デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年12月24日

TwayDCC製 ミント缶マスコン DCCコントローラ(試作機)

TwayDCCさんから、開発中のミント缶マスコンをお借りしたので、今後の量産に向けて、構造の変更や動作確認をしてます。

※TwayDCCさんはミント缶DCCコントローラキットを販売されてます。

mintmascon6.jpg

mintmascon7.jpg

■組み立て

マスコンのバーを付けたままだと、高さがありすぎるので、別部品として送られてきました。

mintmascon1.jpg

mintmascon2.jpg

分解して装着します。

mintmascon3.jpg

マスコンをロータリーエンコーダにセット!

mintmascon4.jpg

組み上がりました。

mintmascon5.jpg

■ビジネス的な視点

ミント缶マスコン、見たとおり、マスコンの形をしてDCC車両を動かせます。DSair2とはちょっと方向は違いますが、でもサクッとスマホ無しでマスコンで動かせるという特長なので、ちょっとした車両の試運転には好都合と思います。

自分が制作者ではないので材料費の計算はできておりませんので、第三者的なざっくり感ではありますが、価格の具合で言うと、買う人が20人くらいだと、19800円くらいにならざるを得ないなあとは思います。

20台規模であっても、量産するにはDSair2とは異なって、それなりの設計労力や専用部品の製作などが掛かってしまうので、100人以上は余裕で買って頂ける状況を作らないと、それなりのリーズナブルな価格で、ご提供はできないだろうなあと思ってます。

■個人的な改善案

・基板を1枚にしないと、製造の部分で大変。
・表面実装部品化(ATMEGA328P, セラロック、TB6643KQ、セラコンと抵抗全部)
・ICSPは、穴だけにしておく(DSwatchの最新版のようにLimePulse製のポゴピン治具を使って書き込み)
・FTDIコンパチのUART端子は配置を要調整。まあ、ピンを出してしまってもアリかも。
・ACS711 CV読み出し用電流センサICは付けた方がよさそう。
・ロータリーエンコーダは下基板に組み込む(配置、構造の検討はスマイラーさんと要相談)
・たとえばCUIのライトアングル型のACZ16NBR1E-15FA1-24Cか-12Cは?
・ロータリーエンコーダの検出は、ATMEGA328Pの外部割り込み端子(D2,D3)でカバー。ピン変更必須。
・ボタンはアナログ端子で検出する(DSblueboxで使っている技)
しなぷす 抵抗分圧器を使った、多くのスイッチのセンシング
posted by yaasan at 09:14 | Comment(0) | 鉄道模型