2018年01月01日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

旧年中は、弊社製品をたくさんの方に購入いただきました。ありがとうございます。
2018年は、よりいっそう、楽しいデジタル鉄道模型の提案をしていきたいと思います。

■昨年の反省(2017年1月1日記事)

まあ、人生で最大の一番になりそうなとんでもない厄災年でしたが、模型については以下の通りです。

○ DSboxシリーズを本格的にリリースします。
→無事、DSblueboxとしてリリースしました。

× DCS50Kと競合になってしまいますが、オールインワンコマンドステーション「緑箱」を後半までにリリースします。
TwayDCCさんにミント缶を移行しましたので、ミント缶後継機にこのコンセプトを託します。

△DSmainR5は、白い箱という名前に変えませんが、R6として基板の表面実装化やコネクタをリニューアルします。液晶はバックライト化します。これに伴って、キット価格は上がりますが、半完成品になるので使い勝手はよくなるはずです。
→R5.1と小規模改変にとどめました。

△DSoneは、同じハード・筐体で、押すだけ君(モデルスSHIMA限定品)、DSone、DSjoy(フジガヤさんと協業)の3種類で継続していきます。
→DSoneはあまり活躍しませんでした。

○DCC/MMシールドは、そのまま継続となります。
→後継・廉価版のDSシールドが誕生してしまいました。

■今年の目標

昼間の会社は、妄想の数値にこだわるオジサンばかりなので、数字を使わずに目標を出します。

・鉄道模型のマイナー派であるコアな電子工作ファンにターゲットを絞る
・デジタル鉄道模型向けオープンハードウェア世界シェアを大幅に獲得する
・今年後半のDSmainR5.2で、有機ELを搭載し、ユーザーをそこそこ獲得する。
→既存機種からのアップデートパスも提供予定。自分でやればそんなに掛からずにできる。
うすうすのDCCデコーダ(ちょっと卑猥ですね)をチームで開発する。
・Superトマランを暖かい頃にリリースする
・ラズパイ用DesktopStation(無線制御ソフト)を花の咲く季節にリリースする

またべからず集として、今年に限らずやらないことを以下に示します。

・ビジネスとしてOEM、製品開発依頼は受けない。
・借金はしない
・問屋に卸さない(=全国流通に乗せないという意味)
・昼間の会社は手を抜くが、夜は手を抜かない

------
posted by yaasan at 09:43 | Comment(0) | 日記