2017年06月23日

Micsig TO1102(交換品)が来た

Micsig社のTO1102を先々週に購入し、液晶に常点灯のラインが入る故障があり、さらにWifi無効・メモリ制限がある状態なので、サポートに連絡して交換をしてもらいました。経緯をまとめると以下の通りです。

結論から言うと、Micsig社は完璧なサポートで対応して、時間と手間は少々かかりましたが故障品を正常品にきちんと交換するように動いてくれました。迅速な対応に感謝します。

■購入と返品、代品到着までの経緯

6/3 AliexpressのMicsigオフィシャルショップで購入
6/5 発送
6/8 PM 到着
6/8 夜 液晶に故障を発見、Aliexpressのメッセージ機能を使ってサポートに問い合わせ
6/8 夜 30分後に返信あり、写真を送って確認依頼
6/9 AM 返品して返金か新品交換を選ぶように連絡。新品交換を選択。
6/9 PM 郵便局から発送
6/11 国際郵便局でバッテリ有のシール(半分はがしたもの)を見つけられて送り返されてくる ※バッテリの入っていないタイプを購入しています。
6/12 郵便局と交渉、再送付してもらうことで合意。
6/13 返品の再発送手続き
6/18 Micsig社到着、交換品手続きを開始する連絡あり。
6/19 交換品発送
6/23 交換品到着、動作確認で異常なしを確認

返品送付の時に、国際郵便局で差し戻しというトラブルがあったことがさらに事態をややこしくしています。なお、バッテリは非搭載のものでしたが誤認されたのが原因でした。バッテリ搭載のものについては郵便局経由では送付できませんのでご注意ください。

■到着品の動作確認

LCDに異常がないこと、Wifi・メモリに制限がないことを確認。完璧に動いてます。

20170623163603.png


posted by yaasan at 19:19 | Comment(0) | 工作

DSbluebox R4gファームウェア

DSblueboxの新ファームウェア R4gを近日中にアップデートします。

■変更内容

・リトライ機能を追加(0〜5回、デフォルトは2回)

■詳細

特にサウンドトラックス社のデコーダでエラーが多発する現象があります。DCCfestでも、持ち込まれたHOナロー車両にサウンドトラックスのサウンドデコーダが入っていましたが、エラーが頻繁に発生しました。国内でもサウンドトラックスユーザーが多いため、リトライ機能を追加してエラーの発生するビットの再読出しを行う事にしています。

なお、読み出し線路はきちんと清掃してあることが大前提ですので、ご承知おきください。

コアレスモーター対応については、入手でき次第、確認を進めます。電流があまり流れない・反応が非常に速いという事を仮説として立てていますが、データを取らないと何とも言えないところです。値段が高いので気軽に買えないのがつらいですね。

Aliexpressでは、15mmの長さの小型な12Vコアレスモーターが10個で9.6USDですがどうなんでしょうかね。
posted by yaasan at 06:52 | Comment(1) | 日記

2017年06月22日

半波整流にして電圧を下げる(※無負荷では下がらなかった)

ワンコインデコーダなどで、ZXBM5210が条件が悪いとすぐ壊れる問題で、原因はZXBM5210内部のMOS-FETがアバランシェ降伏で破壊される可能性が指摘されています。この発生条件は、モータのコイルの定数が影響しており、壊れるモータと壊れないモータがバラバラです。

双方向ツェナーダイオード RSB18Vを出力に付けても壊れるときは壊れる傾向にあります(複数の報告があり)

そろそろネタも尽きてきましたが、ZXBM5210は電圧が3-18Vで動くものなので、電圧を低くすれば問題がなくなるのでは?というアイデアがあり、手っ取り早くデコーダの内部電圧を下げる方法として半波整流への改造を行いました。

改造先は、ワンコイン4.0です。真ん中の2つの逆並列のダイオードを取っ払って、代わりに10uFのコンデンサを追加してます。実質的にC1が20uFになっているようにしております。

OneCoinCheaper1.jpg

モータを動かしてみると電圧波形は以下のような感じです。モータは無負荷なので、電流を消費しないせいか、電圧が想定よりも全然下がりません。

OneCoinCheaper2.png

ワンコインデコーダは、ダイオード2個を削った半波整流でも一応動くということは分かりましたが、負荷が結構軽いと電圧が落ちないので、ご注意ください。逆に言うと、負荷が軽い用途には半波整流で十分かもしれません。

