2018年02月02日

吉牛

弊社は、吉野家ホールディングスの株主(0.00000000000000000000000001%)なので、半年に一回届く、株主優待券(1枚300円分)を使って、よく80円を握りしめて牛丼を食べてます。

今日、昼に吉牛に行ったところ、普段人がいないはずなのに、スマホを持った人がたくさん来ていて、タダで牛丼を食べてます。最初は意味が分かりませんでしたが、ソフトバンクのスーパーフライデーのイベント日だったんですね。

15年間、ずっとドコモユーザー、しかもiモードも入っていない900円の一番安いコースなので、auの三太郎の日とかソフトバンクのスーパーフライデーとかとは無縁の世界です。

混んでいるのはまあ、許せるんですが、店員さんが忙しすぎて、私が「黒カレー(並)」を頼んだら「牛カレー(並)」が出てきてしまい、ちょっと困惑でした。スーパー忙しそうな店員さんを、さらに混乱させるには心許ないのと、まあ株主優待券があるので、たいして財布は痛くもかゆくもないので、そのままいただきました。ただ、もし一般の人で、短気な方だったら怒り出してしまいます。

今度、株主のアンケートが来たら、一筆書こうと思いますが、普通の吉牛ユーザーと、現場のスタッフを大混乱させるようなイベントは、自重してもらいたいものです。今月は、あと3回も同じ事があるみたいですし。

私は、打ち間違えた店員さんではなく、ソフトバンクのせいで牛カレーを食べる羽目になったと思います。ソフトバンクは、うまいことやった気になっているでしょうが、その弊害がどこに行っているのかはよく考えた方が良いと思います。また、吉野家の経営層も、現場の負担を無視した施策を強引に進める点には大きな責任があると思います。

ちなみに、ソフトバンクのスマホユーザーさん、この牛丼代、回り回って自分で払っているってことは気づいているのでしょうか・・・。
posted by yaasan at 20:59 | Comment(0) | 日記