デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年03月31日

サーボポイントデコーダ

Elecrowに実装を依頼していた、サーボポイントデコーダの写真が来ました。

DSServo_photo.jpg

・DIPスイッチでポイントのアドレスを設定可能!(1−255)
・5Vモータ2系統の同時制御が可能(1系統はVRで位置・速度を調整可能、2系統目はCVで設定)
・12Vリレー出力も2系統装備!!
・LED出力も搭載!!
・モータの位置は保存されます。次回起動時に自動で反映されます。
・CV読み出しの場合は、リレー出力に抵抗負荷50〜100Ω程度を取り付けください。
・中心に穴が開いているので、レイアウトに固定も木ネジ1本でOK!

鉄道模型市では、超小型モータ2個付きでデコーダ2個5000円にて販売します。売れ残ったら、Webで販売しますが、この価格での販売はしません。

50個生産してますが既に30個は予約が入っているので残りは模型市のみで販売します。反響が大きければ再生産しますが、まあ、あんまり売れなさそうなので当面は在庫を捌く形を考えております。
posted by yaasan at 20:26 | Comment(0) | 鉄道模型

ZXBM5210でポイントを動かす

ZXBM5210搭載のスマイルデコーダ4で、ポイントを動かす実験です。

弊社には、若手社員が遊んでいるUNITRACK NゲージのEP481-15L 電動ポイントがあったので、これを動かしてみました。

スマイルデコーダ4には、dutyは少し細工をしていて、25/255のパルスを10ms出した後250/255のパルスを300msで出力するスケッチ(Webにあげてあるポイント用サンプルと同じ)を書き込んであります。

電動ポイントの中身は、電流制限用のセメント抵抗が直列に入っていて、抵抗成分は20Ω程度でした(インダクタンスは知らない)。とりあえず、60回くらい3秒おきに連続して動いた後、なぜか動かなくなるという変なトラブルがあります。DCC線路電源を切って復帰させると特に問題なく動くので、スケッチのバグなのか、確認したいと思います。
(21:00追記)
自動ソフトを作成して、1秒おきで80回、81回目で自動停止、5秒おき172回の連続転換動作を確認しました。173回目で勝手に停止。
そのあと、もう一度、1秒おきに動かすと200回以上動きました。200までしか試してないので、限界はどれくらいかは分かりません・・・。
保護機能動作 or スケッチのバグで調査を進めたいと思います。

ところで、Nuckyさんのレポートでは、TOMIXのポイントマシンとつなぐとアッチッチになるということでした。

Nuckyさんのケースでなぜ過熱するかちょっとわかりませんが、ポイントのコイルの両端の抵抗値を念のため確認したうえで、コイルだけの場合は10〜20のセメント抵抗を直列に挟むと、もしかするとうまく動くかもしれません。まあ、そんな状況ならBD6231Fを付けた方が良さそうですが。

HOのUNITRACKは、確かコイルだけだったはずですので、入手して試したいと思います。
posted by yaasan at 07:44 | Comment(0) | 鉄道模型