デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年12月22日

Superトマラン(妄想)

デコーダの瞬低防止機構である、トマランコンデンサキットが、結構みなさまに好評で出荷しております。コンペチターのDCCメーカーが、とんでもない金額で販売されていることや、MP3デコーダに使う場合には、突入電流を抑えるにはこれしか選択肢がない、という事情もあるとは思います。当方としては、普及を優先しているので、かなり安価に設定しているからかもしれませんが・・・。

トマランコンデンサを使っても、「どうしても止まる!!」とお困りの方もいるんじゃないかと思います。
そこで、トマランを超えるトマラン、Superトマランなんてコンセプトも必要じゃないのかな、と思っています。Nゲージには無理ですが、HOやO、Gゲージには適用できるんじゃないかと思ってます。

SuperTOMARUN_Concept.png

仕組みは、バッテリを電源として昇圧し、コンデンサに充電し放出する機構を持つのみです。懸念事項は、モバイルバッテリは常に出力を出しているわけではなく、電流が止まると出力を遮断する動きを持つことです。

Eneloopプロや、そのOEM元商品のFDKの富士通充電池 黒とかがベストと思いますが、これから供給してやるような感じです。

充電機構を持たせると大変なことになるので、あくまでも電池は取り外して交換する、という仕組みにして、回路をシンプル化することが重要と思います。

■Superトマランの仕様

・モバイルバッテリ(5V) or ニッケル水素電池 単4x4 (4.8V)
・充電機能なし(必ず電池は外して自分で充電)
・昇圧機構(12V基準、微調整は抵抗変更で実施)
・トマランコンデンサを空っぽにしないことが基本機能。
・トマランコンデンサの補充時間は有限(30秒、60秒など)。ずっと充電しない。
・線路から供給されるトマランコンデンサの初期充電が起動トリガ

posted by yaasan at 19:27 | Comment(2) | 鉄道模型