デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年10月11日

PIKO Vectron機関車を買ってデコーダを付けた

PIKO 59986 Diesel Locomotive Vectron 247 DB Cargo, Epoch VI (111.46EUR->14500円程度)を購入しました。
DC線路(2線式、UNITRACKで動く)で、DCCデコーダ未登載のものです。

これに、PIKO 56400 SmartDecoder 4.1 PluX22 DCC(29.57EUR->3900円)のDCCデコーダ(サウンド無し)を装着してみました。

■組み付けるデコーダ

PIKO 56400 SmartDecoder 4.1 PluX22 DCC

DCCdecoder_PIKO_SmaertDec41.jpg

PIKO_SmartDecder4.1_0.jpg PIKO_SmartDecder4.1_1.jpg

■組み付け方

先日のDCCfestに参加された方からしたら、拍子抜けするくらい簡単です。サウンド機関車であってもです。なんでこうも日本と欧州で、違うのか・・・。

Vectron1.jpg

Vectron2.jpg

ねじ穴を探して4カ所のネジを抜きます。

Vectron4.jpg

Vectron5.jpg

上側が簡単に外れます。日本の機関車だと引っかかってるだけですが、結構面倒ですよね。

でっかい基板が目に付きます。

Vectron6.jpg

ライト基板もついてます。しかも縦に。KATOは頑なに横にこだわってますね。

Vectron7.jpg

デコーダ装着箇所の拡大。

Vectron8.jpg

アナログ用のジャンパピンが刺さっているので抜いて、デコーダを挿すだけ。10秒で終わります。

Vectron9.jpg

サウンドデコーダの場合は、横のスピーカー穴にスピーカーを挿入し、2カ所半田付けすれば終わりです。

上側部分の裏。

Vectron10.jpg

ということで、10分も掛からないほどあっけなくデコーダ搭載できます。あとは、上側を被せて、ネジを締め直して、走るのを確認すればOK。超簡単です。

価格も15000円程度と、日本の機関車と値段はさほど変わりません。
posted by yaasan at 08:31 | Comment(4) | 鉄道模型

DSair2のSMDチャレンジャーキットの追加予約フォームを作った

Dair2のSMDチャレンジャーキット(限定数10pcs)の注文に出遅れた方、大変申し訳ありません。限定数10個にしたのは、6800円という表面実装部品を付けられるチャレンジャー向けが無くなったために破格にしたこともありますが、試作したケース(量産品と同じもの)の在庫が無くなるためでもあります。

ちょうど昨夜、ケースメーカーから連絡があり、11月2日に納期となりましたのでケースの在庫は11月に入れば回復見込みが立ちました。

6800円で確定の方には、本日中にメールをお送りいたします。朝からダッシュで送っております。海外の方も居るので、バタバタしております。

漏れた方、出遅れた方は、金額が変わりますが、7800円〜9800円の階段料金制となります。フォームの登録順序で、金額が変わります。

とりあえず、予約フォームを作りました。

6800円は、表面実装なし版の予定でしたが、急遽、Elecrowで部品実装することになったため、特例で設けた設定金額となります。申し訳ありませんが、ご了承ください。DSair2の最終的な価格は10800円までとなります。

なお、DSair1の完成品(FlashAir込み)で購入された方には、割引の特例制度がありますので、準備が整う(チャレンジャーがバグ出しした後)12月まで今しばらくお待ちください。
posted by yaasan at 07:32 | Comment(1) | 鉄道模型