2017年03月12日

CS3についての寄稿

先日、オーストラリアのJohnさんから、メルクリンのCS3についての記事について、メールにてコメントをいただきましたので、寄稿として掲載いたします。


メルクリンのCentral Station 2は、車両が通過した線路の箇所を検出するためのS88コネクタを具備しており、信号はCS2の制御システムに送られます。CS2を使用する事が、自動運転環境を立ち上げるもの(の一つ)だと考えています。CS2は899ユーロで売られていました。

2016年後期に登場した改善版であるCS3は、「World of Operation」という視点を紹介しています。運転室を模擬した画面でCS2がスタイラスペンを使用していたのに対して、指で操作するシステムになりました。

「World of Operation」は、mFX+デコーダを搭載した車両を要求しています。蒸気機関車の機能を持つデコーダは、速度に応じてCS2/CS3に水や石炭の量の情報を送ります。これは、フルスピードで走らせるときには、より早く水や石炭を消費し、水や石炭を補給するためにしばしば停車する必要があります。機関車をどのように動かすのか、様々な部分を考えます。

CS3は、2つの機種を提供しています。
- CS3 S88ソケットなし※ 650ユーロ
- CS3+ S88ソケット搭載 799ユーロ

※S88ソケットはありませんが、オプションのL88を購入すればS88は接続可能です。

CS2からCS3+では、100ユーロ近くディスカウントされています。制御機能については同じ特徴を持っています。自分で機関車を運転することを考えている人にとって、安くなったCS3は、CS2よりも249ユーロも安く入手できます。



また、弊社のデスクトップステーションについては、以下のようにコメントいただきました。


多くのオープンソースのデジタル鉄道模型システムは、1つのデジタルシステムにしか対応していません。メルクリンモトローラ(MM1/MM2)か、もしくはDCCかのいずれかです。しかしDesktop Stationのシステムは、両方に対応しています。また、同時に同じレイアウト上で動かすことができます。私は、MTHの車両を特別にメルクリンのC Track上でDCCで動かしています。その他のMM2のメルクリンの車両と、DCCの車両を同時に動かすことができます。これは非常におもしろいです!


Johnさんには、DCC+についてもコメントをいただいております。こちらは後日、ご紹介いたします。

>メルクリンとDCCの両サポートの理由について

MM2とDCCの共存は一番最初からの必須課題と考えており、弊社の純正コマンドステーションでは基本的にすべてMM2とDCCのプロトコルを動かせる機能を搭載しています。DSbluexboxも実はMM2を動かせるファームウェアが標準で入っていますが、MM2のCV読み書きが仕様が不明確でできないので機能をMMは未使用にしております。

mFXには対応できませんが、MM1,MM2は今後も継続してサポートしていきます。私がメルクリンをかなり持っているので、サポートを停止するわけにはいきません!!
posted by yaasan at 19:09 | Comment(0) | 鉄道模型

デミオのフロアマットをまた買った

今日、うちの車の運転席に乗る際に足元のプラの部品(シートレールカバー)を一蹴りで壊してしまい、急遽、ディーラーに部品を注文しに行きました。そこで、お世話になった営業さんと会ったので、注文を待っている間、雑談しました。そのときに、なぜかうちの車と同じフロアマットを欲しいので買ってくれないかと頼まれ、ホットフィールドで全く同じフロアマットをまた買いました。

DEMIO_5.jpg

自分は、マット代をケチって社外品を買ったことは、前にここで書きました。純正マットは、どんなデザインかよく分かりませんが、(新型デミオdemio研究所に参考の写真はありますが・・・)、話を聞くに、駐車場に止めてあるうちの車の中を外からマジマジと何度も来て見たらしく、同じのがほしいと言い出して困ったそうです。

この時点で、いろいろとツッコミどころ満載ですが、お客さんの望みにがんばって近づけてくれるというマツダの営業精神であるとポジティブに解釈し、また、秘書をアッサリ説得させて個人的に満足度が非常に高いデミオという良い車に出会えたチャンスをくれた人でもあるので、頼み事を快諾して頼みました。次の一ヶ月点検のときに、一緒に持っていく予定です。

ちなみに、半月以上使ってますが、ホットフィールドのフロアマットは絶好調で、まったく問題なくフロアにピッタリついてます。ずれることも皆無で、デザインもオシャレなので、良いですね。これで1万円弱ですから、いい買い物でした。
posted by yaasan at 15:55 | Comment(0) | 日記