デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年06月24日

製品ラインナップについて

たまに、問い合わせを受ける、過去機種のDSoneですが、DCC/MMシールドとラインナップ整理に伴い、DSシールドDSairに後継を譲って引退してしまっております。

DSseries.png

ミント缶は置いておいて)入門用ということで出してましたが、類似のコンセプトを持つDCC/MMシールド(DSシールドに後継を譲っています)と競合するという事になり、まずい状況であったので、廃止とさせていただきました。

ただ、DSoneのハードウェアやソフトウェアは、ほぼDSシールド、DSairに使用されています。魂はきちんと生き続けております。

ということで、DSoneを見てほしいと思った方は、DSシールドをお買い求めくださいませ。

なお、電流センサーICなどの部品は、削減したので、CVの読み出しはできません・・・。CV読み出しが必要な方は、DSbluebox, DSmainを検討ください。

DesktopStationの製品は、原則として、名称に「DSxxxx」と付きます。確か、DCC/MMシールドが最初の製品で、その次がDSmain(2014年6月9日)だったと思いますが、その名残です。車みたいに、「Mazda2」とか「BMW 2シリーズ」とかみたいに数字で付けたかったですが、意味不明なのでやめました。

脱線しますが、DSmainも4年も経つんですね。フラグシップ、プロ向けというコンセプトで途中から軌道修正して作っておりました。ひょんなことで、2017年のリニューアルの際に納入して1年経つ某博物館のジオラマで毎日、バリバリとポイントを動かしているくらいに、成長してます。※車両はアナログなのでDSmainで動かしてません。
posted by yaasan at 21:51 | Comment(0) | 鉄道模型

DCC館で故障デコーダ募集中

DCC電子工作連合のメンバーであるDCC館が、大手DCCメーカーの壊れた故障デコーダを募集しているようです。故障データを集めて、デコーダ開発にフィードバックすることが目的のようです。

例として、FL12のダイオードブリッジIC故障の例を挙げています。

デジトラックスや、ESUなどなど、市販品のデコーダで、壊したモノをぜひともDCC館に贈呈していただければ、今後のユーザーサイドのDCC技術の向上に繋がります。
posted by yaasan at 07:26 | Comment(0) | 鉄道模型