デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年12月18日

昇進試験に不合格

平社員から主任に昇進する試験、見事に落ちました。点数は、5点満点中、2.7点でした。プレゼン、技術、分析のレベルが標準より低いとのことでした。しかも、運命的なことに、審査は、自分を昼間の会社に10年前に入れた人でした。この人がいなければ、今の会社には絶対に入っていないです。

入社してからの経験をフル活用した新機種開発の仕事を成果として発表しました。私が開発していたいくつかの新技術を3つほど投入し、超短納期完成を実現した自慢の成果です。これが見事に、不合格という結果となり、完全にプライドもズタズタとなり、昼間の会社にいるモチベーションが無くなりました。

来年のオプションとしては、@模型以外の何かを探して起業し仮面サラリーマンを演じていく、A新しい会社を探して転職、の2つがあります。

色々な方と話をして、来年一年間かけて決めていこうと思います。家族は、現状の維持を望んでいるので、@が濃厚そうです。

なお、家庭も仕事も、さらに今年は模型で大きな損失もあり2017年完全にダメダメということで、人生初で頭を丸めました。
posted by yaasan at 12:52 | Comment(0) | 日記

中華DIY電源を買った

秋月のDCDCコンバータキットと100円ショップの貯金箱で、簡易電源を持っていましたが、ちょっと使いにくいので、ちゃんとしたDC降圧電源を作ることにしました。

AliexpressのRD Official Shopで以下のものを購入しました。どうも、このショップはこのDPSという電源メーカーの公式オンラインショップようです(電源を入れると、この店のロゴと同じものが出るので)。

DPS3005 26.5USD
DPS電源ケース 22.96USD

梱包。電源の説明書はありますが、英語と中国語です。まあ、適当にいじれば使い方もわかると思います。

PSupply01.jpg

中身。ケースへの組み込み方が全く書いてません。ただ、まあ、見ればすぐわかりました。

PSupply02.jpg

PSupply03.jpg

部品がいろいろ入ってますが、実は電線が足りてませんので車内にあるものを追加しました。

PSupply04.jpg

まず、端子を取り付けていきます。

PSupply05.jpg

PSupply06.jpg

ファンもねじ止めします。

PSupply07.jpg

電源スイッチが、実はうまく入らず、ケース側を少しやすりで削ってからはめ込みました。まあ、たいしたことはないですが、公差をちゃんと考えていないのか、もしくは加工精度が悪いのか・・・。

PSupply08.jpg

このケースには基板がついてます。どうも、ファンと電源スイッチを挟み込む機能を持っています。
KEYに、電源スイッチへの配線(極性はなし)、大きいIN+とIN-は、端子に直接取り付ければ良いサイズでしたので、端子にねじ止めしました。ファンは、2.54mmピッチのヘッダを付けて取り付けました。DC出力は、一番左下の+とーの部分が該当するようです。

PSupply09.jpg

PSupply10.jpg

以下のように線をはんだ付け。

PSupply11.jpg

組み込み完了。

PSupply12.jpg

動かしました、電圧精度は、まあ、テスタやほかの電源と比較して、パッと見、±0.01Vですが、余裕の5%以内なのでOKでしょう!

PSupply13.jpg
posted by yaasan at 08:29 | Comment(0) | 工作