デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年11月20日

Micsig TO1102を使って半年近く

ご要望があったので、Micsig TO1102のその後の使い勝手をレビューします。前に使っていたOWON SDS6062の後釜ですが、最初のLCD初期不良交換後は順調に動いています。

非常に便利なのは、バッテリを内蔵している事です。OWONのもバッテリ追加できましたが、ケチって入れてませんでした。オシロに、バッテリはもはや必須です。便利すぎて、やめられません。バッテリ持続時間は、細切れで使用してますが、2〜3時間は連続で動くかな、という感じです。充電時間は5〜6時間かかります。

■使いやすい部分

・画面操作で全部できる、情報量が多いので、これが意外と便利。
・画面がデカいので見やすい
・バッテリ駆動最高。電源ケーブルつけるのなんて、もう考えられません。便利すぎてもうやめられない。
・無線LANで自動アップデートできる
・自動計測機能がメチャクチャ種類がある。Duty、周波数の表示も複数あって、波形の傾向をすぐつかめる。

■使いにくい部分

・起動時の変な画面(宣伝ぽいもの)がうざい
・(ある意味良いところですが)トリガ条件が多すぎて選ぶのが大変
・信号が残像で見える。設定変更しても何故か直らない。バグ?(設定変更したらいつのまにか直りました)
・稀に反応が遅いときがある。特にRUN/STOPボタン。静電式だから?
・画面キャプチャが2手順必要。下からスワイプさせてキャプチャボタンを押さないといけない。

■計測機能(Measurement)の例

以下のようにたくさんあります。何個も同時に計測してくれます。私はピーク値や、周波数、Dutyあたりをよくおいておきます。

20171121070555.png

■トリガ(Trigger)の例

ポジティブエッジ(Rise、立ち上がり)で引っかけました。しきい値電圧は、右側のLEVELというボタンを上下に動かすと調整できます。

20171121070433.png

■まとめ

オシロというよりも、データスコープに近い使い方になってます。もともと、横河のDLシリーズとか日置のメモリハイコーダとか使いまくる昼間の仕事が多かったので、自分のペースにはすごく合ってます。

本当は、いつも使っているメモリハイコーダ欲しいですが、デカいし個人で買うには目玉が飛び出るくらい高いです。でもまあ、Micsigでも、十分便利で自分の使い方の中では十分です。

一応、それなりの電気製品を昼間に作っている私がちゃんと使えているので、5万円弱という価格と性能を見た限りで、ホビーユースでは全く問題ないと思いますよ。あんまりいうとテクトロの知り合いに怒られちゃいますが、中華製が欲しいと思うような方には、テクトロの激安オシロはお勧めできません。中華製と比較して、メモリが全然無いので、特に広範囲を見たい(=DCCのパケットを見たい)という用途に対しては苦労して使うことになると思います。
posted by yaasan at 18:29 | Comment(1) | 工作