デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年02月10日

DSbasic over DSair2 その3

DSbasicに、ひたすらハマっております。スマホで、自動運転や運転支援機能をBASICで全部実装できるものになるので(私のソフトの実装の手間も省けて一石二鳥!)、がんばって3連休も休み無しでがんばっております。

今日は、以下の機能を実装しました。

・getacc関数を追加。どのポイントが切り替わっているか、アドレスを指定すると教えてくれる関数。
・BASIC関連ボタンをアイコンに変更。位置もTVの下でAlignを真ん中に合わせるように調整
・BASIC画面では、USBスロットル向けのキーボード入力機能を無効化
・自動繰り返し実行ボタン(機能)を追加。

DSbasic_4.png

スケッチ&Webappは以下です。

DSairFirmware_r2j_TEST9.zip

■自動繰り返し実行ボタンの使い方

繰り返し、BASICプログラムを実行します。if文で、条件が合ったとき、DCCのポイントを動かしたり、ファンクションを動かしたり出来ます。BASIC内で、FOR文やWHILE文でやってもいいのですが、繰り返し自動実行する方が実装はしやすいケースも多いです。

ただし変数は全部初期化されてしまうので、static的に使う方法があるのかは今後調べます。wwwbasicは、結構変わった実装(BASICをJavaScriptに変換して実行する何とランタイム変換方式)でして、細かいところがまだ把握できてません。

■getacc関数

引数は、ポイントのアドレス(DCCの場合は1-2044)を指定すると、0か1を返します。0=分岐(div,赤)、1=直進(str,緑)です。
つまり、現状のポイント状態を見て、切り替えるような機能をBASICで実装し、上記の自動繰り返し実行ボタンを有効にすれば、運転しながら、BASICで作ったソフトが状況を見ながら、支援してくれる、ポイント操作をフォローしてくれる、といったことができます。

使い方は、以下の通りです。

・If文と使う
if getacc(1)=1 then
〜やりたい処理〜
end if

・変数に値を入れる
point1=getacc(1)

■残りtodo

・S88状態取得関数の追加
・連続動作すると重くなる?現象の分析と対策
・サンプルの増強
・BASICの記載方法例の拡充
posted by yaasan at 19:58 | Comment(0) | 鉄道模型

kumaさんのC11へのデコーダ組み込みレビュー

先月のRMMにDCCデコーダ搭載記事を執筆されたkumaさんが、天賞堂のプラC11にLokSound microサウンドデコーダを組み込んだ例をまとめられています。

天賞堂のC11をDCCサウンド化する! (kumaさん執筆)

KATOやTOMIXと違って、アメリカ・バックマン製造ということもあってか、きちんと隠せるようにコネクタが搭載されているとは言え、ディテールを維持することは非常に大変な作業です。さらに大容量コンデンサを装着するなどデジタル鉄道模型としての実用性もきちんと兼ね備えた上での搭載の手法を、惜しげも無く公開されることに、心から尊敬します。本当に素晴らしいテクニックの数々です。

なお、オープンサウンドデータで、C11向けの超高品質サウンドが無償で公開されています!LokProgrammerがあれば、簡単に書き込みして、日本型蒸気機関車のサウンドを楽しめるのです。

こんなに素晴らしいディテールと、そして高品質な蒸気サウンド、もうDCCやってて良かった!と思わざるを得ません。
posted by yaasan at 11:13 | Comment(0) | 鉄道模型

箱がたくさん届いた

謎の箱が、4箱も届きました。佐川の配達の方、ありがとうございました!
(ミント缶マスコンやICE2,DSair2は住所隠し用)

dcc_dojinshi3.jpg

と言うことで、ウチでこれからDSair2を買うと、何かがついてきます。ワケありで多めに欲しい人は、備考欄に記載をお願いします。

なお、ワンコインデコーダで有名なNuckyShopでも頒布予定(今日、NuckyShopへ投函予定なので後日以降)です。

※DCC同人誌頒布について

DesktopStationとして、今回から積極的にDCC普及として頒布は行いません。この意味は、なんとしてでも配ることはしないということです。当社からの発送物にちょうど緩衝材代わりの隙間があれば入れる、そんなスタンスです。

DCC同人誌だけが欲しい方は、3月のオープンサウンドデータ試聴会に事前申込みして参加するとか、3月末の池袋のイベントのどこかで有志が頒布しているのをがんばって探すか、DCCの関連サークルの運転会に参加するとか、積極的なユーザー自身の行動が必要になります。

なお、事前に必要部数をご連絡頂いたサークルの方には、別途お渡し方法はご連絡させて頂きます。
posted by yaasan at 10:25 | Comment(0) | 鉄道模型