デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2019年04月12日

鉄道模型の楽しみ方はたくさんあるけれども

どちらかというと模型より電子工作やプログラミングが趣味の私が言うのもアレですが、鉄道模型の楽しみ方は、たくさんあって十人十色だけれども、私の主観において、一番は、模型に限りませんが、人と人との繋がりと、コミュニケーションだと思ってます。

modellife_1.jpg
※当方に寄付いただいた動きのギクシャクするジャンク品を使用しております。

鉄道模型は、家にジオラマを作って(夢のケースも多いですが)、一人で遊ぶことも確かに多いのですが、運転会に行ったりして、色々な人と交流する事もできます。私も、実のところ複数のサークルを渡り歩いているわけですが。

鉄道模型のサークルも探せばたくさんあります。ただ、なかなか、月謝制の企業やNPO等がサポートするサークルというわけでは無い事や、運営母体そのものが個人であるため、参加条件の厳しいところもあり、最初は入るのは勇気がいると思います。参加条件は、実のところそれほど高くないのですが、厳しい言葉で書いてあるのとみるとためらってしまう方もいらっしゃると思います。

この辺が鉄道模型のハードルを上げているとは思うのですが、場の空気に慣れない方がサークルクラッシャーになってしまうケースもあるという苦い経験があるのか、意図せずむやみに参加のハードルを上げすぎているところもあるような気はしております。

いろいろとサークルに入るというハードルはありますが、サークルに入らずとも、Webに掲載されている公開運転会に積極的に参加するなどだけでも、十分に人と人との繋がりでもっと楽しくすることができます。このような場では、非常に勉強になる情報交換や、新商品のお披露目、試しに使わせてもらったりと、一人ではできないことがたくさんできる場でもあります。

DCCは特に、普通のアナログ鉄道模型よりも、覚えることが非常に多くなって、一人では困難な部分がアナログ鉄道模型よりもとても増大します。だからこそ、DCCに興味のある人は、DCCのサークルや、公開の運転会、DCCに関係するイベントにぜひとも足を運んで、勇気を持って会場の運営スタッフの人に話し込んで、いろいろな情報交流を進めていただきたいです。私も、DCCのイベントには、あえてブログに書かずにコッソリ参加していたりします。

GW中では、エルムDCCの運転会(4/28)や、東京運転クラブDCCの運転会(5/4-5)があります。DCC同人誌も委託頒布させて頂く予定です。

DCCは、日本国内にそれほどユーザーは多くありませんから、ぜひとも繋がりを持って、スキルアップしてもっと楽しい趣味にしていただければと思います。

DCCは一人だけでやろうとしても限界があります。私も、多くの人に助けてもらって、今の立場にあります。DSair2などのコマンドステーションも、多くのことを教えて下さった先人達の知恵を結集して作り上げたものです。

人という字は、人同士で支え合っているんだ、と誰かに教えてもらったような記憶がありますが、模型も同じ事です。上記の写真の通り、模型も模型同士で支え合って立ってます(立たせる必要はありませんが)。

無理して一本立ちする必要はありません。協力して、楽しく鉄道模型ライフをエンジョイしましょう。そして、DCCはもっと楽しくするアイテム、鉄道模型の進化形の一つであることは間違いないです。恐れることはまったくありません!
posted by yaasan at 22:04 | Comment(0) | 鉄道模型

2019年04月11日

DSair2 ファームウェアr2m2

DSair2のファームウェアを小規模修正しました。

■ダウンロード

https://desktopstation.net/wiki/doku.php/dsair2_firmware

■変更内容

メータを高速になぞりながら動かすと追従してくれないバグを修正しました。具体的には、離したところでメータが止まるのですが、しばらくすると前の位置に戻るものです。

原因は、実は0.3秒おきにメータの動きを監視しておりまして、0.3秒に満たない動きは無視されます。なのであまりにも速いスピード(0.3秒よいも速いスピード)でメータをなぞりまくると、うまく反応しません。

対策として、指を離した瞬間に確実に速度指令を投げるように修正しました。
posted by yaasan at 20:56 | Comment(0) | 鉄道模型

国内で買える鉄道模型用の制御機器

DSair2は5/1から値上げしますが、アナログ・デジタル含めて、国内の価格をざっくりまとめて取り上げて、価格が妥当なのかどうかを見てみました。

■アナログ模型用

旧来型:
・KATO 22-018 パワーパックスタンダードSX 3200円(ジョーシン)
・Tomix 5507 TCSパワーユニットN600 4270円(ヨドバシ)
・Tomix 5506 TCSパワーユニットN-1001-CL 7390円(ヨドバシ)
・Tomix 5517 TCSパワーユニット N-DU101-CL 11050円(ヨドバシ)
・ROKUHAN RC-02 Zゲージ トレインコントローラー 2580円(ヨドバシ) ※乾電池式

新世代型:
・KATO スマートコントローラ 10190円(ジョーシン)
・KATO 22-102 サウンドボックス 21280円(ヨドバシ)
・Tomix 5701 TNOS新制御システム基本セット 34790円(ヨドバシ)

■デジタル鉄道模型用

・KATO 29-124 D102 DCCコントローラー 基本セット 23370円(ヨドバシ)
・ESU ECoS2 105000円(クマタ貿易)
・Roco Z21 60480円(IMON)
・Desktop Station DSair2 27800円(DesktopStationShop)
・TwayDCC ミント缶DCCコントローラ 4200円(TwayDCC Shop)
-------------------------------------

だいたい、表だったものは取り上げできたと思います。これを、私の主観ですが以下の項目で点数付けしていきます。

・液晶やOLEDの有無
・操作用ダイヤルがあるか
・スマホ用アプリ提供・スマホ接続機能の有無
・自動運転機能搭載の有無
・持ち運びのしやすさ(常に持てるサイズか)
・アナログ対応は0, DCC対応は1

かなり私の主観で、正確性が少し足りない気もしますが、もしコマンドステーションを買うときには、この考え方を参考に、自分が優先するものの点数を上げて、比較すると、より選択肢が狭まるような気がします。

たとえば、適当に書きましたが以下のように採点できたとします(あくまでも、適当です!

