デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年10月22日

新たな道への挑戦 その1

DCCをもっと広めるにはどうすればいいか、よく考えましたが鉄道模型の枠組みでは難しい気がしてきています。
そこで、模型のカテゴリという大きなくくりで考えてみることにしました。

DCCは別に鉄道模型専用の規格でも何でもなく、モータを中心とした機器を制御するための通信と電源の規格です。つまり、動くものであれば、何でも応用が利くのです。

鉄道模型市場は、停滞と言うかこれからどんどん縮小が見込まれています。自分は確かに鉄道は好きですが、車だってそれなりに好きです。実は鉄道も、普通の人よりは少し詳しいだけで、細かい車両の番号とかそんなことはぶっちゃけ分かりません。クモハとかモハとかクハの区別も実はよくわかってません(あんまり興味が無く覚えない)。

ということで、いったん、鉄道模型を離れて違う模型にチャレンジしてみるべきだなと考えました。

そこで、ある模型に着目しました。小学生の時にトミックスのNゲージで遊びながら、たしか1度は手を出した記憶がある模型です。この模型から学ぶことは非常にたくさんあるのではと思います。なんと、日本の鉄道模型の8倍の市場規模を持つとんでもないデカさです。

その模型は、1/144のNスケールが主流のようですが、私はデカいものが好きなので、1/48のOスケールをさっそく手配しました。

後日、模型の組み上げをレビューしていきたいと思ってます。ハードルは非常に高いと思いますが、最終的には、あれこれとDCC化も考えていこうと思ってます。

やあさん、いっきまーす!
posted by yaasan at 21:17 | Comment(1) | 工作