デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年04月29日

4月30日(月、祝) 鉄道模型市2018で展示・販売します

明日4月30日(月、祝)は、いよいよ鉄道模型市2018です。DCC電子工作連合DesktopStation合同ブースとして出展させて頂きます。

場所は、東京都台東区花川戸2丁目6−5 の都立産業貿易センター 台東館です。模型市サイトを見て頂ければと思いますが、浅草寺の境内でお参りをすれば、そこから歩いて数分の場所です。時間は12時から15時半までです。



今年は3テーブル(昨年は2テーブル)を使って、デモを中心にして展示・物販を行います。みなさまのご参加を、心よりお待ち申し上げます。

なごでんさん告知 (MP3デコーダ,スマイルデコーダR6N)
ぬっきぃさん告知 (ワンコインデコーダ)
TwayDCCさん告知 (ミント缶DCCコントローラ)
MECYさん告知(ひでろんさん) (ドッチーモアダプタ)
あやのすけさん

DesktopStationでは、今回は、同一線路上のDCC車両、ポイントを複数人がスマホで一緒にコントロールして遊べる新しい形の新型コマンドステーション DSairの一般販売を正式に開始します。

Wi-Fi型コマンドステーション(ブースタ内蔵)で、世界最小を実現しています。世界に負けない、リードするコマンドステーションを、DesktopStationは提供して参ります。

--------------------

世界では既にデジタル鉄道模型が50%以上のシェアで普及しています。日本では残念ながら、アナログの車両が圧倒的多数で、普及は進んでいません。老舗・新規参入メーカーは、総じてDCCにはネガティブで、新しく販売される機器は、全てアナログ向けだけという状況にあります。つまり、世界の流れから外れた、ガラパゴス状態といって良い状態にあります。

DCC電子工作連合では、ユーザーの力でDCC機器を独自に開発し、製造・販売まで一貫して行い、既得権益に縛られない形で、日本のDCC普及を目指しています。ユーザーの誰もが、気軽にDCCの機器を使える、改造できる、遊べる環境作りを整えています。

当連合は、現役エンジニア・経験豊富なメンバーで構成されており、どの国内の鉄道模型メーカーよりも電気・ソフトウェアの技術力では圧倒的に上です。Manufacture ID取得メンバー3名に、認証中1名と、大所帯です。世界でも、トップ10〜5には入る団体であるのは事実かと思います。
ただし、サラリーマンのお小遣い運営のため、資金力がまったくありません。鉄道模型市や、日々Web販売を通じて、開発資金を稼いで新製品開発や日々のサポート費用として賄っています。買うというよりも、サポートする、カンパするという意味で、皆様の温かいご協力に感謝します。

ただし、模型市イベント中ではありませんが、模型市を接点として、ある納入サポート契約においてサポート作業&納品後に数十万円の商品代金・サポート費を払わない、という事例が昨年にありました。このような行為は、資金不足やモチベーション低下によって活動停止などの事態を招きます。このような事が起きないよう、当方も注意しますが、いろいろな人・企業と、このイベントで接点を持つことになります。絶対に、DCC普及活動への妨害や、商品搾取はやめていただきたいです。
posted by yaasan at 07:02 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年04月27日

FlashAir のアップデートツール(Webアプリコピーツール)

FlashAirが、ヨドバシカメラで、4100円の10%ポイント還元で、特価マークが無くなりました。これで当面続くと思います。

https://www.yodobashi.com/product/100000001003600928/

注:店頭価格とズレがある場合があります。

現在、ヨドバシカメラから入手できるflashairでは、ファームウェアのアップデートが不要なバージョンになってます(4.00.01)。ご自分で、カードにデータを書き込める方は、ぜひ、ご自分でチャレンジしてみてください。

GW中に、Windows向けの簡単FlashAirアップデートツールを作成し、リリースしますしました。今しばらくお待ちください。新品のFlashAirの面倒な隠しフォルダアクセスやファイルコピー作業,
CONFIGに1行おまじないを足す作業をうまく代行してくれます。古いWebAppの入ったFlashAirを最新のWebAppに置き換える機能も付いてます。

DevIDE_DSairUpdater.png

作り込んでみたら、あっさりできてしまった。.Net Framework 4.5以上必須です。つまりはWindows8, 8.1, 10のみサポートです。Win7でも.Net Frameworkを入れれば動きますが、ノーサポート。どちらにしても、このツールは、超簡単作業ですが、エラーなどでトラブるとドツボにハマるため、パワーユーザー向けということにします。なので、サポートを受けないとダメな方、自信の無い方は、ウチから設定済みFlashAirを買ってください。3000円ほど高いですが、上記ツールのボタンを押す作業と動作チェックの手間賃です。

