・。R3は12.5mm、R4は12.4mmでした。
posted by yaasan at 09:24 | Comment(0) | 鉄道模型