2017年11月30日

ラズパイ用ソフトの設計

Raspberry pi 3B用のDesktopStationPi(旧dsgw.js, new DSpi)の設計を行ってます。
設計と言っても、どんなソフトを導入して、どう設定するか、という基本部分の設計のみです。

■使用するディストリビューション

ラズビアンベースのDietPiを使用。構築が終わったら、要らないパッケージを削除して、スリム化予定。
当面の目標は頒布サイズ100MB以下。

■対象ハード

Raspberry pi 3Bのみ。Wifi内蔵で楽かつ入手性も良い。安価(5000円)

■導入するもの・内容

・Node.js
・Node.jsアプリ自動起動スクリプト
・USBシリアル(USBtty)、自動認識処理 →参考サイト
・dsgw.jsの移植版(.js)。SPI部分を削除して、USBttyへのアクセス処理に変更。繋がればすぐ完了。
・wifi自動設定(APになる設定)
・DNSサーバー(IPアドレスではなく名前でブラウザアクセスするため)
・SSH
・ブラウザ(状態表示用)、ブラウザ自動起動

■開発スケジュール

のんびり、気ままにやります。
posted by yaasan at 08:30 | Comment(0) | 工作

2017年11月29日

海外発送再開します(International Shipping is now available!)

Sorry for inconvenience. Now international shipping is available.

Please contact us if you want Desktop Station hardware.
posted by yaasan at 08:45 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年11月28日

住鉱テックの中継コネクタCL104を買い足した

カトーのフィーダコネクタは、住鉱テックのCL104シリーズなことは、今年の始まりごろにここで紹介しましたが、在庫が尽きたので、発注しました。凝りもせず、今度は150個も手配しました。これで1年半は持つかなと。

オスよりメスの在庫が尽きたので、1:3の比率で買い足してます。

あんまり表立って売るものでもないのと、あと圧着工具が無いと作るのが大変なので、欲しい人や気が向いたらおまけで入れるという状況です。

値段は前にブログを書いた通りですが、商店街の八百屋のような感じで、いっぱい買ってくれた人やお得意様にはサービスで付けることもあるので、まあ、欲しい人は何か買うときに声をかけてください。
posted by yaasan at 21:27 | Comment(0) | 鉄道模型

トマランコンデンサのキットを販売します

トマランコンデンサ基板を販売します。

・キット 3pcs 300円(基板、2102 100Ω抵抗、ダイオード含む)

※コンデンサは別売りです。また必要に応じて、熱収縮チューブで覆ってください。

posted by yaasan at 07:49 | Comment(0) | 鉄道模型

2017年11月27日

Raspberry pi の鉄道模型制御システム(DSpi後継)

Raspberry piを使ったシステムとして、以前、DSpiというものをリリースしていました。

細かいことは、上記のページをみていただくか、以下の過去の記事を読んでいただければと思います。

DSpiボード R3b & DS for raspi (Node.jsアプリ)
DSpi用のNode.jsアプリを修正
DSpiの作例
Node.js用アプリdsgw.jsがRASPBIAN JESSIEで動かない

2015年くらいにNode.jsでソフトを作ってリリースしましたが、そんなに数は出ないので放置しておりました。ただ、最近は、ラズベリーパイ3BにWifiが標準搭載されたり、入手性も非常に良くなって秋月で買えます。

DSpiのようなこと(スマホでサクッと模型を運転)はできないのか、という問い合わせも複数寄せられており、そろそろ機は熟した、という状況なのかなと思いつつあります。

また、私も昼間の仕事場で、なぜかラズベリーパイの研修を受けたり、立ち上げしたりと、過去の知識を使って行うケースが増えてきました。Node.jsも進化してます。PCベースのDesktopStationSoftwareの代替手段として、ラズベリーパイ3Bによるシステムを立ち上げる時期が来たのかなと感じている次第です。

DSシールド、DSone、DSmainR5.1とUSBで接続する形とし、DesktopStationSoftwarePi(DS2Pi)のSDカードイメージをファイル&SDカード自体で頒布する方向でやっていきたいと思います。できることは、現状のDSpiの全てと、それに加えて、ブラウザベースでいろいろできるようにできたらと思います。ラズパイには、Wifiでアクセスポイントにつなぐ感じです。

mobileDS_concept1.png

ということで、SDカードイメージの試作を12月中目標で完成させますので、今しばらくお待ちください。
今のところ、軽量ディストリビューションのDietPiにNode.jsを導入し、USBシリアルの認識機構を組み込んだ形を考え中です。

なお、もちろんですが、ソフト一式は全て無料頒布です。ラズパイ3BやDesktopStationのハードウェアは、自分で調達ください。
posted by yaasan at 20:20 | Comment(0) | 鉄道模型