デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年09月17日

FM音源モジュール

一応、ギリギリ、PC-9801世代(良くいじっていたのはEPSON互換機ですが)の私は、FM音源をよく楽しんでおりました。RPGツクールに付属のFM音源ドライバや、FMPとかいろいろありました。

そんな懐かしいFM音源を楽しめるキットが秋月に登場しました。

ヤマハ製YMF825使用FM音源LSIモジュール

鉄道模型用を考えると、イヤホンジャックが邪魔なのと、価格が3240円と、ちょっと高いですね。YMF725-Eのチップ代だけなんですから、1500円くらいにはしてもらわないと・・・。というか、YMF725-Eだけ売ってくれないんですかね。周辺回路は、水晶発振器とコンデンサ、抵抗くらいでかなりシンプルです。

Aliexpressで一時期、10pcs 47.8USDで売っていたようなので、チップ単価は500円とみて間違いないでしょう。まあ、全部入りの高級チップで超マニアックな用途ですから、そんなもんですよね。なごでんさんが使っているMP3チップはもっと安いですが、汎用にいろいろ使える大量生産の恩恵だと思います。

スマイルデコーダベースでFM音源DCCデコーダを作る場合は、スマイルコネクタがSPIなため、そのまま繋げると衝突します。なので、ダンピング抵抗1kΩ程度をYMF725〜ATMEGA328Pの間に挿入して、スマイルライタ装着時は通信できないようにする感じですね。UART端子はデバッグや汎用性確保のために引き出しておく方が良さそうです。

と言う事で、YAMAHAにはチップのみの外販と、あと有志によるDCCデコーダ化を期待したいです。用途は駅メロディぐらいでしょうが・・・。
posted by yaasan at 14:50 | Comment(3) | ガジェッド