デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年09月30日

LCRメータで測定

ポイントマシンをLCRメータで測定しました。

家にあんまりポイントマシンが無いのと、息子にあげたKATOのNゲージポイントが行方不明なので、ちょっと探さないといけないので、今は以下しか測定してません。

エンドウ #5603 4.066mH, 12.26Ω(1kHz) 3.108mH, 7.08Ω(10kHz) (モーター)
カトー #2-503 2.880mH, 12.01Ω(1kHz) 1.450mH, 60.63Ω(10kHz) (ポイントマシン)
カトー EP481-15L 13.22mH, 59.23Ω(1kHz) 4.55mH, 256.2Ω(10kHz)

測定器: DE-5000 + TL-21

高周波になると、#2-503は抵抗値が上がるようです。キャリアもちょっと考慮しないといけないかもしれません。

他のポイントマシンも見て、検討していきたいと思います。

■追記

#2-503は、明らかに抵抗値が1/5程度に低いです。電流が流れすぎているようです。Dutyの調整か、電圧を落とす必要がありそうです。
posted by yaasan at 14:13 | Comment(0) | 鉄道模型

デミオがパンク

秘書がデミオのタイヤがおかしいというので、確認したところ、タイヤが微妙に凹んでました。どうみてもパンクです・・・。よく見ると、釘のようなものがフロントタイヤにぶっ刺さってます。

Demio_Punk20170930.jpg

息子の病院添い寝で、ちょうど外出中だったので、整備士免許を持つ弊社会長に電話したところ、以下の手順をアドバイスされました。

(1)スペアタイヤがあるなら交換して →パンク修理キットしか入ってないので×
(2)自走できる空気が残っているならまずは近くのガソリンスタンドへ行く。釘は抜いてはいけない。
(3)空気が残ってないなら、パンク修理キットで空気を入れる。釘は抜いてはいけない。

空気はまだ残っていて短い距離なら走行できそうだったので、(2)を選択し近くのガソリンスタンドへ行きました。タイヤ修理はすぐにはできないとのことだったので、見てもらったところ、空気をたっぷり入れておけば、数十キロは問題なく走行できる状況とのことでした。

釘の刺さったところが、タイヤの厚い部分だったのが幸いしていたようです。空気を入れてもらい、ちょうどガソリンも入ってなかったので満タンにしてもらい、外出先から家のそばのマツダに向かいました。

開店直後に行って、修理を依頼しました。ちょうど、お客さん待ちでエンジニアが空いていたのですぐに対応してくれて、2500円で修理してもらえました。

抜いてもらって出てきたものはなんと木ネジでした。しかも、先が尖ってます。パンクした位置は、タイヤのど真ん中なので、クルマへの直接のいたずらの可能性は低いです。ただ、木ネジが尖っていたので、もしかするとばら撒いた悪意を持った人がいるのかもしれません。木ネジをとがらせるのって、やすりで削らないといけなくて結構面倒なんですけどね・・・。釘の方が楽なのですが。

マツダの人曰く、木ネジだと空気が抜けやすいのですぐわかるが、釘だと空気が抜けにくいので気づかず走ってしまって、だいぶ経ってから発覚するケースが多いそうです。しかも、抜けきって走行してホイールまでダメにしてしまうことも多いとのことでした。うちのデミオは、ホイールまではダメージが無かったのが幸いです。

どちらにしても、最初のガソリンスタンドのおっちゃんと、マツダの人には感謝です。ありがとうございます。次もマツダ買います。アクセラのSkyActiv-X+安全フル装備かな。
posted by yaasan at 11:24 | Comment(0) | 日記