2018年01月12日

OLED用のライブラリ

DSmainR5.1やR5有機EL(OLED)化が好評で、嬉しい限りです。来週末には、もう少々、改善したファームウェアをリリースするつもりです。

TwayDCCさん 初仕事
・スマイラーさん 遅れ馳せながら、DSmainR5のLCDをOLEDに載せ替え!
トレジャーさん 今年最初の作業
など、他にも多くご紹介いただきありがとうございます。

このファームには、OZoledライブラリを使用しています。ネットで通常だと、u8glibが推奨されていると思います。

なんで、あえてu8glibを使わなかったのかというと、重すぎるからです。超多機能ですが、ROMを凄まじく消費するので、使いにくいと感じていました。そこで、シンプルで機能も最小限ながら使いやすい、OZOledを使用することにしました。私は「引き算の技術」「Simple is the best」をモットーにしているので、全部入りは避ける傾向にあります・・・。

使い方は、OLED対応のNanoスケッチを見てくれれば良いですが、簡単です。
inoファイルの宣言部で以下のように宣言します。


OzOLED LCD;


setupで初期化します。


/* OLED init */
LCD.init();
LCD.clearDisplay(); //clear the screen and set start position to top left corner
LCD.setNormalDisplay(); //Set display to Normal mode
LCD.setPageMode(); //Set addressing mode to Page Mode
LCD.printString("Desktop Station", 0, 3);
LCD.printString("Welcome aboard!", 0, 2);
LCD.printString("R5.2 FW4", 0, 5);


文字を表示したいときは、printStringを使うと簡単です。128x64ピクセルのディスプレイを8x8のマス目にした形で、文字を描画できます。X=横、Y=縦です(中学生で習うので常識ですが・・・)。なお、ちょっと違うのは、コンピュータの画面上の中心(X,Y)=(0,0)は左上なのが注意です。


LCD.printString("文字",X位置位置,Y方向位置);


128x64ピクセルのディスプレイなので、16x8=128文字を表示できます。AQM0802よりケタ違いに多いですね・・・。なお、アイコンを表示したり、図形を表示することもライブラリをいじれば出来ます。


posted by yaasan at 19:32 | Comment(0) | 工作

DCC技術構築のハードル

日本の鉄道模型メーカーは、何故、DCCを実現できないのか、海外からのOEMが多いのか、不思議に思う方がいるかもしれません。

DCCの技術を企業として持つためにはどんなハードルがあるのか、ご紹介します。そして、DesktopStationやDCC電子工作連合という個人の集まりが、おこずかいの範囲で、何故、鉄道模型企業を超える技術を持つことができるのか、お分かりになると思います。


まず、DCC技術は以下の技術要素で成立しています。

・NMRA DCCの仕様の理解、DCCコンフォーマンステスト対応技術
・組み込みソフトウェア技術
・デジタル回路技術(マイコン、通信)
・アナログ回路技術(電源、高周波、絶縁)
・DCAC電力変換技術(インバータ回路、パワエレ)
・ウィンドウズ等のPCソフト開発技術
・モバイル、Web開発技術

これらは、従来の鉄道模型で必要だった技術の何十倍も高度な技術が必要になります。鉄道模型メーカーに、これを全て埋めることは不可能でしょう。このため、外注やOEMといった形で技術導入をすることになります。

私はたまたま、昼間の会社や子供の頃からの趣味、アルバイトでこの全てのピースを埋める技術をたまたま持っていました。ただ、これを独り占めしても、自分でカバーしきれなくなるのは目に見えていたのと、昨今のオープンソースハードウェア(Arduino)をベースにすると、ツール類も揃っており、基本設計が流用できるので、大幅に開発工程を省略でき、一人である程度の部分は構築できる見込みが経ったので、コツコツとこの場で技術を披露しながら今に至ってます。

技術を隠さなかったのは、LGPLの事もありますが、DCC自体はオープンな物で、私は改造上等というモットーもありますので、皆さんにいじくり回してもらうことが、より発展に繋がると考えていました。

もう1つは、FusionPCBやElecrowといった個人向け基板サービスの登場です。これで本当に機器が作りやすくなりました。ぶっちゃけ、昼間の会社の超高密度基板といった品質は無理なレベルですが、DCC用途では、そんな過剰品質は不要ですし、設計レベルにおいてもマージンを大きく取ることで品質を問題ないように細工しています。

連合メンバーと会ってからは、技術のピースがさらに厚くなり、飛躍的にラインナップが広がり、DCCの機器は日を追うごとに充実してきています。これも、最初から狙っていましたが、こんなにコミュニティが急速に広がるのは予想外でした。また、メンバーの技術力凄まじく(バリバリのエンジニアばかりですし)、電気やソフトにおいて日本ではナンバーワンの模型向け電子技術を持つ連合体になったと思います。模型メーカーとの違いは、財力のみです!

企業は、基本的にオープンソースハードウェアを使いたがりません。ソースや回路図を公開しないといけない、技術流出が懸念されるなど、色々なしがらみがあるからです。大企業は必ずそう思うでしょう。となると、多額の費用をかけて、全て1からつくることになります。コマンドステーション、デコーダ一式で、ざっくりで、材料費、試作品、人件費などで数千万円以上は最低でも、かかると思って良いでしょう。このお金があれば、軽く、車両の製品ラインナップが増やせるので、リスクを考えれば…DCCに力を入れたがらないのは目に見えてます。
製造においても、基板も高品質な業者に頼むので、一桁上のコストになります。もう、ビジネスとして成立しにくいのは目に見えてますよね。

私は、個人のユーザーレベルが、オープンソースハードウェアで全てを公開し、そこそこの儲けを上乗せする形であれば、それなりに成立すると思ってます。コミュニティがうまく形成されると、市場ができるので、目先のボロ儲けを狙う今のよくある日本企業のようなことを狙わなければ、こじんまりとやっていけると思ってます。

私の魂胆を全て書いてしまいましたが、今後もオープンソースハードウェアで、全部さらけ出しながらステップアップしていこうと思っています。
差別化要素は、オリジナリティの部分でそれぞれ発揮していければよく、先日のレポートコンテストも、皆様のオリジナリティを垣間見れて、本当に面白かったです。これをどんどん継続して、鉄道模型趣味を単なる車両コレクションにする事なく、楽しい趣味に持っていければと思ってます。

今年は、新たにヨーロッパ戦略を検討しています。日本のDCC電子工作のマーケットとしては、だいたい行き渡ったかなと思っているので、海外の電子工作が好きな模型ユーザーをターゲットに、現地のコーディネーターと協力して楽しい模型ライフを実現していこうと思っています。

日本人が外圧に弱いのは、学校で習った歴史の通りなので(遣唐使、黒船、GHQなどなど)、欧州からの逆輸入作戦で今年はやっていこうと思います。
posted by yaasan at 08:41 | Comment(2) | 鉄道模型