デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年05月04日

FlashAir W-04の起動時間のブレ

FlashAirを20枚、立ち上げしていたのですが、何故かうまくSPIモードで起動しないのが20枚中、6枚見つかりました。

いろいろ実験していて、FlashAirのサポートに問い合わせしようと思って、テスト用のSDカードシールドを使ったデバッグ機でPCのUSBにつないで動かしたところ、普通に動作しました。

どうやら、5V(3.3V)電源を先に入れっぱなしにしておくと、あっさり起動するようです。

DSairは、電源が立ち上がったら、即座にFlashAirにSPIモードで接続確立を行いに行きます。ほとんどのFlashAirでは、問題なく動いていたのですが、20枚中、6枚は、うまく起動ができなかったようです。

そこで、1度失敗したら2度目はウェイトを0.5秒入れて再接続するようにしたところ、うまく動きました。(0.1秒ではダメでした)
ロットを見ると、1738〜1737系がほぼほぼ、起動時にウェイトを入れないと接続確立しませんでした。

FlashAir、結構なじゃじゃ馬ですね・・・。起動時間の個体バラツキもあるとは、いやはや、難しいです。まあ、ダミーのウェイトを数百ms入れれば動くようですので、ATMEGA328P-PUをアップデートすることで対応させていただきます。

■対策ファームウェア r0r

・jquery uiのアイコンをフォント化
・一部の起動の遅いFlashAir用にリトライ・0.5秒のディレイを入れるようにした

ATMEGA328P-PUの書き換え、FlashAirにコピーするDSairアプリの上書きの両方の作業が必要です。

DSshieldFlashAir_r0r.zip

ファイルのコピーなどがちゃんとできているのに、FlashAirが起動しない方は、これをお試しください。どうも、一部の個体で発生する特有の現象なので、ディレイを多めに掛けて、問題が無いようにソフトで対策してます。起動ディレイについては、会社でもらったデータシートを読んだ上で、挙動と違うのであれば東芝メモリに確認します。

以前に、「起動時、必ずエラーになってしまう」という報告がフォーラムでありましたが、まさしく、これが原因だと思います。リセットボタンを押すと、正常に復帰するはずです(FlashAirのリセットはしていないため)。今回のファームで、リセットボタンを押さなくてもきちんと起動するようになるはずです。
posted by yaasan at 20:20 | Comment(0) | ガジェッド

スマイルデコーダ向けスマイルライター2(Type-A)

Nuckyさん、あやのすけさんなどが、薄型化(0.6mm厚)に移行し始めていますので、スマイルライターも次世代に移行を進めさせて頂きたいと思います。

以前に販売をしていた、シールド型のスマイルライターをスマイルライタースリムとして改版し、スリムタイプと、旧タイプの両方、さらにDIP型のATMEGA328P-PUの書き込みを使える形で提供します。

価格は、1000円では難しいため、2500円でキット品をご用意させて頂ければと思っております。Arduino UNOは別売りとなります。旧スマイルライターは、在庫限りで1000円で放出させて頂きます。
posted by yaasan at 12:12 | Comment(0) | 鉄道模型