2018年01月02日

DSmainR5.1を有機EL化

秋月電子でOLEDが発売されました。実は2015年末のDSmainR5シリーズの開発中、同じOLEDを選定して採用を考えておりました。

当時は、OLEDが品薄で、必要な品質の量を十分に確保できないので、なくなく断念しましたスマイラーさんが一番悲しんでいましたが・・・。

秋月でふんだんに購入できるようになったので、今回、OLED対応を進めることにしました。

元旦はひとりぼっちで暇だったので、最新版のファームウェアをOLED対応させるように修正しました。まだ完全に直しきっていませんが、とりあえずOLEDで動くようになってあります。

DSmainR5.1のケースが、残り10数個なので、この次のケース製造ではOLEDを採用します。

■ダウンロード

既存DSmainユーザーは、OLEDに液晶を取り外して交換することができます(540円+配線)。ソフトは以下のものをArduino Nanoへアップロードしてください。

DSMeister_R5.1_r6.zip
DSMeister_R5.1_r6b.zip

※OLED専用ファームウェアです。液晶を取り外して、上記のOLEDに差し替えてください。ピン並びが微妙に違うので、注意して配線してください。特に変換基板などは不要で、配線するのみです。

■変更内容

・Fujigayaさん指摘のDSJoy用に受信処理・指令デコードを変更(未テスト)
・OLED用にLCDソフトを変更

■OLEDへの変更方法の注意点

・配線の並びが微妙に違います(VCCとGNDが逆です)
・リセットピンは使用しません
・OLEDのヘッダピンの飛び出た部分は、ニッパで切り落としてください。ケースに接触します。
・DSmainR5.1の最新版のケースでは、OLEDが上下サイズがぎりぎりです。表示しながら気をつけて両面テープなどで仮止めして取り付けください。
・DSmainR5のケースはOLED用に設計していたため、スムーズに取り付けできます。
posted by yaasan at 20:06 | Comment(4) | 鉄道模型