デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年02月22日

TNOSがバージョンアップしてた

気づいたら、2月7日にトミックスの信制御システムのTNOS がアップデートされてました。

TCL とか言う独自のスクリプトででプログラミングできるらしい。TCLってちょっと昔だけど有名なGUIスクリプトツールキットのTcl/Tk と被るんだけど、分かってるのかな。


関数一覧みましたが、さっぱり分からない。抽象的な命令しか無いから、出来ること多くないのでは?
速度指定も自動、と言うことは加減速時間もお任せになっている?単にどこのセクションにいるか止まるかだけ決めるイメージ?セクションのマッピングはどう決める?レイアウトプランで縛っている?いろいろ情報や前提条件の記載がないのでよく分からない。

今は、DSbasic、昔はハンドル名やドメインは違うけど(内部のサーバーは実は今も同じ)ゲーム作成ツールのADVRUNとか作ってきた。
サークルメビウスさんに採用されたのが最大の成果だった。懐かしい思い出。
https://www.araicreate-blog.com/entry/2017/09/12/200000 (模型と関係なく美少女系ゲームなので閲覧注意)

とまあ、紆余曲折あり、自分もたくさん失敗してやってきたこともあるので、トミックスさんばりに、ここまではさすがに設計方針として、極端に抽象化しないようにしてた。ユーザーに制限かけることになるので。

ガッチガチで制約掛けたものにしているのを見ると、会社の方針がよくわかりますね。だったら言語じゃなくてESU Lokprogrammer みたいにブロック図でのプログラミングにしたほうが良いと素直に思う。

本当に、よく分からない。DCCをやらないことに通じるものがありそう。
posted by yaasan at 15:46 | Comment(3) | 鉄道模型

USBスロットル 試作機 その3

USBスロットルの部品が追加できたので、ボタンを短いものにしてみました。

USB_Throttle20.jpg

USB_Throttle21.jpg

試しに、動かしてみましたが、ボタンが短くなり非常に使いやすい!これはとても良いです。
画面見なくても操作できます。スマホ画面では納得できないオジサンも大満足!

■ソフト関連

DSair2のファームウェア&Webアプリ r2j TEST13e (USBスロットル対応版)と、USBスロットルのファームウェアです。キーボード入力部分の見直しをやっています。

DSairFirmware_r2j_TEST13e.zip

UniversalJoyKey_r0b.zip

■今後のTODO

・アナログ画面での対応(今はデジタル部分しかやってない)
・次のバージョンに向けたボタン配置、基板形状、アクリル板の設計検討
posted by yaasan at 08:37 | Comment(0) | 鉄道模型

2019年02月21日

オープンサウンドデータの吊り掛け公開から1ヶ月

オープンサウンドデータ旧型国電吊り掛けサウンドデータを公開して1ヶ月、それなりの方に楽しんでもらえたと思いますが、広まりがゆっくり過ぎるという感じもしてます。

https://desktopstation.net/sounds/

このサウンドは、スゴすぎる!と感じてますが、ネットの反応をみるとそうでもない?感じに見えます。

オープンサウンドデータは、実は利用されればされるほど、当方のクリエイターへの交渉や予算枠が拡大するのですが、なかなかもどかしい状況です。

と言うことで、もっと無償の日本型サウンドデータが欲しいと考えの方が多いと思いますので、ぜひとも宣伝に協力ください。ただ使うだけでは、それで終わりになります。

オープン、無償にしているのは、どんどん多くの人に使っていただくためです。誰にも教えない、自分だけ楽しければ良いなど、独り占めして使うようなことはコンセプトに反する使い方になります。

ブログやSNSで紹介していただいたり、運転会等でビデオを見てもらう、実物を聞かせるなど、皆様の宣伝活動が、オープンサウンドデータの発展に大きく寄与することになります。

こんなに使われます、というデータをクリエイターに見せることで、やる気にも繋がります。

なお指標の一つにしているダウンロード数はIPもチェックしてるので、一人で押しまくってもダメです。
posted by yaasan at 10:13 | Comment(1) | 鉄道模型

2019年02月20日

デジタル鉄道模型の線路電圧

デジタル鉄道模型の線路電圧は、実はゲージである程度決まっています。ただし、プロトコルによって大きく異なるので、まず、どちらかで使う電圧が分かれます。

■3線式(AC)のmfx,M4,MM2

3線式はメルクリンの専売特許ですが、メルクリンモトローラやmfx(M4)といったプロトコルを使う場合には、電圧は18Vと決まっています。実は16Vくらいまでは正常に動くのですが、それより下げるとポイントが動きません。

メルクリン系を使う場合は18V。覚えておきましょう。逆にメルクリンを使わないのに18Vを使うのは、間違いです。

■2線式、DCC

DCCでは、NMRAの規格で使用する電圧が実は全部決まってます。

Gなどの大型ゲージ 18V
HO,Oゲージ 15V
Nゲージ(Zゲージも) 12V

多少、前後も許容されているので壊れることは無いですが、普段使いの電圧としては、合わせておく方がメリットが大きいと思います。

なお、LokSound microはNゲージ向けなのですが、15Vでも動かす事はもちろん問題ありません。でも、メルクリン向けの18Vで動かすのは、ちょっとお勧めできないですね。素直に、LokSoundの無印を使う方が良いかと思います。

--------------------

デジトラックスのD101,D102シリーズでは、14V程度の出力になるように、自動調整されます。デジトラックス曰く、この電圧が安全でベストとのことですが・・・NとHOのいいとこ取り?ということなのでしょうが、実はNゲージにはちょっと大きすぎると個人的には思ってます。

Z21ですと、出力電圧が変えられるようになってます。内部にDC/DCコンバータを内蔵させているわけです。

DesktopStationの機器では、ACアダプタを変えれば良いじゃないという思想で、内部構造をシンプルにしています。動作電圧を12〜19Vになるように設計し、その中で電圧が変わる分には問題がないようにしています。

どれも間違いでは無いですし、ユーザーの遊び方に合ったものを選べば良いと思います。
posted by yaasan at 19:35 | Comment(2) | 鉄道模型

USBスロットル 試作機 その2

昨日作ったUSBスロットル、基板むきだしで使いにくいので、アクリル板を加工してカバーを付けてみました。

USB_Throttle11.jpg

USB_Throttle12.jpg

USB_Throttle13.jpg

だいぶ使いやすくなりました!ボタンが出っ張りすぎなので、秋月の短いものにした方が良さそうです。ロータリーエンコーダは、ALPSのEC24シリーズです。

USB_Throttle14.jpg
posted by yaasan at 08:19 | Comment(3) | 鉄道模型