デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2015年10月12日

麦とホップ 絹のコクをフライングゲットした

10月14日発売の「麦とホップ 絹のコク」を都内某所でフライングゲットしました。

IMG_8968.JPG

もう仕事が変わって行けなくなりましたが、ドイツに行った時にはヴァイツェンをひたすら飲みまくって大好きな私にとっては、小麦麦芽を使った白ビールはいろいろと試したくなるので、今回1箱買いました。ホワイトベルグもよく飲んでましたので、同じサッポロということで、どんな味に仕上がっているか楽しみなところでした。

結果としては、ホワイトベルグの独特のオレンジ系の香りの部分(ヒューガルデンも同じだけど)を除いたものに仕上げている味でした。甘めで飲みやすいので、ビールが苦手でカクテル好きな方には良いんじゃないでしょうかね。ドライ大好きな人には全くお勧めできません。

ヴァイツェン大好き人間からすると、日本のビール系飲料全般にいえますが1点だけ許せないところがあります。酵母臭や若干の雑味をフィルターを使ってわざわざ消してるところです。ラガービールはフィルターを使ってないので良いのですが、その他のビールが飲みやすさ重視で、ビールの本当の美味しさの部分を消してるのが残念です。特に、最近の「コク」ブームだというのに、そこを全く生かしてないのが寂しいです。

理由としては、大量生産・大規模流通を考えたら、この部分は生産性が下がるのでコストを考えてるからだと思うんですけどね。

以前と比べたらクラフト風ビールも非常に入手しやすくなって、お手頃で飲めるので徐々に改善していってくれると期待してます。時代は、少品種大量生産大量消費から、多品種少量生産にどんどん移行するはずなので、次代のニーズに合わないメーカーは規模縮小か消えていくだけかと思います。
posted by yaasan at 19:21 | Comment(0) | 日記

サウンド拡張の検討

スマイルデコーダのサウンドメモリ拡張で、SDカード(microSDまたはmicroSDHCの4GBまで)を取り付けるボードを検討しました。

まず、スマイルデコーダは今までのものではちょっとダメで、接続端子のピン配置を見直しました。
リセットをCSになるように、パターンを見なおしてます。CSは、D4に割り当てられます。

DSdecR4_artwork_B.png

DSdecR4_artwork_A.png

SDカードの差し込める拡張ボードは、microSDスロットにヒロセのDM3D-SF、レベルシフトにTIのTXB0104Dを使用します。

SoundChipR1.png

デコーダ開発ボードでもmicroSDのこのボードを接続できるようにちょっと方法を考えます。

ArduinoでのSDカードの使い方については、ネットにたくさん出てます。基本的には、そのまま使えると思います。若干、アクセス速度がROMよりも遅いはずなので、そこで変な音が出ないかが懸念事項です。

http://maicommon.ciao.jp/ss/Arduino_g/SDcard/index.htm
http://www.hiramine.com/physicalcomputing/arduino/sdreadwrite.html

また、一瞬のショートや接触不良による電圧降下も問題で、マイコンへの電力が止まる状況だと、問題が出る可能性が高いので、Keep alive コンデンサを強化するか、このボードにコンデンサを取り付けるようなことを考えないといけないかなと思います。
posted by yaasan at 17:16 | Comment(0) | 鉄道模型