DevIDE_DSairUpdater2.png

■使い方

予め、ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。解凍先はどこでもいいですが、見失わないように。

(0) FlashAirをSDカードスロットに挿してドライブを認識させておく
(1) DSairUpdater.exeをダブルクリックして起動する。
(2) FlashAirの入ったドライブを選ぶ(通常は自動で選ばれているはず)
(3) Checkボタンを押す
(4) Updateボタンが押せるようになったら、押す
(5) Finishedと出たらOK。安全な取り外しで外す。

■ダウンロード

DSairUpdater_r0p.zip (WebAppバージョンはr0pです)

※まだテスト版です。ファイルがきちんとコピーされ、CONFIGを書き換えることは確認したが、DSairに突っ込んでチェックしてません。

todo:
・WebAppのダウンロード機能
・バージョンチェック機能(WebApp)
・W-03をはねる機能
・コピーが確実に出来たかCRCチェックかチェックサム

-------------------------------

色々努力しましたが、結局、flashair 調達は、今後もヨドバシになりそうで、手間賃を頂く形でやらせていただきます。
posted by yaasan at 13:25 | Comment(0) | 鉄道模型

4/28-5/1 オーダー受付停止します

4月28日〜5月1日まで、鉄道模型市2018準備対応のため、DesktopStation製品のオーダーの受付を停止します。

注文のある方は、本日(4月27日(金))の12時までにオーダーをお願いします。DSairのキット品7000円も、正午でオーダー受付を打ち切ります。今後は、完成品のみ販売(GW中は模型市相当額の9000円、GW明けから10500円)となります。

また設定済FlashAirについては、いつまでも調達がヨドバシカメラでは困るので、調達経路を裏技を使って発掘中で、とりあえず採算度外視で6000円でGW中は売ります。GW明けは6800円になります。当面は、パワーユーザー限定になってしまいますが、各自で調達してもらえると助かります。

もしかすると、設定済FlashAirについては今後、いろいろな背景から値段を上げるかも知れません。自動ファームウェア設定ツールも検討しますが、まだ未定です。

※GW: ゴールデンウィーク(Golden Week)は日本の春休み(Japanese late spring holidays)です。

posted by yaasan at 08:34 | Comment(2) | 鉄道模型

2018年04月26日

デジタル鉄道模型フォーラムの使い方

デジタル鉄道模型フォーラムをうまく活用して、サポートを受けたり、相談したり、自分の成果をアピールしたりしましょう。
さらに便利に使用するため、いくつかの設定をご紹介します。

■オンラインユーザーとして表示しない

左上のユーザーCPで自分の設定画面を出します。
左のツリーから、オプションを編集を選びます。

howto1.png

プライバシーの項目で、オンラインユーザーリストに表示しない、とすると表示されません。

howto2.png

ご活用ください。

■アバター(自分のアイコン)を変える

同じくユーザーCPでアバターの変更から、画像を選べます。サイズは100x100ピクセル以内にしてください。

■署名を付ける

スレッドへの投稿などで、メッセージの下に自分の署名(ホームページURLや、名前、連絡先など)を付けられます。自分のブログやホームページ、Twitterの宣伝にもなるので、登録してみてください。

howto3.png

-------------------------------------------

デジタル鉄道模型フォーラムの登録メンバーの方々による、メンバーミーティングを今年の秋頃に企画中です。

メンバーミーティングは、勉強会や新製品紹介・デモ、ユーザー事例など、セミナー形式で情報共有出来る場にしたいと思ってます。終わった後には、もちろん、懇親会を開催してDCCの色々な話で盛り上がる形を考えています。
posted by yaasan at 11:40 | Comment(3) | 鉄道模型

液晶TV用のスピーカーをスマイルデコーダR6Nで

先日Aliexpressで買った、液晶TV用スピーカーが届いたので試してみました。

ハウジングが最初からついていて、無加工でそのまま使えるのと(配線は自分でですが)、ワッテージが2Wと大きいので、音量を大きく出せると思って買いました。

いくつか買いましたが、たぶん8Ω/2W 18*69*15mm がHO向けには一番使い勝手が良いように思います。クモハ40にも、なんとか入ります。

LCDspeaker2.jpg

■スマイルデコーダR6N

可変ボリュームを半分くらいまで上げられます!音はかなりうるさいです!ブラックキューブだと、ほんの少ししかボリュームを上げられなかったので、ワッテージの大きさを体感できました。

LCDspeaker1.jpg

■MP3デコーダV5(某模型メーカーと共同開発中だったときのもの)

CV58を27まで上げても、音割れしません!音はかなり大きくなりました。

--------------------------

液晶テレビ向けのハウジング付きスピーカーは、イケるということが分かりました。HOかOナローなどの大きいサイズじゃないとダメですが、音量を大きくしたい方にはお勧めです。

Nゲージについては、ブラックキューブがサイズ・値段のバランス的には良いとは思います。
posted by yaasan at 08:29 | Comment(0) | 鉄道模型