2019年05月18日

最近の車両がHOで出ない

最近、よく思うのが、HOの車両は、古いものばっかりなことです。

キハ110はまだしも、クモハ12、クモハ40、キハ80シリーズ、キハ40シリーズ。前にKATOがE5を出してくれたのは嬉しかったですが、残念ながらDCC搭載が困難で泣きたくなる状況。

※高級なブラスについてはここでは触れません。

うちの若手社員を見てると、古いものじゃなくて、今走っている新しいものがほしいといつも言います。やはり、新しい車両が出ないと、鉄道模型を新しい趣味にしてもらうのは厳しいかと思うこの頃です。

個人的な希望では、オープンサウンドデータも最近の新しい車両向けのサウンド(インバータ音)で、なにか出せると良いと思うのですが、データも無ければ、車両も無く、鶏と卵の状況にあります。

最近の新しい車両とすれば、子供だけでなく、日本に来る外国人向けという層も見えてくるはずです。日本に来た外国人がHO車両を買って帰って遊びたい、と思うことが海外の模型ユーザーなら必ず出てくるはずです。日本の方がヨーロッパなど海外の車両を見て、それを輸入して遊ぶ海外模型鉄が一定数いらっしゃいますが、同じことがあるはずです。

ただ、アメリカやヨーロッパではHOが主流。Nゲージは高級品扱いでユーザー数は少ないです。数少ない海外のNゲージユーザーが、日本に来たときに買って帰られることも多いとは思いますが、HO人口よりも少数の部分でビジネスしているのではないかと思ってますが、いかがでしょうか。

海外のHO模型ユーザーのために、日本型車両のHO商品を売る、というチャレンジも検討しないといけないと思うのですが、国鉄車両ばかりを出す現状では、日本以外の市場は全く考慮すらしていないのだろうな、と思うばかりであります。ただし、今の日本のHO鉄道模型の殆どはDCC対応を考慮していませんから、海外の方に売るなら、ExpBoardのような基板は必須です。

日本はこれから縮小するのですから、海外の広大なHO模型市場にチャレンジいただきたい。日本型の精巧なプラモ系技術は、欧米のユーザーを感動させること、間違いないと思います。

オープンサウンドデータも、日本型DCCに興味のある海外ユーザーに向けて、英語ページを開設し、英語への翻訳作業を進めています。海外には日本よりも遙かに多いESUのユーザーがいます。オープンサウンドデータの海外進出も図っていくべきと思っております。

もし、HOの海外販売に向けたDCC化について検討されている模型メーカーさんがいれば、DesktopStationに相談ください。車両のDCC化について解決策をご提案させていただきます。
posted by yaasan at 17:13 | Comment(1) | 鉄道模型

KKC作品展 (2019年5月19日 日曜日 in 人形町付近)

明日、5月19日(日)に、東京の人形町(小伝馬町も近いですが)の綿商会館で、鉄道模型の工作に関連したイベントが開催されます。毎年9〜10月に開催される、軽便祭と同じ場所ですね。

kkcposter12.jpg

車両の工作だけでなく、DCC関連の展示もあるとお聞きしております。

・DSair2のDSairBasicを使った往復自動運転を展示
・KatoSoundBoxデコーダーとBluetoothサウンド搭載音源車による非DCC車両のサウンド付き往復自動運転
・オープンサウンドデータ搭載のDCC蒸気&DCC自動運転(DSmainR5+S88-N Train Detector+PC)
・kumaさんのDC20 タイマー式自動運転?

などなど、DCCの作品展示も多いようです。

DCCに興味のある方、参加して、展示している方にどんどん声がけして、深い情報交換をしてみてはいかがでしょうか。こういうイベントは見るだけでなく、情報交換することも大きなメリットです。

何とか時間が取れそうなので、昼間に顔でも出そうかなと思っております。
posted by yaasan at 09:46 | Comment(2) | 鉄道模型

un.mode phone01を買った

私は、インターネット通信用にタブレットを別に持ちたい派なので、電話と通信端末は明確に分けています。

電話として、GalaxyNexusを電話専用機として使ってきましたが、たまに怪しい動きをするので、買い換えたいと思っていましたが、なかなか良いものがなく、悩んでおりました。ちょうどそんなところ、un.mode phone01という安価な電話専用機が発売されたので購入しました。

ドコモのFOMA契約(SIMサイズは標準)で、無料通話1000円付のバリュープラン(iモード契約無し)だったので、そのまんま差し直すだけでした。

連絡先などのインポートは簡単で、vcfファイルを生成してmicroSDカードに入れて差し込んでインポート操作をすると簡単にインポートされます。

1日使ってみたところ、バッテリの消費が半端なく、電話は一切していないのに、昨日の朝から今日の朝で86%→17%に激減です。宣伝文句の1450mAhのバッテリで1週間長持ち!とかどこ行ったんでしょうか?ネットを見ると似たような人がたくさんいるようです。安い中華スマートフォンでも、今時、ここまで酷いものはないので、Androidの異色作業で余計なことをしてしまって起きている、ソフトのバグの可能性もあります。

とりあえず、1週間は様子を見ますが、ただ電話できるだけのシンプルフォンなのに毎日充電が必要なら、せっかくの期待を裏切ることしかないので、ちょっと困ったモノです。以前、潰れたFreetelのsimpleの大失敗事件もあり、結構、この製品に対する様子見の人が多いんじゃ無いでしょうか。Simpleの問題点もやはり、ファームウェアだったはずです。

■追記(5/19)

いったん再起動して、あちこち動いたりしながら1日観察したところ、100%→96%でした(24時間)
大幅に改善です。これなら問題ないレベルですね!

■追記 5/20

昨日からそのまま充電なしで朝七時で85%で問題なさそうだったのですが、11時になったら突然バッテリー切れ。
どうもバッテリー表示がおかしいようです。
これは危ない予感。
posted by yaasan at 08:01 | Comment(1) | ガジェッド