2017年09月10日

レゴの模型を買った

8月下旬から息子の抗がん剤治療も始まり、もう2週間過ぎました。1週間過ぎるころから、抗がん剤の影響で脱毛するとのことでしたが、特に髪に変化なく、今に至ってます。そのほかに特に吐き気などの副作用もなく、元気に院内学校にも通い始めていて、今のところは順調です。副作用の影響がなく元気なのが、本当に家族のメンタル面でも大きな救いです。

金・土の夜は、私が添い寝しております。なので土曜日は基本、昼間は寝てます。平日は残業はしてませんが、普段通り仕事をしているので、なかなかじっくり休めない生活が続いてますが、致し方ないところです。

さて本題ですが、息子が暇つぶしにレゴを欲しがっていたので、ついでならと鉄道タイプのレゴを買ってみました。闘病中の息子のためですが、実は私も小さいころ、ずっと気になっていてほしかったものです。

LEGO_PowerFncTrain60098.jpg

当然ながら、私が買ったとなるとハックしたくなるのがエンジニア魂というもので、調べてみると、赤外線のライブラリが結構公開されてます。今回買ったのは2007年以降にリリースされたPower Functionsシリーズのシステムだそうです。ライブラリも、ちゃんと合わせないといけないと思いますが、とりあえず以下に並べます。

- Power Functions
- LEGO Ir

さっそく、組み立てたい・・・・と思いましたが、息子が組み立てるのを楽しみにしているはずなので、実際にハックするのは息子が全部組み立ててまずは遊び始めてからになります。ということで、当面先になります・・・。

今月末に、2泊になりそうなので(外出禁止、生もの禁止など厳重なルールあり)、外出できない暇を解消してもらおうと思います。

IRのLEDがArduino側に必要となりますが、なんかつい最近、秋月に浜松ホトニクス製の超強力赤外線LEDが入荷したようです。これ使うと、あんまり飛ばせる距離を気にしないで制御できそうです。IFが300mAって、どんだけパワフルなんですか(汗)普通の5Vじゃあ、ドライブできないのでフルパワーで光らせられないですね・・・。トランジスタを使ったモータ駆動回路風にLEDを制御してやって動かす感じになりそうです。
posted by yaasan at 18:34 | Comment(0) | 鉄道模型