デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年02月18日

DSシールド 品切れ中

DSシールドですが、品切れ中になっています。

中国は春節中で、これから製造手配を掛けますが、かなりの時間が掛かることが予想されます。

なお、注文予約は随時受け付けます。
posted by yaasan at 21:49 | Comment(0) | 鉄道模型

FlashAirアプリの開発を休止します その5

FlashAir W-04のファームウェアアップデートに失敗したので、いろいろ実験している件の最終まとめです。

□結果

・USBハブから潤沢な電源供給を行ったところ、正常にFlashAir W-04のアップデートが行われることを確認。
・ただし、バージョン確認が何故か3回発生。(VAIO Pro13のSDカードスロットでは発生せず)

□構成

パソコンは、問題が起きたWU2/B1で、内蔵SDスロットは使用しません。外部に電源供給可能なUSBハブ iBUFFALO BSH7AE03を使用し、500mA(0.5A)を供給できるようにしました。メモリカードリーダは、ELECOMのMR-A012です。

FlashAir_USBPStest2.jpg

DVDドライブを事前に繋げて、電流を確実に0.5A流せることを確認済みです。

FlashAir_USBPStest1.jpg

□消費電流

USB電圧電流計 KCX-017で測定した限りでは以下の通りでした。

アップデート準備 0.17-0.19A
アップデート準備完了直後 0.23A(max)
アップデート中 0.08-0.13A
バージョン確認1〜2回目 0.09A
バージョン確認3回目 0.15-0.17A

上記から言えることは、トラブルになっていたアップデート作業自体は電流はそれほど大きい値は観測されていません。ただし、かなりサンプリング周期はかなり荒いので、取りこぼしているだけも可能性としてありますが、傾向としては電流自体はそれほど全体として大きくは無いといえると思います。

□なんでこうなった?

F士通は、SDカードカードスロットのコスト低減で、USB周りの電源に手を付けたのだと思います。一方、T芝さんは、FlashAirの高速化や省電力化の両立、かなりのアクロバティックな動作をFlashAir W-04で採用したのだと思います。

F士通さんの名誉のために言うと、FlashAir W-03やその他のSDカード、たとえばT芝、SANDISK、transcend、Kingstonなどいろいろ差し込んでますがトラブったことは一度もありません。トラブルが起きるのはW-04だけです。

□まとめ

・F士通LIFEBOOK WU2/B1またはその兄弟機UHシリーズの内蔵SDカードスロットを使用して、FlashAir W-04をアップデートすると国内正規品であろうと廉価輸入品であってもアップデートに失敗する大きなリスクがある。なお、他のメーカーでも似たような症状が出る可能性は十分にありますので要注意です。
なお、ドライバ名は「BayHubTech/O2Micro Integrated MMC/SD controller」で、LenovoやT芝さんも含め、よく使われているモノみたいです。ハードも同じか、電源供給も同じかどうか分かりませんが。

・同じPCでも、内蔵SDスロットでは無く、外部にUSBメモリカードリーダを使って、さらにACアダプタ付きのUSBハブで電源補強すると正常にアップデートできました。よって、原因はSDカードスロットの電源の強さとみて良いと考えられます。

・なお、FlashAir W-03の通常のPCでの消費電流は0.15-0.17Aなので、そんなにW-04と大きく違うわけでは無いように見えます。USB電源にかかる負荷としては、マクロ的に見えればそんなに差異はなさそうですが、ちゃんとした測定器でないと見えないミクロの部分でファームウェアアップデートの動きがW-03とW-04ではだいぶ違うのかもしれない。ブラックボックスなのでよく分かりませんが。

ご参考:
・iMac27inch(年は不明)では正常にアップデートできるようです。
・VAIO Pro13 (2014)では、正常にアップデートできました。他のVAIOは分かりません。

□今後について

確実にW-04をアップデートする手段はUSBハブで電源補強というのは分かったので、FlashAirのアプリ&DSair開発再開も考えてます。ただ、壊れたW-04輸入版2枚は非常に悔しい。このまま素直に再開して良いものか、悩み中です。
posted by yaasan at 15:00 | Comment(2) | ガジェッド

FlashAirアプリの開発を休止します その4

ヨドバシカメラから、追加のFlashAir W-04国内正規品が届きました。弊社には合計5枚のFlashAir W-04が揃いました。うち、2枚死亡、1枚アップデート成功?、2枚未実施という状態でした。

FlashAir_w04_3pcs.jpg

早速、ヨドバシカメラから届いたW-04を若手社員のVAIO Pro 13(2014)の内蔵SDスロットに差し込み、アップデートをやってみました。結論としては、あっさりとトラブルなく、アップデートできました

今までフリーズして全く見られなかった、以下の画面が出てきました。

FlashAir_VAIO_1.png

FlashAir_VAIO_2.png

FlashAir_VAIO_3.png

ということで、PC(ここでは富士通のLIFEBOOK WU2/B1、たぶん兄弟機のUHシリーズも・・・)とアップデータの組み合わせによってファームウェアアップデート失敗のリスクがあり、破壊される可能性があることが確定しました。他に富士通PC持ってませんが、富士通のPCでFlashAir W-04のアップデートはとりあえず、やめておいた方が良さそうです。

まだ未アップデートのFlashAir W-04が残り1枚ですが、最後は、WU2/B1のUSBに、リニアテクノロジーのUSBアイソレータで電源絶縁&外部電源供給(0.5Aまで増強)し、なおかつUSB型の電圧電流測定器で電源監視をした状態で、ファームウェアアップデートを実施します。ファームウェアアップデートで電流がどれくらいまで上がるかがポイントになります。

なお、弊社にはSDカードリーダーが家に無いので、明日、出稼ぎ先にある私のモノを持ち帰ってきます。

--------------------------

PCに問題が無いか、CHKSDKよりSFCが良いと言うことで、やってみました。システムトラブルは特にないようです。


C:\WINDOWS\system32>sfc /scannow

システム スキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システム スキャンの検証フェーズを開始しています。
検証 100% が完了しました。

Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。


posted by yaasan at 11:59 | Comment(3) | ガジェッド