デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年06月02日

T社用のExpBoardを作ってみた その2

まず、お詫びをさせていただきます。

T社用のレビューワーは0人という結果となりましたので、特に気にせず、のんびりとExpBoardを作っていくこととしております。

もう一つは、LEDを基板に実装してほしいという複数のコメントが有りましたが、コストと他の基板(まだ未確定)との連携・汎用性を考えると、LEDがいるといろいろとまずいことになるため、基板にLEDを直接実装する手法については採用しない方針としました。

照明一体型の基板は、かなり鬼門であることも知られています。車両によってサイズはバラバラ。とんでもない種類になります。サードパーティの基板も、結局、無理やり取り付けるような妥協に落ち着いているケースが多いです。また、LEDのはんだ付けは難度が高いため、実装済みが必須となります。大量に出る基板でなければ、コスト面も合いませんので、結果的に「こんな基板買えないや」という、ご要望に背く結果となるため、断念しております。

代わりに、LEDテープを用意に取り付けできるように、パッドは複数箇所に設定しました。
LEDテープは、幅狭のものがあったり、光量が大きいもの、色温度、電球色など様々な条件のものを選べます。また、コストも安く、施工も簡単。車内の天井にペタッと貼って配線するだけ。M車もT車も、簡単に施工ができます。

どんなに良いものでも、価格がそこそこ抑えられていて、施工が簡単でなければ普及は難しいです。室内照明をLEDテープにしても、最終的なゴールを満足するものとして十分に応えられると私は考えております。

ExpBoard for Tomix HO 試作版基板(r1c,製造中):
TOMIX_NEXT18_r1c_OMOTE.png

TOMIX_NEXT18_r1c_URA.png

特徴:
・DCCコネクタはNext18専用
・AUX1-AUX4, SPK引き出し済
・TAIL,HEAD,COM+も引き出し済
・AUX1は室内灯用を想定、複数箇所にパッド設置
・トマラン回路搭載。2120 22uF/25Vの村田セラコンを載せれば350uFまで増やせる(LokSound5 HOが持つコンデンサ容量100uFの3.5倍)
・高さは、純正室内灯に準ずる
・モータ車向けを想定。

まずは、効果をオープンサウンドデータのメンバーやDCC電子工作連合のメンバーで確認し、需要の見積もりや基板の設計変更など、改善を図っていきます。

また並行して、KATO向けのNext18版ExpBoardも開発を進めます。

ExpBoard for Kato HO Next18(試作版,r1e)
KATO_LONG_NEXT18_r1e_OMOTE.png

KATO_LONG_NEXT18_r1e_URA.png

※Next18コネクタは、まだ未入手です。お金をコネクタメーカーに払込済みなので、早く送ってほしいのですが・・・。
posted by yaasan at 22:24 | Comment(0) | 鉄道模型