2017年06月11日

送り返したはずの、バッテリ非搭載のMicsig TO1102が国際郵便局から返品された

郵便局で返品したはずのMicsig TO1102ですが、国際郵便局から返送されてきました。私が頼んだものは、リチウムイオン電池非搭載のタイプで、起動させて確認しても、バッテリ未登載の画面表示で、ACアダプタを引っこ抜けば即電源OFFでした。どう考えようが郵便局で送り返されるはずはありません。

どうも、リチウムイオン電池搭載と誤認されて返ってきたようです。もう一度、送料を払って返却する(また返却されるリスクあり)のはアホらしく、やるべき対策はありません。ということで、送料の4300円を加えて、45000円をドブに捨てることとなりました。ZXBM以来、完全に選択ミスをやらかしてしまいました。

ポジティブに解釈すると、もしかすると絶対に返却してはいけない、という鉄道模型の神様のお告げかもしれません。ということで、諦めて断線LCDを我慢しながら使っていこうと思います。Aliexpressの評価は、☆1つにしました。メーカーとして論外の品質、返却も実質的に不可な状況なので。

もしDesktop Stationの立場でしたら、製品自体に問題があること・返却がいろいろややこしくて難しいことをメールや写真で確認したうえで、返却作業は無しにして、同等品を再送付しますけどね。

Micsigオフィシャルショップがやらかしたミスは以下の通りです。1つや2つだけじゃないのが凄いところです。

・LCDに断線があるのに出荷した(そもそも校正をちゃんとやったのか怪しい)
・バッテリ非搭載なのに、バッテリ搭載のラベルを貼って送ってきた 注:郵便局のお姉さんがフォローしてくれたのでこれが原因ではないよう。
・Wifiが無効になっていた。
・メモリが制限付き(28M->14M)になっていた。

まだなんかありそうです。今年は、ZXBM5210を大量買いして損失を出したり今回のオシロで4万5000円を無駄にするなど、手痛い出費が多すぎです。これなら、最初からつまらないけど、間違いはない鉄板なキーサイトを買っておけばよかったと後悔です。

まあ、これもお勉強しましたし(反省はあんまりしてませんが)、皆様にもネタを提供できたので、良しとしたいと思います。

なお、ZXBM5210ですが、故障を抑制させるテクニックをへのへのもへじさんが公開されてます。なんと10円で故障が防げます。DCCfestでは、もうオシロもダメダメなのでヤケクソで、ZXBM5210ばら撒き祭りを開催しますので、ぜひとも来場していただければと思います。
posted by yaasan at 20:41 | Comment(0) | 日記

DCCfest2017で、DesktopStationの商品が購入できます

DCCfest2017では、事前予約制で商品を販売いたします。送料なしで、そのままの価格で購入できます。一部商品は帰りにケーキセットを食べて帰られるように、キャッシュバックを実施します。

オーダーページ経由で備考欄にDCCfest2017で引き取りと記載いただければ、準備いたします。メールで注文いただいても構いません。予約は、6月14日までにお願いします。

-----------------------------------------------------
・DCC/MMシールド 3500円
・DSbasic 3500円(残り1点限り特価)
・Arduino UNO互換品 500円(ノーサポート)
・DSone R2 完成品(残り1点特価) 9800円ですが1800円をキャッシュバック!KAZUケーキセットx2相当無料!
・DSblueboxキット 10800円ですが、800円をキャッシュバック!KAZUケーキセット相当無料!
・DSbluebox完成品 15800円ですが、800円をキャッシュバック!KAZUケーキセット相当無料!
・DSmainR5.1キット 19800円ですが、800円をキャッシュバック!KAZUケーキセット相当無料!
・DSmainR5.1完成品 24800円ですが、800円をキャッシュバック!KAZUケーキセット相当無料!

※値引きした額をお支払いいただきます。ケーキセットを食べる際は、ご自分で清算となります。
posted by yaasan at 08:10 | Comment(0) | 日記