デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年04月23日

0423ホビセンフェスティバル報告

本日は0423ホビセンフェスティバルの音好きブースにて、DCC電子工作連合としてMP3サウンドデコーダV5を中心としたDCCデモ展示を行いました。

0423HobbyCenterFes1.jpg

おかげさまで、盛況でした。来週の4/29(日) 浅草で開催予定の鉄道模型市の様子見として来ていただいた方も多くいらっしゃっていただき、ありがとうございました。模型市当日はデモを見るのも大変だと思いますので、正解だったかと思います・・・。

0423HobbyCenterFes2.jpg

今回は、ニンテンドー3DSと同じサイズの超小型PC GPDWINを使ってDesktop Stationで自動運転してみました。
またフジガヤさんのS88マスコンを使って、お子様にクモハ40(釣りかけサウンド)を電車でGO!コントローラで運転して頂くなど、遊んでいただきました。

0423HobbyCenterFes3.jpg

MECYさんのDD51もディーゼル音を鳴らしながらがんばって客車を引いて走っておりました。

0423HobbyCenterFes4.jpg

ワンコイン、パンタスパークなど展示して、ご興味を持っていただいた方も多くいました。光物は重要ですね・・・今回は、日本型信号機が無かったので、模型市ではDCC電子工作連合のLEDの光物をたくさん置いて盛り上げていきたいと思います。
posted by yaasan at 19:07 | Comment(0) | 鉄道模型

ZXBM5210 無料頒布に変更

ZXBM5210は車載のモータへの使用には問題が多すぎることが判明したので、模型市での販売を中止し、無料頒布に切り替えます。

原因は、ZXBM5210のデータシートには現れない、内部の保護機能が貧弱であることと、それが車載デコーダと言う電源変動の大きい用途で故障という現象を引き起こすことでした。
ただし、モータを動かしているときだけ壊れるようなので、電流がほとんど流れないLEDなどのFL用途についてはそれほど大きな問題は起きないのでは、と考えてます。こちらは、自動試験治具を作成して、実験していきます。

DCC電子工作連合のデコーダ商品(MP3デコーダ、スマイルシリーズ、ワンコイン)をお買い上げの方は、無料でZXBM5210を頒布いたします。デコーダの基板1枚あたり1個を目安に、頒布を受けられます。

モータ向けには故障しますが、LEDや電球向けでは確実に壊れないかどうか、動作確認を進めてまいります。もし、ワンコインデコーダ等で確認してくれる方で、本日、ホビセンフェスティバルに来ていただける方がいらっしゃれば無料で提供いたします。なお、Webか当方へのメールでのフィードバック必須です。また、以前にZXBM5210の試験販売で購入された方は、無償で同数を提供いたしますので、ご連絡ください。

なお、車載モータ向けに使用する場合には、以下の改善策を入れることで故障を防止することができます。

・10uFのコンデンサを使用する
・Keep Aliveコンデンサを100uF以上装着して使用する。
posted by yaasan at 08:25 | Comment(0) | 鉄道模型