デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年04月12日

4/23(日) KATOホビセンフェスティバルに出ます

4/23(日)の11時〜16時に落合南長崎のホビーセンターKATOで開催される0423ホビセンフェスティバルに、DCC電子工作連合が久しぶりに出展します。鉄道模型芸術祭など、私個人の用事で2か月お休みさせていただきましたが、今回は参加です!!お待たせしました!

4/29(土)の鉄道模型市の一週間前という事で、目玉商品のMP3サウンドデコーダV5の作例を中心としたデモを披露いたします。

注:MP3サウンドデコーダV5は、V4に疑似走行音、ヘッド・テールライト制御、ルームライト制御を加えたパワーアップ版です。KATOとクモハ40、クモハ12向けに共同で開発している吊り掛け音の出るDCCサウンドデコーダのハードと全く同じ機能で、電子工作もソフトの書き換えもできる上級者向けオープン版サウンドデコーダとなります。開発は名古屋電鉄(なごでん)さんです。

また、いくつか、模型市で販売予定の商品も実演します。模型市当日はブースは人だかりでゆっくり見られません。お時間のある方はぜひとも4/23にホビーセンターカトー東京店へ来場ください。

■サウンド関連の主なデモ

・MP3デコーダV5でのクモハ40 釣り掛けサウンド
→前にもお見せしたものです。ちょっと改良版です。

・MP3デコーダV5はディーゼルもイケる!フジガヤさん&MECYさん共作のディーゼルサウンドデモ
MECYさんの記事を見て予習しておきましょう。

・MP3デコーダV5は最近の電車もイケる!フジガヤさん実装のVVVFを奏でるE5系新幹線!
→これからE5に組み付けします。完成しなかったらごめんなさい。

・疑似走行音は出せないけどMP3デコーダV4もまだまだ現役!DCC館によるNのE7系の実録MP3サウンドで走り抜けます!
DCC館のページを見て予習しましょう。

■その他

・3000円なミント缶コントローラ
・DSmainR5.1
・DCC速度計(DCC館)
・ドッチーモアダプタ(MECY&Hideron)
・MP3サウンドデコーダV5(Nagoden)
・ワンコインデコーダ(Nucky, やあさん代理)
・日本型信号機(Nucky, やあさん代理)
・S88マスコン(フジガヤ2)

ESUやSoundtraxxだけがDCCサウンドではありません。合成による疑似サウンドだからこそできる速度との完ぺきな同調と、MP3による世界で一番高音質なサウンドを堪能いただけます。

じっくり聞けるのは、4/23しかありません。また、販売はありませんが、DCC電子工作連合のメンバーの一部が参加しますので、サウンド以外にもDCCについて、いろいろ話を聞くチャンスにもなります。どんどん気軽に話しかけてくださいね。

皆様のご来場をお待ちしております。
posted by yaasan at 21:06 | Comment(0) | ガジェッド

ミント缶DCCコントローラのファームウェア&説明書

ミント缶DCC&MMコントローラのファームウェアと、ユーザーマニュアルを公開しました。このファームウェアは、旧ミント缶のコントローラにもご利用いただけます。

mint2_1.jpg

■ユーザーマニュアル

DSP0005_DSmintInstruction_0_1.pdf

■ファームウェア

DSmintcan_r4.ZIP

変更点:
・速度ステップを28から128に変更(昔に戻した)
・メルクリン車両・ポイントの操作モードを追加
・MM1対応処理の追加
・DCCのパルス生成処理を更新
posted by yaasan at 20:07 | Comment(0) | 鉄道模型

ZXBM5210向けKeep Aliveコンデンサ

ぬっきぃさんが開発・評価を進めているZXBM5210対応のワンコインデコーダ4.1ですが、集電不良に対する安定性があまり良くないという結果が出ています。

原因は、コンデンサ容量がモーターの負荷の大きさに対して小さいことが推定されています。モーターからの電流や電圧の戻りを吸収できないので、自爆してしまう、という問題です。まあ、よくあることなので、容量の見直しや回路パターンの工夫で対策するしかないのですが、これについては、私の方でもスマイルデコーダを使って確認を進めていこうと思います。

確実で手っ取り早い方法としては、Keep Aliveコンデンサを装着するのがよいということで、前に作った基板を見直して、電解コンデンサに直付けできる形を書いてみました。5mmピッチの、秋月で言うところの25PK1000MEFC10X16(25V, 1000uF)がそのまま使えるデザインにしてみました。

KeepAlivePCB_r2.png

まだ妄想段階で、製造は掛けてません。

■追記

1mmほど、縮めてみました。サイズは10x9mmとなってます。3.5mmピッチのコンデンサは、2〜3mmほどはみ出ますが、一応は使えると思います。

KeepAlivePCB_r2b.png
posted by yaasan at 07:16 | Comment(2) | 鉄道模型