2017年08月10日

鉄道模型マーケット規模

NamelessCityさんが紹介している、xBusinessの鉄道模型市場の実態と展望では、100億円程度という指摘になってます。

KATOやTOMIXの売上と比較すると、たしかにその程度だなと思います。そして、ヨーロッパ市場では300億円弱という指摘もあります。米国も、調べてないですが200億円とかそんな規模なんじゃないでしょうか。全世界で1000億円に到達していない、非常にニッチで小さな市場というのが実情だと思います。

まあ、最近、いろいろ思うことが有りますが、この金額規模なら、たしかにそうだな、と思ってしまいます。それぐらいの小さなマーケットです。模型分野は、前から気になってましたが電気がかなりおろそかです。この金額では、まともに電気・ソフトのエンジニアを必要な分だけ投入できないです。きちんと人材を確保できるのは、KATOやTOMIXといった大きい会社か、模型以外にベースとなる仕事を抱えている会社くらいじゃないでしょうか。

もし、模型メーカーが電気を強化したいのなら、今定年を迎えた電気やソフトのエンジニアをどんどん雇うべきです。そうすれば、かなり加速すると思います。

ちなみに、女性シェアが圧倒的な手芸市場は、ビジネスジャーナルの「手芸ビジネス、なぜ密かにブーム?ゲーム市場に匹敵」によると、4000億円(2014年)だそうです。模型市場の40倍!!です。

金もうけだけを考えるなら、確実に市場が大きいところに参入すべきです。が、ちょっと手芸は・・・デザインセンスが無いもので・・・。ユザワヤと言う意味では、過去に鉄道模型も手芸も同じではありましたが。
posted by yaasan at 05:57 | Comment(6) | 鉄道模型