デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年10月03日

人が減っていく

昼間の仕事で、社外のとある委員会の委員をやってます。

この数か月で、あの超有名電機メーカー所属の方々がどんどん委員を辞められてます。この委員会はイキのいい若手が選ばれてくる委員会です。ちょっとどうなっているの、っというくらいに委員会もメチャクチャな状況です。

もう、この委員会に何人もいたあの超有名電機メーカーのメンバーはゼロになってしまいました。

端から見ていたら、うちの会社の方が危ないのにどうしてだろう、と首を傾げたくなります。最高益とか言いながら、すさまじいコストカットで、さすがにどこかの緑の会社のように水とトイレットペーパーまでは削減されませんが、人件費と開発費は減る一方なので、非常に心配してます。

他の会社の心配をしておいてなんですが、よく考えればうちもどんどん中堅・若手が辞めてます・・・。もう、9〜10月だけで身近な2人が辞めました。この半期で、一緒に仕事をしてきた仲間4人が辞めました。・・・もっと増えるでしょうね。
posted by yaasan at 20:02 | Comment(0) | 鉄道模型

オーストラリア・リバプールでの鉄道模型イベントレポート(元八さんより)

DCC連合メンバーの元八さんから、オーストラリアで先日の土日に開催されたリバプールでの鉄道模型イベントの写真や情報を提供していただいたので、転載いたします。

---------------------------------

Sydney Model Railway Exhibition
・9/30-10/2 (3日間)
・オーストラリア・シドニー近郊リバプール

会場の様子:
1001_Exhibition2.jpg

1001_Exhibition1.jpg

レイアウト:
1001_Layout1.jpg

1001_Layout2.jpg

1001_Layout3.jpg

NCE.jpg

・DCCの普及率は40%くらい、その他はメルクリンデジタル、アナログが占めるとのこと。
・DCCではアメリカNCEとオーストリアRocoの2台巨頭のシェアが大きい
・ジオラマづくりと走りが主体、日本のように車両キットや造形はそれほど大きくない
・来場者の平均年齢層は60以上のように見えた
・DCCを使っていても、レイアウトの配線は凄まじかった
・日本が完全に浦島太郎に見えるほど、デジタル化・コンピュータ制御が進んでいたそうです。

-----------------------------

元八さん、オーストラリア出張でお忙しいところ、情報提供ありがとうございました。
posted by yaasan at 07:10 | Comment(0) | 鉄道模型