2017年06月12日

Micsig TO1102(LCD壊れてる)を我慢して使う

Micsigのサポートの人に、一応、「もうだめぽ」と連絡したところ、「まだあきらめないで!!信じて!!今オフィスでみんなと相談してる!!明日、また連絡するから!!」と言っていますが、郵便局は飛行機に載せるのを拒否しているのにどうするのか・・・。Fedexだと送ってくれるようですが1万円越えです。

とりあえず、もう送り返すのは諦めたので、使い勝手を良くするためにいろいろいじってみました。

・邪魔だったコネクタのカバーは簡単に外れました。このカバー、防水用ではなく防塵用でしょうね。
・DC12Vで動きますが、5Aの結構大きいACアダプタで取り扱いが面倒でした。消費電力を見ると、AC100V側で見ている限り12W前後をフラフラで、12V/1Aが通常消費のようです。なので、模型でいつも使う12V/2A(24W)のACアダプタで問題ないということでアダプタを変えました。たぶん大きいのは、4ch版やバッテリ内蔵タイプの充電で必要なんでしょうね。
・筐体を立たせるための傾ける冶具がダサい、動きがよろしくない。というか、筐体の細かい部分が妙に作りが悪いです。角の青いところは実はカチカチに硬いので、パッと見、ショック吸収しそうですがそんなことはありません。
posted by yaasan at 19:26 | Comment(0) | ガジェッド

EMSで「差出人に返送」となったとき

国際郵便局から返送になって届いたものには、紙も何もなく、理由も何も書いていませんでした。

PostOfficeSendBack.png

しかも、なんといつもなら書留やEMSは絶対に、人がいないと渡さないのに今回は宅配ボックスに無理やり詰め込んで入っていました。こういう時は自由なんですね、郵便局さん。

ただ、到着時に貼られていた懸念してたバッテリー搭載貨物のシール(※私が頼んだのはバッテリ非搭載)はガムテープで隠されてました。郵便局のお姉さんが隠してくれたようです。

明日、電話して確認しますが、タブレットの形をしていたので、問答無用で送り返したのかもしれません。バッテリが入っていないのに、です。ということで、タブレットのように見えるものは、問答無用で送り返してくると覚悟した方が良いと思います。たぶん、タブレットだけでなくスマホもでしょうが・・・。

とりあえず、Micsigにこの経緯は伝えたいと思います。返却できないので諦めますと。
posted by yaasan at 17:54 | Comment(1) | 日記