2017年06月09日

Micsig TO1102が届いたが・・・

今日は、つまらない出稼ぎ仕事をサボりまして、ちょうどいい小ぶりのスルメイカが売っていたのでイカメシを作りつつ、Micsig TO1102がなんと、もう届いたので、さっそくいじっておりました。

TO1102_0.jpg

TO1102_1.jpg

先にちょっとトラブル事案がありました。箱を開けて電源を入れたところ、なんと液晶に変なラインが入ってます。これは、液晶内部配線の断線ですね・・・。運悪く、不良品を掴んでしまいました。

TO1102_LCD_broken2.jpg

TO1102_LCD_broken.jpg

他にも、カタログ仕様と違うところがあります。

・28Mptsのメモリなのに、14Mptsに制限されている(ハード的には行けるっぽい。なぜ有効でない?)
・wifiがアクティベーションされていない(日本では電波法で使えないのでONにはしませんが、なぜ入っているはずの機能が入っていない??)

上記は、サポートに確認中です。そのほか、一通りの機能は試しまして、一応それなりにきちんと動くことは確認しました。微妙に反応が悪くなる事もあるので、その辺はソフトを改善して頂くところかなと思ってます。

20170609140426.png

あと気になったところを箇条書きします。とある電機メーカーで出稼ぎしているエンジニアである管理人が、本気で仕事につかえるかという視点で見てます。

・結構筐体が熱くなる。ファンがちょっとうるさい。まあ、もっとうるさいオシロはたくさんありますが。
・デルタの電源で、PSEマークも入ってました。日本でバッチリ使えます。ただし、コネクタ形状は中国のものなので交換が必要。一般的なミッキー型です。
・電源やUSBの端子に全面カバーがついているので邪魔。取ればいいだけなんですが。もしかしてIP22とかの機能がある??
・RUN/STOPがたまーに反応が悪くなる。通常はそんなに問題にはならない。どういうときになるかは不明。
・サクサク感は、そこそこ。キーサイトのオシロの方がにサクサクですね。横河やテクトロよりは速いです。
・カーソル操作が意外と大変。指でだいたいの位置を合わせて、液晶の中のボタンで微調整ですが感覚が無いので分かりにくい。まあ、分かっていたことですが。
・ファイル管理ツールがアプリで用意されている。意外と使えそう。
・ビデオで録画できる。

よくあるオシロの機能はだいたい入っていて、作りもよく考えられていると思います。あとは、タッチ操作をもっと軽快にサクサクなるようにチューニングをしてもらえれば、問題ない水準になると思います。

あと、バッテリ内蔵を基本的には想定しているようなので、できればバッテリー内蔵で買った方が幸せになれると思います。ACアダプタは、やっぱり邪魔ですね。

---------------------------

とりあえず液晶の断線は、致命的に困るのでサポートに連絡して、症状を見てもらってますが「こんな症状初めてなんです」とか言われており、ちょっと困っているようですが、どちらにしろ、交換か返金か選べるとのことで、話を進めてます。なお、サポートは超早いです。30分で返信が来ました。

■追記

とりあえず新品交換してもらうことにしました。郵便局からEMSで送り返しました。3kg弱なので、4300円もかかりました・・・。幸か不幸か、バッテリ有だと相当使えることは分かったので、差額でバッテリ内蔵型にできないか確認中です。

あと、wifiと28Mptsが有効でないのは、向こうの出荷時の初期設定ミスのようです。なんか、いろいろチェックがズボラになっている感じです。今までのスマホオシロのようなトイオシロとは違う、かなりプロにも耐えうる良い製品のポテンシャルを持つものだと思うので、もう少しキッチリやっていただきたい、という期待を込めて返品などの面倒な作業もやっております。

交換品が届きましたら、詳細レビューをしたいと思います。28Mptsは、DCCパケットをダラダラ見るには絶大なはずです。ソフト開発環境やAPIを公開してくれたら、あれこれできるので嬉しいところですが・・・。
posted by yaasan at 14:22 | Comment(0) | 工作

メルクリンユーザー向けに朗報!!