Comparison_controller.png

点数を金額に分けると、コストパフォーマンスが明確化してきます。

Comparison_controller2.png

ここではぶっち抜きでミント缶DCCコントローラになりますが、ミント缶DCCコントローラはキット品です。実は、他は全て完成品で計算されてます。この採点に、キット or 完成品の点数が含まれていないので、ミント缶DCCコントローラが上位に来るという事になってしまったわけです。
他にも、DSair2はWi-Fi親機機能内蔵ですが、Z21は別置きなので、これも採点に反映しないと不公平です。Tomixのコントローラも、ワンハンドル型だったり普通のVRでも違います。

と言うように、鉄道模型制御器をきちんと点数付けするのは大変なのですが、皆さんが購入する際には、同じような感じで表を作って見ると、いろいろと差が見えてきて面白いのでは無いでしょうか。

で、DSair2の価格は妥当なのかと言われると、たぶん、値上げしても27800円は安いので、本当はもっと上げないといけないかも知れません・・・。これは今後の売れ行きや、ニーズで判断すべきところと思います。
posted by yaasan at 08:46 | Comment(1) | 鉄道模型

2019年04月09日

ラッチ機能を追加予定

DesktopStationSoftware(DSS)のS88センサの状態をラッチする機能を追加予定です。

ラッチ機能=S88の指定センサの状態を強制的にOFF(赤)かON(緑,在線)に設定変更して、解除の合図があるまではそれを保持する機能です。

理由としては、センサはどうしてもチャタリングすることが多く、電流式であっても、ギャップをまたぐときに誤動作のリスクもありました。また、複数のセンサを連動して考えるとき、S88のハードでは実現が難しいので、プログラミングでどうにかするには、結構面倒でした。

なぜ複数のセンサを連動させたいかというと、次の閉塞区間まできちんと行ったかどうかを判定するとき、センサを通過してしまうと自動的に非在線に戻ります(特に光式センサの場合が顕著)。特に信号機などを連動させると、自動的に戻るのが困る状況がよくあります。そこで、自動で戻らないようにして、ある条件で復帰するようにするためにラッチ機能を使用するのです。

ラッチ機能は、S88アドレスの1つずつ、個別に指定できます。同時に複数をラッチさせることもできます。設定していないS88アドレスのセンサは、生の値が随時更新されます。

実現方法としては、コマンドの追加を検討してます。この実装については、Nuckyさんと相談しながら進めております。

evscript_latch.png

使い方は、LATCHコマンドを呼び出すだけです。

evscript_latch3.png

ラッチさせたいセンサアドレス、SET(セット)またはOPEN(解除)、ラッチさせる状態(ON状態で固定か、OFF状態で固定か)を設定します。

evscript_latch4.png

ラッチが掛かったセンサはLの文字で表示されます。

evscript_latch2.png

GWまでにはリリースできるかなと思ってます。
posted by yaasan at 14:19 | Comment(3) | 鉄道模型

s88-N Train Detector用のギャップの切り方

Nuckyさんのs88-N Train Detectorは、自動運転には欠かせないセンサの一つです。NuckyさんのオフィシャルWeb頒布で購入できます。DesktopStationのシステムでDCC自動運転する人は、1台は持っていればかなり重宝します。

線路にギャップ(絶縁)を切って、動力車の電流の有無で線路上に車両が存在するかどうかを判定する機能となっていますので、線路をどのようにギャップ(絶縁)を区切っていくかが重要です。

線路のギャップを区切るのはとても面倒だなあと思っていませんか。幸いなことに、カトーのUNITRACK(NもHOも両方)は、ギャップを区切るのに必要な部品を全て販売しており、かなり容易に準備ができます。

まずは絶縁ジョイナー(品番24-816)。ジョイナーをこれに変えるだけで、ギャップを区切ることができます。なお、ジョイナーを付けたり外したりすると痛むので、普通のジョイナー(品番24-815)も買っておきましょう。

UNITRACK_Gap1.jpg

次は、ジョイナーにフィーダ線を付けた、ターミナルユニジョイナー。これは、s88-N Train Detectorに配線を引き出すのに非常に便利!

UNITRACK_Gap2.jpg

ターミナルユニジョイナーも絶縁ジョイナーもヨドバシや模型店などで簡単に買えます。

実際にレールに付けると以下のような感じです。まずは絶縁ジョイナー。

UNITRACK_Gap6.jpg

UNITRACK_Gap5.jpg

ターミナルユニジョイナーを線路に付けると以下のような感じです。

UNITRACK_Gap3.jpg

UNITRACK_Gap4.jpg

なお、ジョイナー外しが無いと、ジョイナーの取り付け・取り外し作業ではどうにもならないので、ジョイナー外しも必ず買っておきましょう。

ギャップで1区間の線路を区切って、線を引き出すと、以下のような感じになります。

UNITRACK_Gap8.jpg

UNITRACK_Gap7.jpg

これで1区間分のギャップ処理と線の引き出しができます。UNITRACKならサクサクと作業できるでしょう。
posted by yaasan at 08:10 | Comment(1) | 鉄道模型