デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年11月22日

発送停止 11/23〜11/24 終日

11月23日(金)〜11月24日(土)は、Desktop Station社員旅行のため、発送処理が停止いたします。

Desktop Station Shopの注文はWebで自動受付のため、問題なく受け付けできます。
posted by yaasan at 18:34 | Comment(0) | 日記

2018年11月19日

DSair2 進捗状況&ソフト修正 TODO

DSair2ですが、量産試作の基板は全て販売完了し、現在はElecrowに追加生産を依頼し基板製造&部品実装中の状況です。基板が到着次第、検品し、既に締め切りましたが追加予約の皆様へ販売を開始いたします。

追加予約の皆様への発送が完了次第、一般販売を開始します。また、DSair1完成品を購入された方限定(期間は12月末)に9800円で完成品を提供する特別販売を行います。準備でき次第、ご案内いたします。
一般向けの完成品販売は、KATOが販売予定のDCCサウンド搭載Nゲージ車両ICE4の販売時期である5月以降を検討中です。(DCCフレンドリー対応サウンドデコーダはZIMOと共同開発の模様。海外ショップ情報、KATOの新製品紹介イベントのネット情報より)

DSair2は、まだまだ実装すべき機能が山ほどあります。忘れるので、DSair2の年末までの自分のTODOとしてまとめました。

・ポイント状態データの配信(車両は完了)
・DSbluebox機能の移植(アドレス読み出し他)
・縦画面操作機能 or スライダー型メーター画面
・アドレス入力画面のサイズアップ
・電流リミッター機能(1A,2A,3A,4A,MAX)
・線路配置のFlashAirアップロード機能(全員共有)
・CVのデコーダ別設定ファイルの表示機能(とりあえずLokSound)
・ポイント操作画面の機能強化(反転設定、ダブルクロスの追加など)
posted by yaasan at 20:47 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年11月17日

DSair2 ファームウェア&Webアプリ r2f

DSair2のWebアプリをアップデートしました。今回の目玉は、FlashAirのSDカードにMP3ファイルを置くことで、スマホなど、Webアプリから再生できるようになったことです。通称「Webアプリサウンド機能」とさせていただきます。

Webアプリは、自動的にMP3ファイルの一覧をフォルダから取得し表示します。余計な登録作業は不要。USBメモリにファイルをコピーする感覚で、FlashAirのSDカードのドライブ直下(ルート)にMP3ファイルを置くだけ。

■ダウンロード

ファームウェア&Webアプリ r2f

■変更点

・「Webアプリサウンド」の追加。DSairに装着するFlashAirのカード直下(ルートフォルダ)に、MP3ファイルを置くとWebアプリ上で再生できます。

以下のように、再生したいMP3ファイルをSDカードのルートフォルダに置いてください。ルートという意味が分からない人はノータッチでお願いします。フォルダを作ってMP3ファイルを入れても、探しに行きません。
サポートの都合や説明をシンプルにするためにMP3ファイル以外はサポートしません。WAVやOGG、その他ファイルを置いても拡張子フィルタを使っているため表示されずに無視されます。また、ファイルサイズはなるべく小さくしてください。1MB以上とかにすると再生までにダウンロードする時間が掛かってしまいます。

DSair2_r2f_0.png

MP3ファイルを自動的にスピーカーアイコンのタブ内に一覧で表示します。ファイル名のボタンを押すと、即再生されます。

DSair2_r2f_1.png

・CVリストをデータファイルから取得するように変更。CV256まで表示がされます。データファイル(default.json)は、cvdataフォルダの中に入ってます。

DSair2_r2f_3.png

・タブを画像に変更。

DSair2_r2f_2.png

■応用方法

・Bluetoothスピーカーを併用できます。スマホに予めペアリングして置いて、音を鳴らしたいところにBluetoothスピーカーを置いておけば、音が出てくる場所も気にする必要はありません。
・オンデマンド・ダウンロード型のサウンド再生機能のため、複数人が同時に使用できます。みんなで違う音を再生することは当たり前のようにできます。ただならしすぎるとウルサいです。
・地味にコッソリ更新したCV一覧をjsonファイルから読み出し可能にしたのは、デコーダメーカー毎に切り替えできるようにするためです。変更済みデータを他力本願で、お待ちしております。

■サウンドデータの入手方法

ご自分で入手頂きたいですが、ドイツの有志からサウンドデータの公開を許可されており、以下で頒布中です。DSair2の動作確認や、ドイツ型の方はご活用頂ければと思います。

サウンドパック・ドイツ版 (Mar 20, 2014) DOWNLOAD (63MB)

あと、最近は発車メロディのCDが発売されているので、これを購入してMP3にするのも手です。JRや東京メトロ、京急など、各社のCDが発売されていて、「聞いたことあるな!」というものが手に入りやすいです。

駅メロベストセレクション2

-------------------------------

車両の走行音以外のサウンドは、DSair2のサウンド再生機能で全部カバーできます!Bluetoothスピーカーも家電量販店でお安いですよ。
posted by yaasan at 08:06 | Comment(1) | 鉄道模型

2018年11月15日

カトーがDCCデコーダ開発中を公言

カトーの営業部が衝撃のツイートをしました。

-------------
【ICE4は模型もビックプロジェクトB】そんなICE4、Nゲージ製品化はなんとKATOが初!車体が長く、一見シンプルなボディもマーク・表記が様々でユニークです。室内灯照明板は組込済、DCCはKATOタイプですがそれに対応した新デコーダーを欧州メーカーと開発中。特設サイトも公開予定、詳細をお楽しみに!
-------------

欧州のDCCメーカーとデコーダを開発中との事。
DCCフレンドリーなので、アダプタを介するのか、専用設計なのか不明ですが、EM13のような単機能ではなくサウンドデコーダなんじゃないかと推測します。

今まではデジトラックス、サウンドトラックスのようなアメリカ系でしたが、欧州系で話を進めているとなると、違った展開を期待してしまいます。

今後の詳細が楽しみです。
posted by yaasan at 21:17 | Comment(0) | 鉄道模型

2018年11月13日

12月1日より、高さ3cm超商品の配送料を600円に値上げします。

個人向け発送システムでは、既に発送管理の限界を超えてしまったため、クロネコヤマトと法人契約を行いました。法人向けの大規模で発送手続きも簡略化できるシステムが利用でき、管理や発送が以前よりも簡略化され、作業時間も短縮しました。

しかしながら、当社の現状の発送物量ですと割引ゼロとなり、今まで使用していた個人向け発送システムよりも大幅に高い金額で発送せざるを得ません。

つきましては、200円均一を廃止し、以下の商品が含まれる場合や、厚みが3cmを超える複数個発送の場合には600円(日本全国均一)にて承ります。

・DSair2
・DSmain
・その他、発送時の梱包の厚さが3cmを超える商品全て

今後、物量が大幅に増えて発送単価もリーズナブルになりましたら600円から500円などへ、下げることが可能になると思いますが、今のところは先は見通せない状況です。

この送料の改定は、12月1日より適用させていただきます。
posted by yaasan at 18:52 | Comment(0) | 鉄道模型