当社が以前販売していた、メルクリンのモバイルステーション2向けのPC接続キットである、MS2接続キット(Railuino キット)ですが、MZI NET SHOPさんが、安価に実現しました。

すぐに接続して遊べる完成品が、7500円(送料別)で一式が手に入るようになりました。

・Arduino UNO 互換品(スケッチ書き込み済) 【\4,000】
・CAN-BUS SHIELD 【\2,000】
・CANケーブル 【\1,500】
・S88シールド (準備中) ←L88相当になる部品です。S88-Nに対応。価格はMZI NET SHOPさんに確認ください。

railuino_1.jpg

■こんな方にお勧めです。

モバイルステーション2をすでに持っている方で、以下の課題をお持ちの方:

・モバイルステーション2(MS2)に不満のある方
・CS2が手に入らず困っている方
・CS3を購入するには予算が足りない方
・CS3を買ったが操作性や拡張性に不満な方
・メルクリンの機関車、mfx車両で自動運転をされたい方

■メルクリンって何?

日本のトミックスやカトーのNゲージしか遊んでいない人は、聞いたこともない、もしくはどこかで聞いたかも、というレベルだと思います。

メルクリンは、ドイツにある世界最大の鉄道模型メーカーです。主にHOゲージで、3線式という独特の専用レールを使っているのが特徴で、その他のメーカーが採用する2線式と車両の互換性はありません。この3線式レールは、集電不良に凄まじく強く、レールの接続も子供でもできるくらいにガッチリとしていますし、安定した走行と独特の世界観で、欧州を中心にシェアを50%程度取っている企業です。2線式のNゲージやHOゲージのTrixやGゲージのLGBなどの傘下企業があります。

日本ではNゲージが主流なこともあり、あまり目立ちませんが、熱狂的なファンがいらっしゃいます。私もメルクリンのレールシステムを中心に構築してます。(コマンドステーションは自分のものを使用)。

■モバイルステーション2って何?

メルクリン社の入門キット(スターターキット)を買うとついてくる、DCCとメルクリンモトローラ(旧規格のMM1,MM2)とmfxに対応したコマンドステーションです。





機関車登録数が10個までで、画面もそれほどリッチではないので、入門用として位置づけられています。メルクリンの入門キットはかなりお買い得なので(日本で買う場合はその限りではないですが)、メルクリンユーザーならほぼ確実に持っているものです。

■お値段の比較

・CS3は日本国内のお店で95,600円、これに専用電源で1万円、これだけだと自動運転はできず、外部アダプタのL88(60883)を追加で+11,800円が必要です。合計、117,400円。かなりの額です。なお、当社も一式そろえましたが、あまりにも画面や操作で使いにくいので、ぶっちゃけると、ものの30分で、すぐ飽きました。



・MS2接続キットは、7,500円+S88シールドの代金。桁は間違えてません。全部ひっくるめても1万円いきません。ソフトは、Desktop Station Softwareを使用しますので、ソフト代金は無料です。



1/10の価格で、パソコンですべて自動運転や制御をプログラミング、設定できますのでサクサクと実現できます。使いやすさ、作ったプログラミング情報を共有するなどの機能には自信があります。


■入手するには??

このキットを使うと、超多機能な環境を実現できるため、当然ながらCS3が売れなくなるので、一般の模型販売店では売ってません。

以前は当社で販売しておりましたが自社機器に専念するため、2017年春に懇意にしていたMZI NET SHOPさんに移管を行いました。

今現在は、MZI NET SHOPさんにメールで注文となります。ページの一番下にメールアドレスが記載されてます。

■質問のある方は??

Desktop Station Forumをご利用ください。もしくは、MZI NET SHOPさんにお問い合わせください。

当社では、サポートを終了しましたので、有志もしくはMZI NET SHOPさんからの対応となります。
posted by yaasan at 07:06 | Comment(0) | 鉄道模型