デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年02月07日

DSシールドをFlashAirでタブレット・スマホから制御する その2

DSシールドをFlashAirでタブレット・スマホから制御するで、15Vを使うとwifiが上手く動かないという問題がありました。

そこで、秋月電子で売っているSDカードシールド(Seeedstudio製)のC2が空きパッドだったので、470uFのコンデンサを半田付けしました。

DSshield_FAir_cap.jpg

これで上手くいくかと思いましたが、ACアダプタが12Vはほぼ安定、15Vの場合には、たまに動かなくなるケースがあります。やはり、ArduinoUNO自体の電源強化が必要っぽいです。DC/DCタイプのArduino UNOをどうにか入手するしかなさそうです。もしくは、DFRduinoのように5Vレギュレータが強いものを選定するのも効果的だと思います。

どちらにしても、FlashAirを使用する場合は、500mA以上の5Vの供給ができる形にすべきと思います。標準のArduino UNOやその完全互換機は、200mA程度しか流せないので、電圧を上げると余裕度が発熱のせいでどんどん減って、電流が取り出せなくなります。

新たに買うのも面倒ということで、BAITE UNO互換機を改造することにしました。VIN(DCジャック)から5Vに変換しているのは、AMS1117です。これを取り外して、より強固なLDOに変更します。DSmainR5.1で使用している、BP5293-50(5V/1A)を選定しました。電圧は15Vが来ようが12Vが来ようが、DC/DC方式で負荷急変にも強いので、安心して使えます。普通のLDOと違って、フルに1Aを流せるので、完全にFlashAir用には過剰スペックと思いますが、まあ、電子工作用ではあんまり財布にダメージの無い300円しないIC(で、実績もあるのと、DIPで使いやすいので選定しました。

AMS1117を取っ払います。Arduino UNO純正品も似たような物だと思いますが、改造するなら安い方が良いですよね。

DSshield_FAir_AMS1117a.jpg

取り外したら、配線して、BP5293-50に半田付けしました。配線はできる限り太いものを選んで、さらに長さを短くしてください。

DSshield_FAir_AMS1117b.jpg

浮いたまんまはかっこわるいですし、使い勝手が悪いので、強力両面テープで固定しました。

DSshield_FAir_AMS1117c.jpg

電源電圧を確認し、入力、出力ともに問題ないことを確認しました。

早速、FlashAirで動作確認したところ、15VでもWifiオンでも落ちること無く、安定して動くようになりました!LDOの発熱もなくなり、非常に良い感じになっております。

ということで、結論としては以下の通りです。

・Arduino UNOやその互換機の電源ICを交換して5Vの電源強化をすべし(0.2A→0.5A or 1Aくらい!)
・SDカードシールドに電解コンデンサを空きパッドに追加してFlashAirの電源を安定化させるべし
posted by yaasan at 06:59 | Comment(0) | 鉄道模型