2017年07月10日

Nextミント缶

世界最安3100円のミント缶DCCコントローラの次を、そろそろ考えないといけないなと感じています。

日本でのDCCコマンドステーションのデファクトスタンダードであるKATOというかデジトラックスのDCS5xシリーズの牙城を切り崩すことが、ミント缶の次世代機に求められる使命だと思います。

だいたい、D102が2万円弱なので、1万円弱でケース付というのが最低ラインなのでしょうが、ケースの製造費用は基板を作るよりもコストがかかっていて、DSblueboxですら完成品15800円というのはかなり無茶した価格であります。2016年に、スマイラーさんの協力のもと、勢いでケースを作ってしまって回収を兼ねているからこそ実現しているのであります。DSjoy計画もちょっと紆余曲折で立ち消えですし、どうにかならないものかなと悩み中です。

今のところの解決手段としては、ミント缶コントローラという立ち位置は死守したうえで、あのサイズに徹底的に機能を入れ込む、という方法もあります。表面実装部品を導入すれば、部品はだいぶ小さくなるので、桁数を3桁に増やすとか、ボタンを増やすとかができると思います。

7セグのチラツキ問題や、桁数が増える課題については、TM1637という7セグドライバチップを使うと、簡単にArduinoから操作できるようで、しかもピン数もI2C経由で大幅に減らせるので良さげです。

変更妄想案:

・7セグ4桁化
・LED表示(ポイント、ロコ操作切替)
・ボタンを増強(5個→10個くらい??DCS50Kは20個+DIR)
・電源スイッチ廃止(DCS50Kに電源スイッチないので。)
・フィーダーはEU端子台にする(最近の当社のブームなので)
・CV読み出しは部品代が跳ね上がるので入れない。DSblueboxを買ってください。
・表面実装部品はほとんどはんだ付け済みのキット商品にする

posted by yaasan at 21:27 | Comment(6) | 工作