2016年04月30日

ワンコインデコーダ4を作ってみた

100番煎じくらいで、遅すぎるくらいですが、ワンコインデコーダ4を作ってみました。たぶん、今日は鉄道模型市で買われた方が同様に製造されていると思います。

OneCoinDecoder4.jpg

とりあえず、適当に何も見ないでサクッとはんだづけしたところ、見事に動きませんというかソフトが書けません。私がハマったところは、2箇所でした。大したことはない、ちゃんと手順や注意事項を液晶に穴が開くほど見ておけば問題ないところです。

・PICマイコンのハンダ付けで、浮いているピンがあって書き込みに何度も失敗した
→ハンダ付けしなおした。というか、PICのライターってマイコンは自動認識なんですね。

・HEXファイル(デコーダのソフトの書き込み用ファイル)を書いたつもりだったが、ちゃんと書けてなかった
→書込しなおしたら普通に動いた。書いたはずなのにかけてなかった?Verifyしたのに?夢だったか?

当然ながらDSmainR5でバッチリモーターは回りました。

熱収縮チューブで絶縁対策すれば、車内のどこにでも置けて便利です。

スマイルデコーダは、基板から作る場合はハンダ付け寺の修行僧にはベストな選択肢だと思いますが、修行中の身でない方はワンコインデコーダのほうが気楽に作成できていいですね。このコンセプトの旨さには私も大いに反省しないといけません・・・。
posted by yaasan at 17:02 | Comment(0) | 鉄道模型

御礼・鉄道模型市2016のご報告

昨日は、鉄道模型市2016に出展し、300名を超える方にお越しいただきました。まことにありがとうございました。

弊社サテライトオフィスに勤務のカメラマンに撮ってもらった写真で、当日の様子をご紹介します。

tmi2016_7.jpg





物販もデモも、多くの方に見て頂き、DCCを身近に感じてもらえたと思っております。
しかしながら、まだまだDCCは難しい、高い、という認識の方も非常に多くいらっしゃったのと、まだ見せ方には改善の余地がたくさんあるな、という反省もブースのメンバーからあがりました。特に、自動運転はかなり工夫をしているのですが、それをうまくご説明できなかった、説明するようなシステム図の資料やポスターが抜けていたというのが挙げられました。

tmi2016_1.jpg

tmi2016_6.jpg

名古屋電鉄さんの物販していたMP3デコーダボード搭載車(名鉄2300系)をiPadで制御。アナウンス(F7)やミュージックホーン(F3)の音質と音量の良さには感動しました。ESUのサウンドデコーダでもここまでの音質は出せません・・・。
tmi2016_5.jpg

tmi2016_2.JPG

tmi2016_3.jpg

tmi2016_4.jpg

差し入れを頂いたり、貴重なご意見をお聞き出来ました。まだまだやることはたくさんあり、いろいろな機器の開発が必要なことを感じました。

これから、頻繁には出来ませんがイベントへの出展を定期的に行って、ブラッシュアップしていけたらと思います。

なお、物販で購入された方向けに本日中に、特設ページにサポートコーナーを設立します。複数のサイトをまたがっているので、商品ごとにリンクを張りますので、説明書などを確認される際にご利用頂ければと思います。
posted by yaasan at 06:16 | Comment(0) | 鉄道模型

2016年04月28日

いよいよ明日4月29日!鉄道模型市2016(浅草)でお会いしましょう!

いよいよ明日、4月29日(金)に、浅草の都立産業貿易センター台東館4階展示室で開催される鉄道模型市2016に、当社Desktop StationとNucky、名古屋電鉄、Fujigaya2、DCC館、その他DCCを愛してやまない有志と共に、ブース3・4に出展します。

スケジュール帳には既に書き込んでありますか?Save the date!!

tmi2016_layout.png

物販とデモを行いますが、買うだけではなく見るだけ・聞くだけでももちろん大歓迎!ドイツの某電機メーカーのようにブースに来た他社の人に「コンペチターは出て行け」などと絶対に言いません!競合他社さんからの素朴な質問、悩み相談も大歓迎!DCCの機器を作ってみたいと思っている人もそうでもない人も、DCCも自動運転も一切興味のない方も、物は試し、ぜひぜひお越しください。

exhibition_example.jpg

なお、スマホをお持ちの方向けに、DesktopStationのWebアプリをお試しいただけます。面倒なアプリのインストールは一切不要!置いてあるWifiルーターに繋いでブラウザを立ち上げるだけ!SSIDはDS、Passowordはdesktopstationにしています。アクセス先は192.168.0.2:1192で、鉄道模型をスマホから簡単に制御できます。今回の機材はDSmainR5で行いますが、もちろん、DCC/MM2シールドでもスケッチをDesktopStationソフト用に書き換えれば同じことが可能です。

あなたの鉄道模型のデジタル化を応援します!ブース3・4にて、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

posted by yaasan at 07:55 | Comment(0) | 鉄道模型

2016年04月27日

ポイント用サーボデコーダ

サーボモータをポイント用にも使用するためのスケッチを作成しました。以前にご紹介した車載用のサーボ制御部分を移植しています。若干、機能を改善しているので、車載用にもフィードバックする予定です。

DSDCCAccessoryServoDecoder.ZIP

D3からサーボモータ制御信号を出す形で、以前のものと外部I/Fは同じになっています。

サーボモータは意外と大電流を消費するので、セラコンだけでは足りず、電解コンデンサを足す必要がありそうです。もし電解コンデンサがない場合は、電圧低下&電流が意図しない方向に流れ込んで不安定になったり暴走する可能性が出てきます。100uF程度を、スマイルコネクタ横の+5VとGNDに足すだけで良いです。

AddingCap.png

使いみちがなくなっているGゲージデコーダを、サーボモータやリレーを動かすレイアウト用にアレンジすることを検討中です。
posted by yaasan at 06:14 | Comment(0) | 鉄道模型

2016年04月24日

1円玉サイズのサーボモータが届いた

中国DOMAN社のサイト?のDM-S0025 2.5g super micro rc servo for rc airplaneで頼んだ超小型2.5gサーボが届いたので、早速、スマイルデコーダR4に繋いで動かしてみました。

梱包も問題なく、付属品もネジや十字の治具も付いていて全く問題なしです。

SMileDecoderServoA1.jpg

当然ながら普通にスマイルデコーダで動きました。というか、軽くて小さくて、配線によじられてうまく自立できません。

SMileDecoderServoA2.jpg

1円玉とサイズ比較です。大きいサーボは、秋月電子で売っている一番小さいサーボのSG92ですが、それよりもさらに1/3ほど小さいのが特徴です。

SMileDecoderServoA3.jpg

鉄道模型市には一応、ネタとして持っていくつもりです。こんなに小さいので、HOゲージにもとりあえず入りそうです。
posted by yaasan at 20:27 | Comment(0) | 鉄道模型