デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年10月07日

USBaspをArduino IDEで書き込み装置として使う

DSoneやDSwatch用に専用のスマイルライターを作るのが面倒なので、安価なUSBasp互換機でどうにかならないかなと思って、やってみました。

USBasp_driver5.jpg

USBasp互換機は、Aliexpressのまいどお馴染み、BAITE ONLINE STOREで爆安3USDです。
スマイルライターも、これベースにした方がなんか楽なんじゃないかと一瞬、思いましたが、以下に説明しますがドライバのインストールで、気を付けなければいけないところなので、スマイルライターの方が既存ドライバ(スマイルライターはUART経由で動く方式)だけで動く分、メリットは大きいです。

さて、届いたUSBasp互換機、そのまま差し込んでも、ドライバはインストールされないです。デバイスには×がつくはずです。

Zadigという汎用USBドライバをインストールしないとWindowsでは動かない。MacやLinuxは純正ドライバでイケるようです。

インストールの際、USBaspはPCに差し込んだままで大丈夫です。ただし、必ず、libusbK(v3.0.7.0) を選んでください。デフォルトのWinUSBではArduino IDEで正常に動きません。

USBasp_driver1.png

そのまま、ドライバインストールボタンを押せば、以下の通り終了します。

USBasp_driver2.png

以下のように、ドライバのエラーが出てなければOKです。

USBasp_driver3.png

Arduino IDEを立ち上げて、書き込み装置をUSBaspに変更すれば準備OK。

USBasp_driver4.png

これで、USBasp互換機を、AVRのライターとして使えるようになります。
なお、UART経由ではないので、ブートローダの書き込みと、書き込み装置を使って書き込む、の2つの書き込み方法しか動きません。普通のアップロードボタンは動きません。

USBasp_driver6.jpg
posted by yaasan at 21:18 | Comment(0) | 工作

Z21の分解写真

私は持っていませんが、ことあるごとに比較されるRocoのZ21の分解写真がネットにあがってました。

z21 von Innen

Pch MOS-FETが見えているので、MOS-FETドライバを使わない、よくあるフルブリッジ回路ですね。デジトラックスのコマンドステーションも同じパワー回路です。DSmainとは異なる方式になります。

CortexM3 100MHzのかなりパワフルなマイコンを積んでいるのが特徴的です。ATMEGA328Pの10倍以上はありますね。

なかなかお金のかかったイイ回路だと思います。材料コストでいうと、基板だけならザックリ4000〜5000円くらいでしょうか。ケース含めると、+1500円とかになると思います。これに、開発設計費やソフト、パッケージ、Wifiルータ、ACアダプタを含めるので、販売価格5万円というのは妥当だと思います。

まあ、うちの機器類の値段付けは、超小ロット生産で高コストなのですが、それには目をつぶって、かなりのサービスをしすぎてはいますが、DCC普及のためには致し方ないところです。個人・クラブ向けは値段を変えるつもりはまったく無いですが、付加価値を付けて再販する企業・業者向けには、それなりの報酬を頂かないといけない状況になりつつあるので上乗せ価格の設定を予定しております。ご了承ください。
posted by yaasan at 19:50 | Comment(2) | 鉄道模型

DScleanで、DCC車両をお手軽にクリーニングする

みなさん、DCC車両のクリーニングはしていますか??もちろんやってないですよね!?線路の汚れは、みなさんもよく見ていらっしゃると思いますが、車両の車輪側も忘れてはいけません!!面倒だからと汚れをほったらかしておくと、見る見るうちに車輪も劣化して、集電不良になります。トマランコンデンサを付けても、目に見えない絶縁被膜ができて汚れきった車輪では限界ですよ。

一番車輪の清掃を楽にする方法は、津川洋行のホイルクリーナーソフト君(N,Z,HO)を使う事だと思います。
海外だと、Roto Wheel Cleanerや、TRIX H0 92012 H0 Wheel set Brush

これをコマンドステーションに繋げて清掃することとなりますが、DCC車両だとアドレスを打ち込まないといけません。もし、アドレスを忘れたらアレコレどうしようとなり、面倒だと思います。

と言う事で作りました、DScleanです。

ボタンを押すだけで、勝手にアドレスを認識し、勝手にFWD,REVの走行命令を出してクリーナー上を走らせるように走行パターンを入れたコマンドステーションです。DSoneは最初からネタ的な要素で開発された製品なせいか、ゲテモノばっかりの機能を作ってます・・・。

JoshinWebのレビューによると、30秒くらい走らせると良いらしいので、16秒2セットで32秒程度、進行方向を変えながら走行するパターンをプログラムしました。

■スケッチ

DSclean_r1.zip
DSone、押すだけ君専用です。

■使い方

(1) レールクリーナー線路に車両を置いて、DSoneに配線します。
(2) 電源を入れると PUSH MEと表示されます。ボタンを押します。
(3) 自動でアドレスをチェックしに行きます。特に何もしないでOKです。検出エンジンはDSblueboxのものを使っているので、だいぶエラーは減ってます。
(4) 読み込みが完了すると、自動で、5秒サイクルのFWD,REVの走行を行います。

※注意
ホイールクリーナーで実験中、ホイールクリーナーと車輪の接触抵抗がかなり大きいようで、電流検出部がうまく動かない症状を発見しました。接触抵抗が大きいと、通常の消費電流が大きくなるので、微動の電流をうまく拾えないという現象です。たぶん、Ωオーダーの可能性が高いです。対策検討します。
posted by yaasan at 08:39 | Comment(4) | 鉄道模型