デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年07月16日

DSair Webアプリ r0u

夜なべして作成したDSair Webアプリ r0uをリリースしました。

■特長

・ブラウザ上でレイアウトを編集・操作可能(Desktop Station SoftwareのUIを移植)
・100×50マス固定(変更不可)
・Saveボタンを押すとブラウザの保存領域に保存(アプリを開いたときに自動ロード)
・Clearボタンを押すとクリア可能

webapp_r0t_mapedit4.png

webapp_r0t_mapedit5.png

■紹介動画



■変更点

・レイアウト編集操作機能を追加
・DCCパケットの送信比率を70%から90%に変更

■対応機種

・DSair 全機種(R1,及び開発中のR2)
・DSshield with FlashAir (NORA版、オープン版含む)

※DSmain, DSblueboxなど、FlashAir非搭載機種は未対応です。

■ダウンロード

・アップデートツール DOWNLOAD (2018/7/16)
→FlashAirだけアップデートされる方はこちら。ワンクリックで簡単です。使い方はこちらから。

・r0uファームウェア&Webアプリ DOWNLOAD (2018/7/16)
→ATMEGA328Pも一緒に更新する場合はこちら。

■使い方

・矢印を選択した場合: ポイント操作モード
・鉛筆を選択した場合: アドレス設定モード。ポイントをタップするとポイントアドレスを指定できます。
・その他: レイアウト画面に線路などを描画できます。

・作成した画面を保存する場合は、Saveボタンを押してください。押さないと保存されません。
・読み込みはブラウザで開いたときに自動でロードされます。
・Clearボタンでクリアできます。Saveを押すとクリアされた状態を保存します。Clearボタンだけでは、保存状態をクリアしません。

■Todo、今後のやること

いくつかFlashAirの機能制約やハードルがあるので、すぐにはできませんが今後、以下のような機能を考えています。

・ルート機能(複数のポイントを1クリックで変更)
・信号機の表示機能
・レイアウトデータをFlashAir上にアップロード&ダウンロード(みんなでレイアウトを共有)
・他の端末へのポイント状態情報の通知(Ajax)
posted by yaasan at 08:25 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年07月15日

FlashAirのWi-Fiパスワード再設定方法

DSairでFlashAirをお使いの方で、Wi-Fiのパスワードをロストしてしまった場合、パスワードをクリアする作業が必要です。

いくつか方法があります。

■CONFIGファイルを書き換て再設定する方法

SDカードを取り外し、PCに繋げます。SDカードの中身が開けるようになりましたら、
以下の記事にある作業で、「CONFIG」というファイルをメモ帳やテキストエディタで開きます。

DSair/DSshield with FlashAir 見えないものも見える

CONFIGのファイルをメモ帳やテキストエディタで開きましたら、「APPNETWORKKEY=********」という行を探します。

FlashAir_WifiPW1.png

*********の部分を全て消して、以下のようになるように文字を打ち直します。
APPNETWORKKEY=12345678

FlashAir_WifiPW2.png

この12345678が、Wifiで繋げるためのパスワードとなります。半角数字で入力してください。
最後に上書き保存するのを忘れずに。

FlashAir_WifiPW3.png

USBメモリと同じように、安全な取り外しの手順(右下の取り外しアイコンか、ドライブをミニクリックして選択)で、取り外して、DSairに差し込めば、WiFiパスワードは設定したもの(12345678)に戻ります。

■東芝メモリ公式の設定ツールを使う

ちょっと面倒ですが、公式ツールも提供されています。このツールの良いところは、フォーマットして全部消してしまったFlashAirも完全に復活できることです。
ただし、全部消えてしまうので、DSair用のソフトは再導入が必要です。ただし、ソフトのコピーツールが提供されていますので、作業自体は簡単です。

まず東芝メモリ公式からダウンロードします。

FlashAirTool1.png

インストールしてツールを起動します。

FlashAirTool2.png

差し込んで、画面の指示に従って操作します。

FlashAirTool3.png

すると、初期化するか尋ねられるので、初期化ボタンを押して初期化します。
何度か、FlashAirを再差し込みします。

FlashAirTool5.png

初期化が完了したら、アップデートツール(FlashAir App Updater)で、DSairのWebアプリソフトをインストールします。ツールはWikiに置いてあります。使い方もwikiに書いてあります。
posted by yaasan at 21:30 | Comment(0) | ガジェッド

DSairの新機能開発中

DSairの新機能を開発中です。

webapp_r0t_mapedit.png

いわゆる、レイアウト編集&操作機能です。DesktopStationSoftwareのものを移植するイメージで行ってます。画面サイズは100×50マスに限定してます。

ようやく表示ができただけで、まだ編集機能やポイント操作機能は実装してません。3連休中にとりあえず動く物を作り込みたいです。これで、Z21に少しは近づくと良いですが。

■追記

編集できるようになったが保存できない。妙に重いので、いろいろ軽くする処理を実装しないといけない。

webapp_r0t_mapedit2.png
posted by yaasan at 15:22 | Comment(0) | 鉄道模型

DSシールドスケッチのアップデート

DSシールドのスケッチをアップデートしました。
アップロードしていたと思い込んでましたが、更新が漏れてました。

■変更内容

・SOUNDTRAXX、ロクハンのDCCデコーダと相性問題があったのを修正
・線路電源投入直後にポイントが動かないケースがある問題を修正

フジガヤ2様、ご報告ありがとうございました。

■ダウンロード

DSシールドr0eスケッチ(Desktop Station Softwareと一緒に使用する物)
DSシールドAUTOr0gスケッチ(PCなし自動運転を行う場合)

※DSair, DSshield with FlashAir、DSmainR5.1C2-OLED、DSone、DSblueboxは既にファームウェア対応済み
posted by yaasan at 14:51 | Comment(0) | 鉄道模型

DSシールド2 開発中

DSシールド2の基板が届いたので、早速半田付けしました。

現行版のDSシールドとの比較です。

DSshieldR2.jpg

やはり表面実装部品を使うとすっきりします。
兄弟機であるDSair2との互換性をかなり重視して設計しております。

posted by yaasan at 00:00 | Comment(3) | 鉄道模型