2017年07月28日

表示デバイス

表示デバイスは、いろいろあるのですが、大きさ、情報量やピン数、価格という面でいろいろ考えながら採用をしないといけません。

今は、LCDと7セグLEDの2種類ですが、備忘録として残したいと思います。

■LCD(キャラクタ型)

DSblueboxやDSmainで使用しているもの。数百円程度で、表示も多機能。
グラフィック液晶は、メモリがとんでもなく消費されるので、あえて未使用。

■有機EL

グラフィック型しかない。以前、0.96インチのものをDSmainに採用を検討したが、コンスタントに同じ部品が入手できないという大問題があり、断念。最近は入手性については改善した感じに見えます。LCDよりちょっと高いですが、非常に見やすく、情報量も多いので、みなさんが一番喜ぶ表示方式なはずです。

■セグメントLCD

7セグのようなLCD。カスタム品が多いので、実は汎用的に売っているものが多くなく、意外と高い。
消費電力としては7セグLEDより設計しやすい、サイズも大きくしやすいです。

■7セグLED

ミント缶で採用。100円未満で安いのですが、配線を凄まじく使うので困りものではあります。
先日、I2Cで制御できるIC内蔵型 7セグLEDモジュールを入手できたので、これを使えば消費電力以外は解決です。

■HMI型液晶デバイス

Nextionのようなものです。非常に高いですが超高機能です。コマンドステーションに使うには高すぎるので、スロットルや、専用HMI的に使うのが良いかもしれません。

-----------------------------


posted by yaasan at 08:39 | Comment(0) | 工作