デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年04月13日

保護者会

秘書が副業で忙しいので、私は副業をサボって、若手アルバイトがお世話になっている学校の保護者会に行ってきました。保護者90人中、父親は2人だけです。私の時代なら、父親は確実にゼロでしょうね・・・。

で、保護者会の冒頭に、なぜか校長先生が出てきて15分ほど長々と冗長なお話をいただきました。今回は心をつかむ分かりやすく良い話をしてくれると期待しましたが・・・。

保護者会では、1年生によくありがちな道草食わないように気を付けてくれとか、いろいろな注意点を説明して頂きました。なるほど、と思う事が結構ありましたので勉強になりました。

あと、印象的だったのが、先生の警戒心の高さでしょうか。「学校の先生は、敵ではありません!一緒に、子供たちを育てていきましょう!」と、本音トーク全開でした。そこまで言ってしまうかとビックリもしました。先生方もモンスターペアレントに悩まされているんだろうなあと、同情しました。

その他、「先生に何か言いたいことがあるときは、子供の前で出さないで、連絡帳に質問や疑問点は書いて出してほしい、緊急の時には学校に電話しても良いです。」、ということをかなり強めに言われました。子供は影響されやすいので、変に学校の場を乱すようなことがあってはいけません。大人同士の問題や疑問は、大人同士で話をするべし、というところなのでしょうね。

先生も人なので、保護者としてどうしても気になる事もあるかもしれません。そんなときでも心に余裕を持つために、鉄道模型やジオラマづくりをするとか、自動運転で楽しむとか、デコーダを車両に組み込むなどして、瞬間湯沸かし器状態にならないように広い心をもって臨むべきだと思います。イラ!っときたら、とりあえず模型を走らせて一呼吸しましょう。

副業先には無茶な仕事を押し付けるモンスター上司、原価割れを要求するモンスター顧客などなど、本当の倒すべき敵はたくさんいますので、学校の先生に目くじらを立てるなど愚の骨頂です。
posted by yaasan at 21:34 | Comment(0) | 日記

DSbluebox 在庫について

DSblueboxの在庫ですが、気が付いたら残り10個(模型市で販売の7台を除く)となりました。例のごとくケースの製造が一番の予算的なハードルのところで、DSmainR5.1のケース製造と時期が被って予算的に今月・来月の再生産はとても大変です。

超零細企業なのでケース製造のように10万円単位の経費は、とんでもなく大きな影響を経営に与えます。毎年、利益が出ない状況ですが、得られた収益は投資としてすべて研究開発費に投入しているのが大きな原因です。

初夏の7月ごろ再生産となると思いますが、急な需要の変動の場合には、ご迷惑をおかけするかと思いますので、ご了承をお願い致します。次回は100台を製造して、一年以上は持つようにしたいと思います。
posted by yaasan at 21:08 | Comment(0) | 鉄道模型