2017年06月07日

電子負荷

今日、副業先でバイトをしていたところ、以前に一緒に仕事をしていて、今は遠くの工場に異動した先輩から相談メールが来ました。

内容としては、大型機械の冷却装置の動作試験で4kWの負荷をどうにかしたいが、よくやるダイナモを使った構成は難しいので他の手は無いか、というものでした。

そういえば、電源の設計部隊がよく電子負荷を使っていたなあと思って、菊水の電子負荷を紹介しておきました。

ふと、「これ、コマンドステーションやデコーダの試験にかなり使えるんじゃ!?」と思い立ちました。
デコーダだと、20W未満、コマンドステーションだとDSmainR5レベルだと定格で80W以下になります。

ネットでサクッと買えそうなのは、7000円程度のvshopuの60Wのデジタル電子負荷です。

われらのAliexpressだと何かないかなとみてみると、なんとvshopuと全く同じ写真のものが17USD!!安いです!!さらに、裸で使うにはちょっと辛いと思っていたところ、対応するアクリルケースが別売りで7USD!完璧じゃないですか!!

もうポチるしかない!ということでポチりました。開発の負荷試験で、電子負荷が無くてモータをたくさんぶんぶん回したりGゲージを取り出したりして配線地獄で本当に困っていたので助かります。ちなみに、このショップ、DIYな計測器をたくさん売ってて面白いですね・・・。

もっと容量が大きい150Wクラスのもあります。30USDです。

これらのDIYな電子負荷は、KMOONというメーカーのものなんですね。ホームページは出てこないので、小さい会社なのかもしれません。

なお、このような電子負荷を使う注意点として、上記は全部、直流の電子負荷です。なので、デコーダやコマンドステーションの出力をつなぐときは、全波整流回路を通す必要があります。じゃないと、PWMやDCCの高周波電流が入って、下手すると壊れちゃうかもしれません。またコンデンサで平滑化も必要かもしれません。
バッテリーテスター用途がメインのようですので、基本的にはピュアなDC電源にする必要があるので、平滑化は必須な感じがします。まあ、ダイオードブリッジ(ショットキーのようなVfが小さいのが好ましいです。ここで発熱して無意味に負荷になってしまうので)と35Vより上の耐圧のコンデンサ(50Vくらいがいいと思います)を付ければ完成なので特に気にするまでもありませんが。
posted by yaasan at 21:00 | Comment(2) | 工作

業界初?

とある模型メーカーが、業界初でwifiのカメラを量産型鉄道模型に入れたそうです。

マイナビニュース:
http://news.mynavi.jp/news/2017/06/02/280/

たとえばrocoのwifiカメラ搭載車両は、少なくとも日本ユーザーの手元には2016年1月にはありましたけど、何が業界初なのでしょうか?

海外は業界に入っていないんでしょうか。国内業界初?このシステムはNゲージ用、もしくはアナログ用だから別と言いたいんでしょうか。
posted by yaasan at 11:42 | Comment(0) | 鉄道模型

DSoneR3の状況

先月、製造依頼を掛けたDSoneR3が完成したようです。DCCfest2017の展示には、間に合いそうです。

今回、製造費用を抑えるために、抵抗やコンデンサ、ATMEGA328P、セラロックなどの細かい部品のみ、Elecrowで実装してもらいました。ACS711や、TB6643KQ、レギュレータ、LCD、コネクタ類は、こちらではんだ付けするか、超上級者向けで部品キットも用意する予定です。

DSoneR3_PCBA1.jpg

DSoneR3_PCBA2.jpg

DSoneR3の最大の特徴は、LCD上部がくりぬかれているところです。ここに、USBシリアル基板をドッキングして、使用します。USBケーブルが左右に当たっても簡単には外れないようになってます。

完成品は9800円を予定しています。部品キットは6500円、はんだ付け基板のみ(サポート不可)は3500円程度を考え中です。

フジガヤ2さんのS88マスコンを接続するためのDSjoyにも使用いただけます。
posted by yaasan at 06:42 | Comment(0) | 鉄道模型