2017年08月12日

Aliexpressでトラブル中(部品が入っていない)

AliexpressのKELI electronicsというところから、ATMEGA328Pとヘッダーピンを頼んだのですが、ヘッダーピンだけ先に届いて、肝心のATMEGA328Pが届かないので、今日、どうなっているのか確認したところ、店が送ったと言い張る一方で、まったく話が進みません。

たまに2つに分割してくることもあるので(他の店ですが)、うっかり写真も撮り忘れており、エビデンスがない状況です。

ヘッダーピンは数百円の激安のものですが、ATMEGA328Pは今回はかなり大量に発注しており(40個)、金額が7000円近くです。

これはかなりヤバイことになってしまいました。こういう安いものだけを送って、送ったフリをするあくどいことをする店とは、思いもしませんでした。今まで2回使っていたので、信用したのが間抜けでした。

Dispute_Aliexpress.png

ちょっと7000円弱を店のミスなのに失うのは、かなりキツイですね。写真を撮らなかったのが本当にくやまれます。

なんか今月は、こちらの責任ではないのに、損を被ることが多いです。

■追記

悪徳ショップのKELI electronicsは、完全に無視を決め込みました。7000円の被害です。まあ、命取られないだけ良いですが。妙に安い理由は、こうやって、何度か買った客に安心させたと見せかけて、比較的高額なものを送らないことで、利益を上げてるのでしょうか・・・。

私も写真を撮らなかった非はありますが、こうやって安いものだけを送って、ミスを誘うのがいかにも詐欺師って感じですね。Aliexpressのシステムも、全部書留で追跡できるようにして安心感を出してますが、中身がきちんと入っているかの証明には何もならないですしね。

皆様も気を付けましょう!中身が2分割されるとか思わずに、写真はしっかり撮りましょう!

まあ、日本の模型屋さんでも悪いことしているところがありますけどね・・・。詳しいことは書けませんが、7000円どころじゃなかったですが。
posted by yaasan at 23:46 | Comment(4) | 工作

デコーダ開発ボードの後継を勝手に指名

以前に、デコーダ開発ボードなるものを作ってましたが、ぶっちゃけ、今はAtmelStudio用のAVRの書き込み機としてか使っていない状況になりつつあります。ちょうど2年前に作っていたんですね・・・懐かしいですね。

DCC館のあやのすけさんが、このたび、デコーダテスターをリリースされてます。しかも数千円と爆安です。MP3デコーダやワンコインデコーダなど様々なデコーダを考慮した設計になっているのが最大の特徴です。X in 1になっていて、私も全部把握しきれていませんが、たくさん入ってます。

なごでんさんのページでレビューがありますが、MP3デコーダ用のマイ独自スケッチを作るのに便利だと思います。

腕に自信のある方は、ぜひとも入手して、MP3デコーダのディーゼル、SLスケッチをガシガシいじって楽しい機能を実現してはいかがでしょうか。LEDギミックのスマイルファンクション用にも抜群の相性ですね(当たり前ですが)。マニアック過ぎますが、こういうことができるのが、DCCのメリットでしょう。

DCC連合のデコーダ類は、自分でソフトがいじれますので、どんどんカスタマイズして、いろいろな機能を追加して楽しんでいってもらえればと思います。

私の作ったデコーダ開発ボードも、役目を譲れて本当に良かったです。
posted by yaasan at 20:07 | Comment(0) | 鉄道模型