■ZXBM5210の結論

・LEDや電球などの負荷、両極性用途には特に問題なし。(半波整流と組み合わせることで、安く作れる一番良い用途)
・ZXBM5210の出力にツェナーダイオードを付けても、サージが大きいモータでは壊れる
・ZXBM5210が壊れないモータもある(ブラシや内部の構造が良い、サージが少ないモータ)

モータ用途にはBD6231F-E2をお使いください。両極性のLED負荷(先頭車とか)にはZXBM5210は安くて適任です。
posted by yaasan at 06:04 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年06月21日

DSmainR5を無線化するアイデア

DSmainR5やDSoneを無線化できないか、というアイデアはよく言われます。分かります。

ふと、フジガヤさんのS88マスコンをベースに、ATMEGA328PをESP-32に変更してWifi無線サーバーにした方が早いんじゃない?と思いました。やることはそんなに多くなく、以下の作業をするのみです。今までの資産があるので、もしかしてまじめにやったら1週間でできそうな??

・5V->3.3VはDC/DCでやるべきと考えているが高い。Wifi使用時の電源が300mA消費なのでDSmainR5.1に繋げられるS88は1台だけになりそう。
・S88の処理をESP-32に実装(外部割込みを使う)、全ピンに外部割込み充てられる?
・S88マスコンの制御処理を移植する。
・Webサーバー機能を実装する。確かフジガヤさんが前にESP-WROOM-02でやっていたような。その時は、パワー不足と安定性で断念でしたが、32になってパワーアップしているのでアッサリ動くのでは??
・たぶん冷却が必要、ファンで風を当てて強制空冷するのが良さそう。

適当に描いた回路図は以下。
S88WifiBoard_r1.PNG

※上記は、あくまで妄想です。
posted by yaasan at 07:58 | Comment(1) | 鉄道模型

2017年06月19日

中華の電子負荷を使ってみる

購入のいきさつなどはこちらからどうぞ。

今日、60Wの電子負荷が届きました。電子負荷自体ははんだ付け済みですぐに動く完成品ですが、ケースは自分で組み立てます。さっそく一緒に頼んだアクリルケースを組み立てました。

まず、土台にねじで固定します。
EleLoad1.jpg

横のカバーを取り付けます。コネクタがあるので、ちゃんと合うものを選びます。

EleLoad2.jpg

仮組していきます。問題なければ下の土台と脇のカバーを仮固定します。

EleLoad3.jpg

ここで注意点。負荷の配線は事前につなげておくことで!なにせ、ケースに入れるとねじ止めできなくなります。

EleLoad4.jpg

配線をねじ止めしたらケースの組み付けを再開します。以下のような感じで完成です。

EleLoad5.jpg

まともな説明は、Aliexpressの製品ページにしかないので、簡単に自分の使う範囲だけで解説します。

■必要なもの

・ACアダプタ
・DCC出力を電子負荷にする場合は、ダイオードブリッジが必要。ショットキーバリアのものが良いです。

■使い方

ACアダプタを差し込むと、電源が入ります。ブザーが入っているので、ビーと音を立てて起動します。で、赤いタクトスイッチがRUNスイッチで、アクリルケースに入れてしまうと押しにくいです。ダイヤルは押し込めるようになっていて、アンペア(1の桁)→アンペア(0.1の桁)→ボルト(1の桁)→ボルト(0.1の桁)で遷移します。コマンドステーションやデコーダの負荷に使う場合は、アンペアのどちらかに遷移させておけばOKです。

コマンドステーションにつないで、RUNスイッチを押すとファンが回って実際に負荷を取り始めます。ダイヤルを回すと指定した桁のアンペアを大きくできます。普通は、0.1の桁を選んでおくのがイイでしょう。右に回すと、負荷を大きくできます。

表示されるのは実際に食っている電流値になります。電圧は電流に合わせてフラフラ動いていると思います。

私はOCのチェックなどエラーを確認したいので、少しずつ回していくと、DSmainR5などは自動的にOCとなってエラーになり、出力を停止します。急に出力が止まると、電子負荷はブザーで警告を出してくれます。なんて分かりやすいんでしょうか!!

EleLoad6.jpg

■まとめ

この電子負荷は超イイ買い物でした。なんでもっと早く気付かなかったのか悔やまれます。デコーダの電流負荷テストにも良いでしょう。

さっそくDSmainR5のバグを見つけてしまいました。これから直したいと思います。

■使っている様子

posted by yaasan at 20:18 | Comment(0) | 工作