デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年09月19日

DSmainR5.1C2の基板製造

DSmainR5.1について、いろいろとお問い合わせをいただいております。

三連休ということで大きめに時間が取れたので基板のリビジョンアップ作業をしておりました。フジガヤさんからの情報で、10月頭はElecrowが秋休みだそうなので、急いで基板発注も済ませました。

DSmainR5.1C2_AW.png

変更点は以下の通りです。

@基板の左サイドをカット

基板面積を小さくするためカットしました。コストダウン準備です。まあ、50pcs以上の大量生産時しかコストは下がらないのですが、使ってないのでカットしました。

A電流検出ラインにLPFを実装

MCoreではピークの電流監視、Nano側ではユーザー設定の電流監視機能(1A-8A)を持ってます。
DCCパルスのノイズが良い感じに乗ってくるので、フィルタを入れてノイズカットを狙ってます。

B直流電圧検出部分の位置を移動

大容量コンデンサの下にあった抵抗を、空いていた左側に持っていきました。ついでに、よく6.8kと1.2k抵抗値を逆に間違えてはんだ付けしていたので、備忘録として抵抗値を基板にシルクで書いてます。なんか初心者向けキットみたいですね。

CUART端子をI2Cに変更

トミックスのTNOSのシステムでは、I2C端子が用意されているようです。この端子、あんまり使われていなかったのと、S88マスコンの登場でスロットルはお役御免になったということで、I2Cに変更していろいろ使えるようにしよと思っています。

たとえば、DSmainR5.1をもう一台持ってきて、ブースターモードにするとかができるようになります。他にも、汎用のI2Cデバイスを持ってくることも想定できます。

-----------------------------

基板が来て、動作確認を済ませてから再開にしますが、しばらくお時間を頂ければと思います。
posted by yaasan at 07:26 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年09月18日

ミント缶DCCコントローラ移管完了

ミント缶DCCコントローラをTwayDCCさんに移管しました。

TwayDCC頒布ページ

ご購入の際は、TwayDCCさんにお問い合わせください。キットのみですが、完成品を希望の方は交渉してみてください。

ミント缶DCCコントローラの次世代版を今後は企画されるという事で、楽しみです。
posted by yaasan at 21:08 | Comment(0) | 鉄道模型

スマホ Huawei P10 liteを購入

秘書のスマホNexus5(2014年3月購入)が最近、電源がいきなり切れたり、画面が映らない等調子悪いという事で、早く新しいのを買わないと仕事にならないと言われ、仕方なくスマホを注文しました。

今回買ったのは、HuaweiのP10 lite サファイアブルーです。アマゾン(NTTコムストア)でなぜだか妙に安い24,624円でした。価格コムでも最安値は28000円台なのにです。レビューには、充電LED点灯不良とか書いてありますが、まあ、そんなのファームウェアで簡単にアップデートするでしょうから気にするまでもないです。

なんでHuaweiにしたかと言うと、最近勢いがあるからです。基地局の装置がメインでしたので、技術力もきちんとあるのと、前に買ったMediaPad M1はモッサリしていて、いい感じにゴミパッドでしたが、今ではだいぶ良くなったと思ったからです。

ちなみに私は2012年に3900円で買ったGalaxy Nexusを電話専用機にして我慢しております。
posted by yaasan at 19:27 | Comment(0) | ガジェッド

個人でジオラマを楽しむ時代へ

DesktopStationのコンセプトは、「気軽に自宅の机の上で、鉄道模型を自動運転」です。だからDesktopStationなのですが。

今年、一番の大きなDCCの仕事は、あるジオラマ向けのDCCポイント制御システムへの機材提供(以下の図)です。たぶん前代未聞の150のポイントを持つところです。詳しい話は言えない事になっていますので、ジオラマ展示をしているところを総当たりして探していただければと思います。

MM_TurnoutSystemStructure.png

この制御システムを、仮の話ですが、たとえば三菱電機のMELSEC-Q系を使う前提ですがモノタロウで買って組むとすると、だいたいDSmainR5.1 x1とDSturnout x60と同じくらいの機材自体の費用になるのですが、設置コストで凄まじく差が出てきます。

うちのシステムの場合、DCCなので配線本数は、太めの2本線をジオラマ全体に引き回すだけで良いのですが、MELCSEC-QとDO出力モジュールで組むと、配線本数が150x3=450本になります。MELSEC-Qには交流出力モジュールが無いので、+コモン線と抵抗を介して接続が必要です。なので、配線途中に抵抗を設置するので、配線工数はさらに増大します。チェック作業工数も膨大です。

よって、作業工数はイコール、マンパワー費用に直結します。マンパワーが一番高いのは皆さんご存知のことです。

機器コストで見ると数万円程度で大きくは変わりませんが、設置工数では圧倒的に当方のシステムが優位と言うのが、上記の仕事をして分かったことです。ポイント数が大きければ大きいほど優位です。

----------------------------

まあ、上記仕事はいろいろあって、結局大赤字で、みなさんに払っていただいたコマンドステーション代金で穴埋めする結果になりました。DesktopStationは、今まで通りのBtoC専門として行く決心ができました。やはりコンセプト通り、ご自宅の自分だけのジオラマ・レイアウトで楽しんでいただくためのシステムを提供していきたいです!

今は大量生産・大量消費から、多種多様な選択肢から人それぞれが自分で選ぶ、個の時代です。ジオラマもレンタルや外で見るのも悪くは無いですが、自分だけが楽しめるものを作って楽しむ贅沢が得られる時代になっていると思います。

とりあえず今は、自分がお手本になるような、トランクレイアウトを考え中です。NかZかで、システム一式をA3のトランクケースに全て組み込んでPCレスで自動運転するものを構想中です。スケールはあまり関係なく、自動運転&設置やパターンの修正が簡単というところをメインにしようと思ってます。
posted by yaasan at 07:58 | Comment(3) | 鉄道模型

2017年09月17日

FM音源モジュール

一応、ギリギリ、PC-9801世代(良くいじっていたのはEPSON互換機ですが)の私は、FM音源をよく楽しんでおりました。RPGツクールに付属のFM音源ドライバや、FMPとかいろいろありました。

そんな懐かしいFM音源を楽しめるキットが秋月に登場しました。

ヤマハ製YMF825使用FM音源LSIモジュール

鉄道模型用を考えると、イヤホンジャックが邪魔なのと、価格が3240円と、ちょっと高いですね。YMF725-Eのチップ代だけなんですから、1500円くらいにはしてもらわないと・・・。というか、YMF725-Eだけ売ってくれないんですかね。周辺回路は、水晶発振器とコンデンサ、抵抗くらいでかなりシンプルです。

Aliexpressで一時期、10pcs 47.8USDで売っていたようなので、チップ単価は500円とみて間違いないでしょう。まあ、全部入りの高級チップで超マニアックな用途ですから、そんなもんですよね。なごでんさんが使っているMP3チップはもっと安いですが、汎用にいろいろ使える大量生産の恩恵だと思います。

スマイルデコーダベースでFM音源DCCデコーダを作る場合は、スマイルコネクタがSPIなため、そのまま繋げると衝突します。なので、ダンピング抵抗1kΩ程度をYMF725〜ATMEGA328Pの間に挿入して、スマイルライタ装着時は通信できないようにする感じですね。UART端子はデバッグや汎用性確保のために引き出しておく方が良さそうです。

と言う事で、YAMAHAにはチップのみの外販と、あと有志によるDCCデコーダ化を期待したいです。用途は駅メロディぐらいでしょうが・・・。
posted by yaasan at 14:50 | Comment(3) | ガジェッド