デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年03月07日

突入電流対策・DCCソフトスタートアダプタ

OEM用に、200個のポイントデコーダの製造が終わり試験中ですが、47uFをデコーダに積んでおいたのですが、これが意外と悪影響になっていて突入電流対策が必要なことが分かりました。

DSblueboxR4で起動すると、このポイントデコーダを2個までしか起動できません。3個以上は、突入電流でTB6643KQが防止機能で停止してしまいます。瞬間的に6Aまで出てしまっているようです。

まあ、直近にすぐ配線しているので、配線のインピーダンスも小さく、回路の見えない抵抗成分が少ないので電流が増大していると思われます。ダイオードもショットキーバリアダイオードにして、効率をよくしているのも裏目になっているようです。

ということで、対応策としては、2個あります。

・ソフトスタートさせる(DCC/MMシールド、DSblueboxR4などは、疑似的にソフトスタートを実装)
・コマンドステーションのMOS-FETなどの部品の耐電流を大幅に上げる(DSmainR5はこの解決法)

やはり安定的に実現するには、ソフトスタートアダプタを作って提供するのが良いです。という事で、ソフトスタートアダプタを検討しました。

実装方法としては、デジタルで電圧監視をしながら行うか、アナログ式で時間が経ったら自動的にONさせるかのどちらかです。デジタルだと、コストアップですが確実に制御可能です。アナログ式だと安くてシンプルです。

アナログ式が一番いいと考え、アナログ式の低コストなソフトスタートアダプタを作ることにします。実際にどのように、突入電流を防ぐかを考えました。ちょうど、ひでろんさんのDC/DCC自動切り替えのドッチーモアダプタの技術を拝借して、ソフトスタートアダプタを作ることにしました。

ドッチーモアダプタでは、倍電圧回路を使って、交流で上下のコンデンサを交互に充電させて両端からは見かけ上、電圧を倍に上げてしまう方法です。つまり、交流信号で電圧が溜まるまではリレーをONさせません。

このリレーの1経路に、数10Ωでワッテージの大きい金属皮膜抵抗などを置いて、充電中は抵抗を経由する回路でデコーダのコンデンサを充電させて、突入電流対策にします。

SOFTSTART_SCH_R1.PNG

充電回路の定数は、シミュレーションをしながら調整していきたいと思います。充電時間が1ms以上なら、何も調整しなくても良いです。もしかすると、このソフトスタートアダプタの突入電流対策のため(何をやっているのかおかしいですが)に、ダイオードの先に抵抗を数Ω入れて、調整が必要かもしれません。

本回路は、商品化のつもりはあんまりなく、また他社ユーザーには販売しない方針です。どこかの学園の理事長のように札束で顔をたたいてくれるなら考えますが、突入電流対策はシビアな問題で、簡単な事ではないので、自分のコマンドステーションのことだけを考えたいと思っております。
posted by yaasan at 08:35 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年03月05日

配達を減らすことにした

ネットで、今まではポチポチと頼みまくっていましたが、宅配業者が非常に危ない状況というので、特に送料無料みたいなところは、控えるようにしました。

アマゾンは基本的に頼まない、ヨドバシカメラは1万円以上を頼むときは使う、細かいものはちょっと高くても近所のお店を使う、秋月電子に頼むときは月1のみ、という自分ルールにしてます。

これに加えて宅配ボックス(簡易型)を置いて、そもそも再配達を防ぐことにも気を付けてます。さらに、再配達を頼むときは、遅くとも19時までにしてます。再配達を頼んで、不在のようなふざけたことはしないように細心の注意をしております。

あと、副業先に送り付けるという裏ワザも駆使しております。自分が出張や実験でいなくとも、誰かしら同じ部署の人が受け取ってくれるので、再配達など存在しないです。

こちらからの発送は、基本的に定形外の郵便で発送しております。どうしてもデカいもの、DSblueboxなどはレターパックプラスにしています。ポストに入らないサイズなので・・・。キット品だとギリギリ、郵便ポストには入ります。

当社にご依頼の商品は、ちゃんと受け取れる場所であれば全世界、どこでも送料を負担して頂ければお送りします。会社宛の場合には、差出元を会社名にするなど、臨機応変に対応いたします。

このままでは本当に大変なことになってしまうので、皆さんもぜひとも少しの工夫で、宅配業者の負担軽減をしていっていただきたいなと思います。便利ということは、誰かがサービスを提供しているという裏返しなのですから。まあ、一番の根源は、バラバラ発送・やたら大きい段ボールで、数が凄まじいアマ〇ンなんでしょうが・・・。
posted by yaasan at 18:03 | Comment(3) | 日記

今日の夕飯

今夜は、秘書と若手社員は都内のオフィスに一泊出張でいないので、一人で夜食を作ることになりました。
一人だけだと、どうしてもダラダラになってしまって、仕事がはかどりません。16時ですが、日曜なので1人ディナーにすることにしました。

ローストポーク(70℃で保温温度管理して昼に製造)と昨日、動物園の帰りの野菜直売で買ったサニーレタスとトマト、昨日の夜に仕込んだモツ煮風汁を、今夜の夕飯にしました。

dinner20170305.jpg

料理は、DCC機器を作る事に対して、材料とレシピが違うだけで同じです。模型も楽しいですが、ぜひとも料理も楽しいのでチャレンジして頂ければと思います。特に、肉系は温度プロファイルが難しいのでやりがいがあります。内部温度を70℃くらいでキープさせるのがポイントでしょうか。
posted by yaasan at 16:08 | Comment(0) | 日記

2017年03月04日

デミオで動物園巡り

今日は、鉄道模型についてはお休みで、動物園巡りをしてきました。鉄道模型の話を期待されている方は、まったく模型の話がありませんので×ボタンを押すことを推奨します。

有料の埼玉県の動物園ではトップクラスの埼玉県こども動物自然公園に行ってきました。10時着でしたが、まだ空いていました。園を出た13時近くでは、正門前の駐車場は満車で、第三駐車場まで埋まっていました。

saitamazoo1.jpg

カンガルーが仕事もせずに休んでいる図:
saitamazoo2.jpg

私も小学生の時に遠足で来たことがあって、そのあと小学校の間に数回来た程度だったので、20年ぶりでした。まあ、年を取ったことを強く感じました。

昼は、私が早起きして作った弁当を園内で食べて、もう一周園内を回った後、野菜直売所を経て、サイボクハムの豚さんのいるところを見に行きました。サイボクハムで売っている商品は、パフォーマンスの割に総じて高いですが、豚モツだけは非常に鮮度もよく美味しいので、私はいつもこれだけ買います。

今回も、DJデミオで走行しましたが、運転のしやすさ、静粛性の高さは、間違いないと思います。乗れば乗るほど満足感の高い車だと感じます。見た目も自分の好みに合っていて乗れば乗るほど愛着がわく感じです。ほかのメーカーの車にしなくて本当に良かったです。
posted by yaasan at 19:25 | Comment(0) | 日記

DSjoyの回路図を書いてみましたが・・・

DSjoyの回路図を書きました。DSblueboxベースです。

・LCDはDSblueboxと共通に変更する(大きい、文字数制限がゆるい、コストが変わらない)
・ボタンは15個+エンコーダ
・CV読み取り機能は削除。DSbluebox売りたいため(本音)
・TB6643KQ(4.5Amax)をTB6568KQ(3Amax)にするか、SMD化を検討。

DSJOY_SCH_R1.PNG

悩みに悩んでおり、全く進んでおりません・・・。
posted by yaasan at 05:37 | Comment(0) | 鉄道模型